週刊少年ジャンプ連載中の『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』の最新話・全話のネタバレ・あらすじ・考察・感想をまとめました。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話284話『群青バトル』のネタバレあらすじ・画像バレまとめ

デクさんいつの間に…爆豪さんいつの間に

デクは菜奈さんの個性・浮遊を発動し死柄木に迫る。

死柄木を地面に降ろせばまた大崩壊を起こす、

空から逃がさない! と死柄木を仕留めにいくデク。

しかしデクはまだ完璧に個性をコントロールすることではできていない。

その為、黒鞭で掴んでいる仲間達を少し離れたところに降ろす。

死柄木とタイマンをはろうとするデクを止める爆豪。

相澤先生の抹消が消えた今、デクが一番 死柄木に近づいてはいけないと爆豪。

それなら他に誰が死柄木を空に留めておけるのかと反論するデク。

何も返せなくなるエンデヴァーと爆豪。


死柄木に突撃していくデク。

空が好きならOFAを奪った後に下のジジィ共も同伴で天国に送ってやるぜ! とデクを煽る死柄木。

これ以上 皆を傷つけるな!!!とブチギレるデク。

デクの姿を歯を噛み締めながら悔しそうに見ている爆豪。

回想が入りデクのトレーニングシーンへ。

オールマイトに呼び出された瀬呂、お茶子、梅雨ちゃん。

お茶子は髪を後ろでまとめていて可愛い。

爆豪は既にデクと実践訓練を行っている。

黒鞭で爆豪を捕らえる訓練を行ったが全敗したデク。

デクは爆豪に爆破され頭がアフロになっている。

それにを見て 爆豪くん、あーた相変わらずひといねぇ! とドン引きする親子。

デクから実践形式でって言われたんだよと返す爆豪。

相澤はオールフォーワンの相手で多忙なため席を外している。


デクはお茶子から浮遊のコツを教わる。

エアフォースで推進力を得る方法を編み出すデク。

黒鞭の使い方は瀬呂の教えからヒントを得た。


爆豪と二人で話すオールマイト。

デクの個性が増えた為、もう隠し切れねぇぞと言う爆豪。

黒鞭以外は他の者に見せないから大丈夫だとオールマイト。

オールマイトはオールフォーワンの事を持ちだし力を求めるのは悪い人だけじゃないと爆豪に言う。

爆豪は継承者ノートの違和感について触れる。

五、六、七代目継承者は死因まではっきりと書かれている。

しかし四代目は記述が半端で終わっている。

オールマイトは何かに気付いている様子だが断言はできないため口を閉じる。

爆豪はデクへのあたりは強いが内心心配している。

デクは昔から自分自身を勘定に入れていない。

そのことが不気味で遠ざけたかった爆豪。

デクを理解できない自分の弱さを棚上げして虐めてしまった。

律儀にデクのトレーニングに付き合っているのはその贖罪でもある。

しかしデクはそんなこと思いもしていない。

オールマイトが爆豪がエンデヴァーと似てると言ったのはこの心境の変化。

オールマイトがエンデヴァーと和解できたように爆豪も、とオールマイトは言う。


デクは死柄木に突進し蹴りを入れる。

爆豪はエンデヴァーを引っ張り ラス一絶対あてろよ と必死。

すれ違った所で死柄木を黒鞭で捕縛。

死柄木を引っ張り引き寄せるデク。

死柄木はデクの100%の力でも対応してくる。

デクの左腕は既に二発の100%を打ち壊れてしまっている。

しかし傷の再生速度は確実に遅くなりダメージを受けている。

OFAの全てを出し切り、自分がどうなってもいいと覚悟を決め死柄木にトドメを刺しにいくデク。

デクの右拳が死柄木に炸裂する。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話284話『群青バトル』のネタバレ感想・考察まとめ

