週間ヤングジャンプ掲載の『ゴールデンカムイ』最新話・全話のネタバレあらすじ(画バレなし)・感想をまとめました。

ゴールデンカムイ252話『貯酒室』のネタバレ・あらすじまとめ

戦闘の緩急が凄すぎる…

遠距離、復讐の双子片割れ。

二階堂を仇の杉元に襲い掛かる。

近接、因縁の薩摩剣士。

杉元に斬りかかる鯉登。

杉元に避けられた鯉登の刀が後ろの酒樽を切り裂く。

そこからビールが勢いよく吹き出し鯉登の顔面にぶっかけ。

二階堂発砲。

杉元の前に出て矢に手をかけるアシリパさん。

アシリパに当たると二階堂を止める月島。


鯉登は杉元の銃口をおさえ斬りかかる。

しかし杉元に顎を頭突きされ鼻血ピュー。

乱心する二階堂を落ち着かせる杉元。


酒樽の上から杉元に二丁拳銃を向ける菊田。

それに気付いた牛山が怪力で酒樽の山を転がす。

酒樽の山が崩壊。

中からビールが溢れ出しビールで溺れる杉元達。


ビールを大量に一気飲みした杉元達は泥酔状態に陥る。

杉元に襲い掛かる二階堂だが滑って転倒。

杉元は酔拳の構え。

杉元の背後から後頭部を殴打する月島。

しかし二人共すっころぶ。

鯉登は酒が弱いのかダウンしている。


そうこうしてい内にアシリパさんを菊田が奪取。

肩に担ぎ攫う菊田。

アシリパさんは毒付の矢じりを菊田の鼻に突っ込み脅す。

アシリパさんを下ろす菊田。

その様子を物見やぐらから見ている尾形。


菊田は七人のアイヌがどうして殺されたのか知りたくないのかとアシリパさんを誘惑する。

菊田は当時、鶴見中尉と殺害現場を調べ遺体と遺品を回収していた。

宇佐美もアシリパさんを発見。

それに気付く尾形。

父の真実を鶴見中尉から聞くといいとアシリパさんに精神攻撃する菊田。


アシリパさんが鶴見中尉に渡っちまうなと呟く尾形。

その背後にはスタンド勇作。

スタンドのおかげでヴァシリの狙撃に気付き命が助かった。

手練れの狙撃手だと直感した尾形。

ロシアより殺意を込めて。

次号、得物の生き死にを決めるのは狙撃手の私達だ。

ゴールデンカムイ251話『札幌ビール工場』のネタバレ・あらすじまとめ

尾形VSヴァシリ 杉元VS二階堂の因縁の対決ついに開始

センターカラーは鯉登と月島。

周りには鶴見中尉関連の銃や写真、江渡貝作の人面バッグなどなど。

煽り:戦場(そこ)に愛は在るのか?


