週刊ヤングジャンプ掲載の『ウマ娘シンデレラグレイ』の最新話、全話のネタバレあらすじ(画バレ、早売りバレなし)、感想をまとめました。

※早売り情報の掲載はありません。

掲載画像の引用について
当サイトで掲載しているアニメ・漫画の画像は著作権法第32条・第48条で規定された引用の要件(引用の必然性があること。括弧などによって引用箇所を明確にすること。出典や著者の明示を行うこと。引用箇所とそれ以外に主従関係があること)を満たして掲載しております。
記事に問題がある場合、お手数ですが担当者様が下記のリンク先からお問い合わせ宜しくお願い致します。早急に記事削除等の対応を致します。
お問い合わせフォームへ
ウマ娘シンデレラグレイ公式サイト・ツイッターアカウントをチェック
ウマ娘シンデレラグレイ最新刊を購入

ウマ娘シンデレラグレイ 83話『望むところだ』ネタバレあらすじ

イナリワンの挑戦状を受け取るオグリキャップ


スーパークリークは春シーズン休養を経て秋の天皇賞に向け完成形へ近づいている


メジロ家別邸に訪れるメジロアルダン

ウマ娘シンデレラグレイ 82話『復活』ネタバレあらすじ

オグリキャップは9か月のブランクを跳ね除け完全復活

スーパークリークとディクタストライカ、チヨノオーはまだ療養中


オグリキャップの前にイナリワン登場

オグリキャップに喧嘩を売るイナリワン

しかしオグリキャップの天然炸裂で不発に終わる

ウマ娘シンデレラグレイ 81話『ハワイデヤンス』ネタバレあらすじ

ベルノライトに怪我の療養でハワイアンズに連れて来られたオグリキャップ

医療、温泉施設で療養しつつプールで運動するというプラン


足のつくプールで溺れるオグリキャップ

オグリキャップはカナヅチだった


部屋で走れない自分にもどかしさを感じるオグリキャップ

そこへテレビからイナリワンの宣戦布告が流れてくる

ウマ娘シンデレラグレイ 80話『代償』ネタバレあらすじ

巻頭カラーは有馬記念の旗を肩にかけたオグリキャップ


元旦

ベルノライトと初詣に行くオグリキャップ

オグリキャップは出店で爆食いしデブに


ディクタストライカ達がやってくる

出店が材料ごと売り切れになっていることを残念がる

その犯人はオグリ


オグリキャップは次世代の最強ウマ娘として最優秀クラシック級ウマ娘として表彰

しかし本人は浮かれることなくトレーニングを続ける


しかし繋靭帯炎で当分レースには出場できない身体に

先のレースの代償は大きかった

半年は休むよう医者に言われる


同じくディクタストライカ、スーパークリークにも怪我が判明


オグリキャップを心配したベルノライトはハワイアンズに連れて行く

ウマ娘シンデレラグレイ 79話『新時代』ネタバレあらすじ

イナリワンがロマンスバブリーとフユノナカスミを一気に抜き去り1位でゴール

ゾーンの先を掴みかけるイナリワン


時代を創るウマ娘だとイナリワンを認めるシービー


イナリワンはライブで中央に喧嘩を売り爆発する会場


一方、天ぷら蕎麦をわんこそばのようにおかわりするオグリキャップ

ウマ娘シンデレラグレイ 78話『東京大賞典』ネタバレあらすじ

イナリワンはロリ時代に迷子になった時に江戸の人達に助けられた

その恩に報いる為に江戸にイナリワンありを世界に示すことが目標


イナリワンの弱点はペースを崩されると脆いこと

昨シーズンは8戦8勝

しかし今シーズンは5戦5敗


イナリワンは出し惜しみになしのゾーン発動

ウマ娘シンデレラグレイ 77話『大井の最終兵器』ネタバレあらすじ

センターカラーはゾーン状態のオグリキャップ、スーパークリーク、イナリワン


ジャパンカップ4日前カサマツレース場

全日本ウマ娘カップでフェイスノーモアに負けるイナリワン


レース後イナリワンを煽りに来るフェイスノーモア

イナリワンは自称大井の最終兵器

フェイスノーモアはイナリワンを見て強くなると確信


イナリワンの次のレースは12月29日の東京大賞典

レースを観戦しているシービーとマルゼン

シービーはイナリワンを一目見て大注目する

76:
表紙が見開きカラーで素晴らしかった
イナリワンいいキャラだね
昭和のスポ根モノの主人公みたいだった
81:
史実どおりだいぶキチってんなイナリワン
115:
イナリワン史実通りの超気性難で草
84:
オニギリセカンドは草
96:
イナリをこれからメインキャラとして推していくぞという気概の見えた回だったね
107:
秋までオグリとクリークの出番ないし、暫くはイナリ主役回だよね
108:
三強編なんだけどこの年の年度代表バになるだろうって意味ではこの年の主役はイナリよね
そらこういう始まり方になるわ
86:
見開きのカラー扉も良かったね
クリークは水流的なオーラなんだな
菊花賞のあたりでも扉絵で水中にいたしやっぱりピュオリティオブハートか
71:
朗報 シービーさん、存在を抹消されてなかった
77:
シービーが大井まで行ったのはサンオーイとの因縁もあってかな?
68:
イナリワンがカサマツのレースから始まり東京大賞典開幕で終わり
シービーが中央へスカウトする流れとみた
74:
フェートノーザンきた!
やっぱ外せないよな
72:
フェートノーザンはかわいそうだったね…
最期のレースまで破竹の勢いだっただけに
104:
ウマ娘時空だから無事ではあるんだろうけど
フェートノーザン1年後にはと考えると
今のうちに勝っとけばよかったなって煽りもなかなかに悲しいな
110:
マルゼンさんはルドルフより年上のシービーをちゃん付け?
妙だな…?
114:
マルおばは10歳以上年上やろ