オールマイトが四代目の秘密を隠す理由 四代目の正体デストロ説

466:
4代目の死因が不明、あるいはオールマイトも隠してる?のは
・4代目から5代目への継承のきっかけとなった戦闘の資料がない
・あるいは死の間際での継承ではなく何か理由があっての継承?
・継承後の残り火での人生はヴィラン生活で路地裏のたれ死にで生死不明?
・公安や社会の闇が絡む大人による情報操作?
273:
四代目??不穏な空気
悪い奴なのかな…
274:
やべえ四代目ってどうなんだ
275:
四代目って顔にラインあるやつか
277:
てっきりシルエットの2人が悪い奴かと思ったら
276:
烈火の炎でも8竜の中で悪いやついたしそんなもんよ
280:
前に4→5への継承イメージシーンもあったけどその後の人らと比べると死にそうになってないから
渡して力失った後に闇堕ちでもしたんかな
283:
初代→???→???→顔にラインある奴→黒鞭おじさん→黒髪→菜奈→オールマイト→デク
この順番だっけか?
287:
>>283 順番って明かされたっけ?
292:
>>287 7代目志村菜奈
6代目黒髪の青年
5代目万縄大悟郎、以外はまだ不明
303:
4代目がヤバかったから
5代目が「いいか?怒りのままに力を振るえば力は応える」
「肝心なのは心を制することさ」とデクにアドバイスしたのかな
279:
もしかして四橋(デストロ)がらみか?
282:
>>279 絶対それやん!!
リデストロ来て、デストロがなんかすんのかな?
288:
>>279 名前に四入ってるんなら可能性高いね
ていうか盲点だったわ
284:
四ツ橋主税(よつばしちから)本人か関係者説のある
眉なし目タトゥーの、オールマイト超えの大男かな?4代目
296:
四代目は二本線のナインみたいなアイツってことになるのか
デストロじゃないな…
579:
4代目悪い奴には見えないんだよな
面影空間でも普通に皆といて手も伸ばしてきたし
580:
デストロだとしたらまぁ悪い人というほどでもないのでは

タイトル群青バトルと空、高く群青

264:
256空、高く群青
284群青バトル
268:
>>264 256のタイトルなんか印象的で覚えてたが
なるほどここでかかってくるのね
286:
>>268 26巻のコミックスタイトルにもなってるからね
たしかに印象的
269:
なんか重要な回だったっけって見返した
わたあめ食いながらクラス全員で成果披露するやつか
ほんでオールマイトが君はもう私を振り返らないだろうとか何とかいう回

デク死亡

319:
ついに右腕使っちまったか
322:
ここで腕完全にぶっ壊しそう
323:
まーたデクの悪い癖が出ている
せめて足使おうよ
324:
温存してないし死んでもいいと思ってるだろ
340:
義手になったらもうパンチ出来ないじゃん
100%の出力に義手が耐えられるとは思えん
345:
>>340 メリッサを信じろ
343:
死柄木に腕を触られて自ら切り離すって王道展開も出来るし(ちょっとイレイザーと被るけど)
義手にするのはガチだと個人的に思ってる
ただメリッサに作ってもらうと、発目さんの立場が無くなるなw
347:
>>343 刃物もないのに切り離しは無理でしょ
357:
>>347 ああ
黒鞭巻き付けて引きちぎるって手もある…
446:
デクかっけえけど…これ両腕ボロボロのデクに対して
殴られた死柄木がこの後ニヤっと笑う未来しか見えなくて怖いんだが…
469:
>>446 わかる。こわい
380:
なんかデク死にそうな勢いだな

