ダイヤのエース act2 ネタバレ最新話172話 天久打たれる、薬師打線爆発で先制なるか!?

2019年6月26日発売号週間少年マガジン掲載の『ダイヤのA act2』最新話第172話「バット猿とジーニアスボーイ」のネタバレあらすじです。週間少年マガジンのネタバレ。
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

ダイヤのエース act2関連公式サイト

マガメガ

ダイヤのエース act2公式ツイッターTL

ダイヤのA act2 最新話第172話「バット猿とジーニアスボーイ」 ネタバレあらすじ

煽り ライバル達が火花を散らす。注目の薬師対市大三高戦!

青道の寮。

午後は各自フリー、明日に備えて4時には全員あがることに。

薬師高校のスタメンオーダー。

1番キャッチャー 秋葉

2番サード 轟

3番レフト 真田

4番ファースト 三島

5番ピッチャー 友部

6番ライト 平畠

7番センター 矢部

8番ショート 米原

9番セカンド 増田

2番に轟を持ってきたことに対し「やっぱ仕掛けてきたか…」と御幸。


煽り 死闘の予感に、観客はただ息を呑む。

ネクストバッターサークルでオーラを放つ轟。

(焦んじゃねーよバット猿)と天久。

薬師高校は天久から点を取るのは難しいと考え一つでも多く山場を作るための前陣速攻型の打順になった。

秋葉も要注意選手なため二番打者の轟を意識しないで打ち取ろうとする天久。

しかし轟の存在感を払拭することができずに甘い球を投げてしまう。

秋葉はそれを見逃さずセンターに弾き返す。

天久と轟の対決に沸く球場。

秋大会からの轟の進化具合を確かめるため三振に沈めたスライダーを投げる天久。

が、轟にライトへ運ばれ大ピンチに追い込まれる。

「カハハハハハ!!イメージ通ーり!!」

煽り、ライト戦、一閃!薬師、先制なるか─。

掲載画像の引用について
当サイトで掲載しているアニメ・漫画の画像は著作権法第32条・第48条で規定された引用の要件(引用の必然性があること。括弧などによって引用箇所を明確にすること。出典や著者の明示を行うこと。引用箇所とそれ以外に主従関係があること)を満たして掲載しております。
記事に問題がある場合、お手数ですが担当者様が下記のリンク先からお問い合わせ宜しくお願い致します。早急に記事削除等の対応を致します。
お問い合わせフォームへ