デクさんの一年間の活躍ヤバすぎる

598:
デク中3
5月頃?ヘドロ、オールマイトと出会う

10ヶ月特訓(春夏秋冬)夏頃、切島芦戸ギガマキに会う
3月入試、初スマッシュ
デク高1
4月入学、体力測定、戦闘訓練、委員長決め
4月USJ
5月?体育祭、コードネーム決め
5月?職場体験、ステイン、常闇ホークスと出会う
6月末?期末試験
7月ショッピングモール
7月末?メリッサ
7月末?林間合宿(夏休み前半)、神野
8月?ビルボードチャート上半期
8月トゥワイスアンリーシュド、ホークス連合スパイ入り
8月部屋王、必殺技開発(夏休み後半)
9月仮免、挨拶タルタロス、私闘(夏休み終盤)
9月始業式、ビッグ3
9月インターン、オバホ黒霧逮捕、補講
10月青山奇行、文化祭、ジェントル
10月連合VSCRC、連合ドクターに会う、ギガマキVS連合(1ヶ月半超戦う)
11月下旬エリ雄英へ、ビルボード下半期
11月下旬ハイエンド、そば、面影
11月下旬対抗戦、その夜爆豪と特訓開始、B組ビーフシチュー
12月初旬補講最終日、デトネラットヒーロー事業参入ニュース、炭酸
12月初旬泥花、ジーニスト失踪ニュース
12月中旬泥花ニューススケプティック世論誘導、超常解放戦線発足
12月下旬メディア回、インターン再開命令、クリスマス、大晦日1日帰宅
12月下旬?ナイン
1月炎インターン、星のしもべ、暗号(4ヶ月後死柄木起床予定)
1月中旬地獄の轟家、エンディング
1月中旬始業式、成果披露、相澤タルタロス黒霧、
1月中旬エリ角ムズムズ、浮遊特訓開始、鍋パ

3ヶ月特訓と期末試験、ホークス1ヶ月かけ構成員把握
3月下旬病院山荘カチコミ開始、天喰ねじれ就職内定
デク高2
5月本来の死柄木目覚め予定
605:
>>598 今回のお茶子たちとの浮遊特訓は
成果披露からカチコミまでの空白の3ヶ月にあたる部分だな
606:
>>598 開始時4月生まれの爆豪も14歳だったので学年上がってすぐ
入試2月
10月に入ってからだった青山奇行編からひと月余り準備期間にあったので文化祭は11月
エンデヴァーインターンは新年すぐ開始して一週間でエンディングなのでその辺りの奴全部1月上
607:
>>598 高1夏休み濃すぎてワロタ
ウォルフラムマスキュラー神野レザボア部屋王必殺技仮免私闘て
601:
ここまで他の生徒と力の差が付くと学園パートで模擬戦とかやっても茶番にしかならんな
下手したら学園パートはもう無いかも?
667:
>>601 アカデミアなんだからAB対抗戦や他校との模擬戦もっと見ていたかったな
でもこの作者あまり王道の順序立てはしてきていないし落ち着いたら普通に学生同士のあれこれやってほしい
この戦いがクライマックスで終わるのだけはなしの方向で
672:
>>667 他校合同フラグはTUM用のフラグ立てだと言われがちだけど
個人的には普通にこのあと学園に戻って先輩や他校とガッポイこともやると思う
740:
シュートスタイルが飯田君で
黒鞭が瀬呂と梅雨ちゃんで
浮遊がお茶子
残りの個性でクラスメート何人関わるのか
741:
>>740 個性ではないけど
ジェントル戦では芦戸に習ったダンスが役に立ったって言ってたね
746:
>>740 職場体験のフルカウル習得後の披露で
「爆豪と同じ動き」ってのもあったね
748:
シュートスタイルのときは
発目さんのラボで飯田くんにコツを教えてと迫るところと
お茶子が寮から外で一人で練習するデク見るだけだったけど
1コマでも飯田との特訓シーン見たかったな

爆豪 デクに敗北

832:
爆豪デクと競うの諦めちゃったんかなぁ
流石にオールマイト+歴代個性って途方もない力に爆破っていう個性1つで付いていくのキツいだろうけど肩並べてて欲しかったなぁ
強化イベはよ
833:
>>832 諦める奴じゃないと思う
必死に藻掻いてる途中よ
835:
上でも出てたがデクが1人だけ飛び抜けて最強で孤高の存在になっちゃダメって示唆されてきてるからな
エンデヴァーが自力で追いつくのを諦めてオールマイト一強になってしまったのが先代までの状況
デクがオールマイトと同じ状況に踏み込みつつある今爆豪が気持ちの面でも諦めたら先代の二の舞になってしまうのでまず無いだろう
OFAとの力量差をどう埋めるのか見当つかないが爆豪がデクの隣りに立てる存在でいられるかがデクの明暗も分ける
836:
もうあいつ一人でいいんじゃね状態か
仲間との絆を忘れ一人で突進しゴール決める翼君に
838:
才能型ライバルが落ちこぼれ主人公に追い抜かれるのはジャンプの定番だな
ベジータもサスケも闇落ちしたが堀越はそれらとは違ったアプローチで爆豪を扱っていきそうだしどうなるか興味深い
840:
デクと爆は菜奈グラントリノの関係に収まりそうだ
轟も爆と違う感じでデクに関わればいいのに
コナンも平次キッド灰原といるし
842:
コナンの例えは場違いすぎるだろw
奴は最初から1強じゃん
841:
サスケやベジータはドーピングで対抗しようとしたけど状況的に再逆転は無理だよな
それに向こう側からの誘いイベントはもう終わっちゃってるし
泥臭い爆豪は需要ないだろうしそもそも爆豪のデク嫌いって自尊心の強さから来てるだろ
そこもう無理だとなったら割りきってサポートに回るようになるんでは
後はそれこそフェードアウトしかないだろ
855:
デク一強は確定してるが
爆豪が単行本20数巻かけたかませになってしまうやん
856:
一強が飛び抜けた存在になりすぎると社会の有り様全体がその存在を前提としたものに変容する
するとその依拠していた個人がいなくなった時に歯車が1つ抜けたような感じで一気に社会が瓦解する
今見ている戦いがまさにそれでオールマイトの不在から1年足らずでここまでの大事に至ってしまった
857:
オールマイトの前例あるならそうならないように周りが頑張れば良いだろう
主人公の世代は大抵黄金世代みたいになるし
905:
幼馴染み問題が一段落ついたら
デク爆豪轟でワンピのルフィーゾロサンジの構図になるんじゃないか
908:
>>905 ゾロとサンジ6年ぶりの再会は笑った

デクを許した爆豪の心変わり

374:
償いねぇ…
デクが引き起こしたヘドロ事件で一生ものの傷負わされたのに
そのデクは自分がヘドロ落として爆豪が襲われた件を今も爆豪に言わずに隠してるのに
爆豪はデクに償いますよって展開にするのか…
なんかますます票が偏りそう
もうちょいデクに票が入る描き方してくれればいいのに
386:
>>374 メタ的に見ると1話の時点で制裁受けてるんだけど今になっても例の発言を引きずる人がいるんだろう
そういう層はコアにはほとんどいないと思うけど爆豪本人があの時の発言をどう思ってるのか気になるし謝罪はなくても精算するつもりなのかな
ネットで粘着される爆豪もかわいそうだから彼自身のためにもなんとかして欲しい
387:
>>374 デクアンチじゃないけど最高のヒーローになる物語だから
隠したまま最高のヒーローはちょっと無いなーと思っている
472:
>>387 ほんとそれ
むしろデクは1位に返り咲いてほしいくらいに思ってるけど
(謝罪の有無はともかく)爆豪はデクに償いますよ
けどデクはヘドロの原因が自分な件を爆豪にずっと隠し続けて訓練に付き合ってもらいます
とかね
デクの人気落としたいのかとさえ思う
ワンチャン発言の償い?させるならヘドロの件もデクからちゃんと爆豪に話さないと
479:
>>472 爆豪のいじめについてのことはホリーがまだ書きたいそうだからたのしみにすればいいけど
デクがヘドロを落とした原因になった件については作者も何も触れてないのにチクチク言うのは底意地が悪すぎると思う
初期のドラマCDでデク爆豪お茶子飯田オールマイトで協力して脱走ヘドロを再確保してるんだから
それでもう決着はついてる
484:
>>479 そんなドラマCDあったんか
そういう大切なエピソードは本誌でやってほしいわ
実際聞いてない人が多いから今でもヘドロ周り言及する人がいるんだろうし
419:
まぁ肝心のホリーがライジングのときのインタで謝らんとって言ってるんだし
デクがヘドロ事件の原因になってるの言ってないことも含めて最終回付近で一斉に精算するんじゃね
だから皆落ち着いて待とう
しかし連載6年目にして未だに虐め周り言われるとか爆豪は本当に注目集めるキャラだな
464:
爆豪がデクどう思ってるかよりも轟がデクどう思ってるかが全く見えん
なんかあの態度の爆豪と同レベルみたいだし
あと流石にエンデヴァーも轟も他ヒーローもデクの個性に疑問抱かなかったら脳死すぎる
474:
>>464 他ヒーローはお茶子瀬呂梅雨ねじれリと同じで別にええやろ
デクくんすっご。で良い
エンデヴァーはOFAという単語を死柄木から聞いてるから今後も特別な立ち位置でデクに関わりそうだが。
轟はわからんな。鈍感キャラのまま押し切るのか、友達でありナンバー1の息子としての特別な立ち位置があるのか
475:
>>464 そこが一番不思議だよな
何でみんなそこスルーなんだよw
黒鞭の辺りからもっと騒がれていいはずだろ
さすがに三個目発動してたら何らかあるよな
急に浮いてるんだぞ
488:
>>475 鍛えたら伸びる
個性はひとそれぞれ
カルト化してる個性特異点
個性届けの更新は可能
これらの描写があるから、別に気にならないんだろ
それに周りは自分もヒーロー目指してるんだから
デクが新たな技を身につけるなら俺もがんばろーと思うのだろうし
へそレーザーだけどへそソード、蛙だけど透明化、バケモノじみたダークシャドウ、大砲を何個も出すなど
他のやつらもなかなかやばいし
506:
>>488 別生命体っぽいダークシャドウの使役ってめっちゃ特殊な個性だよね
他にビンジンボール君以外でそういうの居たっけ
476:
>>464 デクとはちゃんと友達してるだろ
爆豪とは補講で一緒だったし友達よりは相棒とか戦友な感じじゃねーの
516:
>>464 轟は黒鞭に対して驚いて対抗戦後に寮でデクに話しかけてたな
デクにうまいこと誤魔化されて、爆豪に「鋭いけど鈍いな半分ヤロー」と言われてた
668:
贖罪でふと思ったけどマイトって中学の時のデクと爆豪の関係知ってるのかな
戦闘訓練と私闘前のお互いの態度で察してる状態なのか
爆豪がそれとなく言ってるのか
670:
>>668 言ってはないけど流石に鈍感なオルマイでも察してそうではある
706:
改心や成長は死亡フラグか怪我フラグだぞ
大丈夫か
709:
>>706 爆豪の珍しい内心描写
爆豪ママがカツキメモリーとかいうアルバム見てる描写
デクいじめについての言及
見事なフラグ積み重ねしてるよなこれ
710:
>>709 オールマイトがいつか話し合える時が来るって言ってるのもフラグすぎる
629:
爆豪はどんどん人間臭くなっていくがデクはどんどん人外じみていくな

新編集田口さん あの伝説の人気漫画サムライ8の編集者

401:
田口って誰?って思ったらサムライ8の担当かよ…
403:
田口って人煽りで鬼滅で累が十二鬼月ってネタバレしたりあのサムライ8の担当してたりしてるんだよな…
不安でしょうがないわ
410:
>>403
406:
サム8の担当が付くのか不安でしかねぇ
414:
>>406 いやしかし岸本に意見言える編集なんてそうそういないだろうしまだ分からんよまだ
417:
サム8は担当が全く口出せなかった結果だろうからまだ希望が
いや口出せない時点であれなのかも知れんけど
415:
ジャンプ 田口で検索すると
サジェストで無能が出てくるから笑えない
420:
>>415 カメラ100?とかいう編集部密着の番組で
立ち上げ経験ゼロの編集として先輩からイジられてたからだから
そのまま受け取るのもアレなんだけどね。心配は心配
近いうちに編集部から異動になりそうという噂も鯖スレで見るから期間短いかもしれない

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話283話『75』のネタバレあらすじ・画像バレまとめ

デクがブチギレ浮遊覚醒 死柄木と最終決戦

煽り:厄災(ギガントマキア)を目の前に…。

ギガントマキアの圧倒的な暴力に圧倒される生徒達。

八百万は絶望顔、耳郎は腰を抜かしてしまっている。

生徒達の目の前にはギガントマキアが通り破壊された森が抉れ瓦礫だけになっている。

煽り:圧倒的破壊力を前に─…。


大勢いたヒーロー達がどうなったか聞く障子。

遠すぎて確認できないと瀬呂が返す。

…なんてこと…と絶望している八百万。

常闇は救護班の元へホークスを搬送済み。

ダークシャドウで救護班を救助している。

ギガントマキアに蹂躙された時の光景がフラッシュバックする。

吹き飛ばされる地面。

その中を舞う生徒とヒーロー達。

ファットガムとサンイーターは果敢にギガントマキアに向かうが土煙で見えなくなってしまう。

八百万(私たちが無事だったのはただ敵とすら認識されてなかっただけ、ただそれだけ)

ギガントマキアに轢き殺されそうになる生徒達。


生徒達を浮遊させ救うマジェスティック。

マジェスティック:君たちの決断と行動は間違いなく正しかった。これから何が起きようともそれだけは確かさ。

そう言ってマジェスティックは生徒達を遠くに飛ばす。

マジェスティックはその後どうなったかは不明。


小森と峰田があることに気付く。

小森:ねえ、麻酔効くお時間もう過ぎてるノコ。

峰田は自分達がしたことが本当に正しかったのかと疑心にかられる。

峰田:…俺たちの決断と行動は…本当に正しかったのかな。ヒーローたちの決断と行動は、なァ…!今回の全部こんなん…ただのヤブヘビじゃねえかよ!!」

包帯グルグル巻きにされたホークスが気絶している。


街を破壊しながら爆進するギガントマキア。

その後を追走する解放戦士達。

逃げ惑う市民。

ギガントマキア:主のもとへえええ。

警官に捕縛されながらも歓喜しているドクター。

ドクター:そーかああ、来とるかあああハァァァ!!!ハハハ! 確かに完封じゃったよ!!だがただ一手!死柄木の目覚め!!この一手で全て覆った!!

警官に説明しているマイクに勝ち誇るドクター。

ドクター:ギガントマキアは主の為に生き主の為に死ぬ厄災!!これを模し能無という兵が生まれた!!王には兵が必要じゃろ!?強き兵が!!

脳無と激闘中のバーニン等ヒーロー達。

ドクター:マキアが動いた以上破滅は免れんぞ!!死柄木がヒーロー飽和社会を崩壊させる!!


当の死柄木は相澤からの抹消が解除されデク達を前に不気味な薄ら笑みを浮かべている。

死柄木を苦々しく睨みつけるデク。

相澤は動かないまま。

エンデヴァーより先に飛び出すとドおr気。

爆豪は動けないでいる。


マニュアルとロックロックは相澤の救命措置。

マニュアル:脚を上に!捕縛布で止血をってめっちゃ絡まる。これどうなってんの!?

相澤がやられ苦悶の表情でロックロックはデクに言う。

ロックロック:デク…!!逃げろ。

しかしデクはフーフーと息を吐きブチギレ状態。

デク:嫌です。


死柄木はヒーロー達にトドメを刺しに動く。

死柄木:さてと… 死ね。

が、次の瞬間 死柄木の上半身が横一閃に切り裂かれる。

右腕も根本から千切れそうになる。。

死柄木:あ?

死柄木の身体に異変が生じ始めていた。

死柄木:…さっきまで…のは…まだわかる…肉体の限界を超えて動いた負荷…だが今は…超回復が機能している。今の俺の体に限界なんて…。

死柄木はあることに気付く。

死柄木「…今 何月何日だ?」


デクも死柄木の異変を見て気付く。

デク(そうか…!グラントリノが言ってた…AFOの個性を移植されたって…)

デクがワンフォーオールをオールマイトから受け継いだ時の事を思い出す。

身体がワンフォーオールに耐えられずボロボロになっていた時のことを。

デク:体が大き過ぎる力に体が間に合ってないんだ…!

さらに死柄木への個性定着率はミルコに妨害された為、75%止まり。

ボロボロのミルコは救護班の所へお姫様抱っこで運ばれている。

死柄木は開き直る。

死柄木(まあいい。超回復は効いて る)

死柄木が戦いを終わらせる為 地面に触れようと千切れそうになっている右腕を振り下ろす。

死柄木:触れりゃ終わりだ。


次の瞬間、デクは周りの全員を黒鞭で拘束し上に飛び上がる。

グラントリノは思い出す。

菜奈と空中を飛び回っていた時のことを。

デクは菜奈の個性『浮遊』を習得。

デク:空(ここ)でお前を止める。僕の出来る全てをかけて」

死柄木の眼前に迫り拳に力を込めるデク。

煽り:受け継いだ想いも力も今放て!!

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話282話『破滅の足音』のネタバレあらすじ・画像バレまとめ

相澤先生死亡!?ギガントマキアによる終わりの始まり

覚醒した死柄木の凶刃に倒れるグラントリノ。

死柄木を止めるため必死に攻撃を繰り出すデク、死柄木を押さえつけるリューキュウ。

デク(死柄木の方が速い!!逃げられなくして確実に止める!!一刻も早く終わらせてグラン・トリノを)

デクが渾身の力を込めて拳を叩き落とす。

それを離れた所から見ている相澤。


リューキュウが死柄木の手に握られている弾丸に気付く。

リューキュウ「消失弾を」

死柄木の指がついにリューキュウの手を貫通する。

と同時にデクの強烈な必殺技が死柄木に決まる。

『100%ワイオミングスマッシュ』

猛烈な衝撃波が周囲に拡散していく。

煽り『決意の怒りの100%』


が、死柄木の腕から放たれる個性消失弾。

デクの横をすり抜けた弾丸を止めようとする爆豪。

エンデヴァーも駆ける。

デクの決まったかのように見えたスマッシュは死柄木に止められてしまっていた。

死柄木はデクの腕を噛んで必殺技を阻止していた。

死柄木(今ならどんな困難にも立ち向かえる気がする。この胸に夢と原点(オリジン)が在る限り)

スマッシュを止めた死柄木の歯はボロボロ。


死柄木の放った個性消失弾は無情にも相澤の右ふくらはぎにめり込む。

邪悪に笑う死柄木。

相澤はリューキュウの声で個性消失弾について把握済み。

相澤はエリちゃんの笑顔を思い浮かべる。

相澤(助かったよ。リューキュウおかげで淀み無く合理的に対処できる)

相澤は自身の右足をナイフで切り落とす。

猛烈な痛みに耐え死柄木の個性を消失させ続ける相澤。


しかし死柄木は一瞬の隙を見逃さなかった。

死柄木(本っ当かっこいいぜイレイザー。とは言えさすがに一瞬綻ぶ)

死柄木は強烈な衝撃波を発生させデク、リューキュウ等 周囲を吹き飛ばす。

相澤に襲い掛かる死柄木。

デクは死柄木を逃がさまいと黒鞭発動。

エンデヴァーの拳は死柄木を捕らえることができず。

死柄木「ようやくクソゲーも終わりだ」

悪魔のような表情で相澤の顔面を掴む死柄木。

デクの黒鞭も死柄木の右足を捕らえる。


相澤死亡!

と思われた次の瞬間。

ガクッと崩れる死柄木の身体。

死柄木は巨大な氷の棘に貫かれていた。

救援に駆け付けたのは轟。

轟(先生!!)

死柄木はラグドールの個性サーチで見たもう一つの光を思い出す。

死柄木(あの時ついて来てた奴!!)

動きの止まった死柄木にスマッシュを打ち込むデク。

氷ごとぶっ飛ばされる死柄木。


この間に相澤達を救出するデク。

泣きながら相澤に先生と呼びかけるデク。

デク「ううぅっ、先生…!先生!!」

しかし相澤からの反応はない。


デクと轟の連携攻撃を受けて尚も全回復する死柄木。

デク達に逃げられた死柄木だが余裕の表情。

死柄木「守った先に何がある?必死に先送りにしても待ってるのは破滅だけ」


市民避難誘導組。

轟とも連絡が取れなくなってしまっている。

お茶子「轟くんともつながらない!!もぉぉ!!」

飯田「謹慎ボーイズを連れ戻すと言ったっきり!!」

梅雨ちゃん「一定範囲が音信不通にされたようね」

お茶子「……やっぱ私たちも行くべきじゃ…」

周りのスマホを見る市民が騒然とする。

見ているのはニュース番組。

市民「ちょっとちょっと待って、ちょっと何このニュース」

「どうなってんだよ この国!!」

市民にニュースを聞かせてもらう飯田達。

飯田「聞かせてください」


ニュース映像から流れてくる絶望的な情報。

アナウンサー「ザ…ザザ…該当地域の……すぐに避難を始めて下さい。和歌山県群訝山(ぐんがさん)から京都府蛇腔(じゃくう)までまっすぐ北上しております」

読み上げられるニュースに絶望顔になっていくお茶子達。

アナウンサー「予想進路、未野市 香薫市 根羽呂市 播土市 藻周市 堀巣市 蔵人市 仮妥市 唐鞠市 維奈良市 波羽市 砂色市 侍土市 阿野戸市 手野市 大他市 朝瑠多市 那鳩市 加和市 古平良市」

夥しい数の市の名前が読み上げられる。

お茶子「……ヒーロー、今回の作戦で殆ど出張っとんねやろ?」

ギガントマキアに蹂躙されたヒーロー達の倒れた姿。

そしてついにギガントマキア次なる市街地に到達。

煽り『そこのけそこのけ悪夢が通る─』

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話281話『PLUS ULTRA』のネタバレあらすじ・画像バレまとめ

相澤先生やっぱり死ぬやつ

エンデヴァーに追い詰められ更なる覚醒の吉兆を見せる死柄木。

その脳裏にはDVをはたらく父の言葉が蘇っていた。

死柄木父「ヒーローというのはな…他人を助ける為に家族を傷つけるんだ」

煽り『死柄木弔、幼少の記憶─』

ビキビキと死柄木の身体に黒い亀裂が走る。

死柄木の異変に気付くグラントリノ。

グラントリノ「なんじゃ…あれは」

息を切らしフラフラと立ち上がってくる死柄木。


死柄木が口を開く。

死柄木「ヒーロー(おまえたち)は社会を守るフリをしてきた」

死柄木に対して構えているエンデヴァー、デク、爆豪。

エンデヴァーもハッハッと息を切らしている。

死柄木「過去…何世代も…守れなかったモノを見ないフリして傷んだ上から蓋をして浅ましくも築き上げてきた」

家族を皆殺しにした後、一人で歩く死柄木。

お婆さんは声をかけるが他力本願。

お婆さん「す…すぐヒーローか警察か誰か…来るからね」


語気が強まる死柄木。

死柄木「結果中身は腐って蛆が湧いた。小さな小さな積み重ねだ。守られることに慣れきったゴミ共。そのゴミ共を生み出し庇護するマッチポンプ共。これまで目にした全て。おまえたちの築いてきた全てに否定されてきた。だからこちらも否定する。だから壊す。だから力を手に入れる。シンプルだろ?」

死柄木の欠損していた左腕はほぼ蘇生されている。

死柄木「理解できなくていい。できないからヒーローと敵(ヴィラン)だ」

エンデヴァーの凄まじい炎の拳が死柄木を襲う。

が、回復した死柄木はエンデヴァーの攻撃を軽々と回避する。

死柄木「わざわざインターバルをどうも!!貴様ももう虫の息だろう!!」

死柄木の回復力に衝撃を受けるエンデヴァー。

今度は死柄木の反撃がエンデヴァーに襲い掛かる。


そこへグラントリノが助っ人に入る。

死柄木の背後から羽交い締めにし地面に叩き伏せるグラントリノ。

グラントリノの口からエンデヴァー弱体化の情報が。

グラントリノ(轟の火力が下がっとる。大技を撃ち過ぎた反動か)

死柄木は身体を回転させグラントリノに反撃。

グラントリノはすぐさま離脱。

グラントリノ(こやつも満身創痍…!限界を超越して動いとる!!!)


しかしグラントリノは逃げ遅れてしまった。

左足を死柄木に掴れ一瞬でグシャっと潰されてしまう。。

急いでグラントリノ救出に向かうエンデヴァー、爆豪、デク。

能力抹消を急ぐ相澤。

デク「グラントリノォ!!」

死柄木はグラントリノを地面に叩きつける。


グラントリノの脳裏に志村菜奈と幼少死柄木父の別れのシーンがフラッシュバックする。

大泣きの死柄木父。

その光景をマンションの屋上から見ている

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)公式関連情報

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)コミックス最新刊

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)公式サイト、ツイッターアカウント