花火の上がったサッポロビール工場へ急ぐ杉元組。

煽り:金塊争奪戦in黄金酒工場。

その持ち場は牛屋組の持ち場だから大丈夫じゃねえかと白石。

しかし門倉とキラウシが頼りないから犯人を逃がすかもしれないと言う杉元。


牛山と戦闘中の宇佐美。

牛山に胸倉を掴まれた宇佐美は発砲して応戦。

しかし銃弾は銃口を牛山に握られ外される。

銃声を聞きつける杉元達と尾形。


牛山と組み合う宇佐美。

宇佐美は一瞬で牛山が化け物だと認識する。

ほぉ…と牛山。

門倉に宇佐美が犯人ではないか確認を取る牛山。


鯉登組も現場に到着。

菊田が二丁拳銃を構えながら宇佐美上等兵離れろッと叫ぶ。

宇佐美に当たるから撃つなと鯉登。

私が斬る!!と抜刀する鯉登。

二階堂は牛山は手ごわいから近づくなと注意をうながす。


宇佐美はナイフを取り出す。

牛山は宇佐美を一本背負いでぶん投げる。

ブーメランのように回転して飛んでいく宇佐美。

鯉登が宇佐美をマトリックス避け。

鯉登:きえええッ

鯉登と宇佐美の顔面がキスの距離ですれ違う。

月島が足で宇佐美を叩き落とし回収。

牛山は最後のガラスをぶち破り工事内へ。

月島に工場の裏口に回り込むよう指示を出す菊田。

逃げる門倉を追う宇佐美。


夏太郎の前に現れたジャックザリッパー。

ジャックザリッパーに抜刀した土方が迫る。

逃げようとするジャックザリッパーを捕まえる夏太郎。

夏太郎は振り返ったジャックザリッパーに顔面を切られ出血。

銃を構え連射する土方。

ジャックザリッパーの左肩に命中するも逃げられてしまう。

土方は永倉に訂正の花火を上げるよう命令する。

永倉はすぐさま花火を打ち上げる。


花火を見て動揺する杉元と白石。

トニアンジは自分の耳を頼りに土方の銃声の方へ。

海賊房太郎とふた手に別れる。

屋根の上から双眼鏡で監視している頭巾ちゃん。

頭巾ちゃんはついに見張り台にいる尾形の姿をその目にとらえる。


夏太郎とジャックザリッパーを追う土方。

夏太郎は目の上を少し切られただけで無事。

土方:男子の向こう傷だ。着いて来い

土方の言葉に目をキラキラさせる夏太郎。


キラウシと合流する杉元組。

牛山の後を追い工場内へ入っていく杉元。

キラウシは敵は5人の兵だと教える。

杉元を追って工場内に入る白石。

しかし工場内は広く暗い。

身長より高い発酵樽が無数に置いてあって杉元を見失う白石。

杉元とアシリパさんは二階堂と再会する。

杉元ォとブチギレ二階堂。

銃を構える仕事人モードの杉元。

煽り:お前は俺のメタンフェタミン!!

次号、すっかり殺み付き!!

ゴールデンカムイ250話『打ち上げ花火』のネタバレ・あらすじまとめ

ついに杉元&土方陣営VS鶴見陣営大激突開始


ついに第七師団が札幌の時計台に集結。

しかし鶴見中尉と宇佐美の姿はまだない。

宇佐美の所在について菊田に尋ねる鯉登。

精子探偵でもしてるんじゃないですかねと不機嫌そうにボソッと言う菊田。

思わず何の探偵?と聞き返す鯉登。

菊田はこれまでの宇佐美について手短に説明する。

新聞記者(石川啄木)から殺人事件の起きる場所を探り出した宇佐美。

宇佐美は新聞記者を追い先に行っている。

新聞記者を逃したため官憲もいる可能性がある。

その為、鶴見中尉の到着を待つことができない。

我々で犯人を捕まえる。

引き締まる鯉登と月島の表情。


あの2人の黒子に見覚えがある!!

宇佐美が女装した門倉にここがサッポロビール工場かを尋ねる。

地図を見せ〇印がここにあたるのかも聞く宇佐美。

宇佐美の顔を確認しなぜ宇佐美がここにいるのかと焦りまくる門倉。


サッポロビール工場のあまりの広さに静止が足りないと変態発言している宇佐美。

何の話をしているんだ、ジャックザリッパーよりこいつは危ないと戦慄している門倉。

その様子を物陰が伺っているキラウシと牛山。

門倉は逃げようとするが転んでしまう。

門倉を心配し、足元に気を付けようと言ってマッチの火を灯す宇佐美。

何かに気付く宇佐美。


杉元サイド。

尾形がどこかから狙っているからアシリパさんは物陰から出るなと言う杉元。

尾形の目的が分からないと言うアシリパさん。

キロランケと手を組んでいたのはアシリパさんから暗号を解く鍵を探ろとしていたのだろうと杉元。

追い込まれた尾形はアシリパさんを撃ち杉元陣営と敵対。

杉元達が土方達と手を組み、鶴見中尉の所にも帰ることができない尾形。

一人では金塊争奪戦に勝つことができないためアシリパさんを殺しめちゃくちゃにしてやろうという魂胆だろうと杉元。

アシリパさんは本当にそれだけだろうか?と杉元の考えには疑問。

どこかの屋内で双眼鏡を構える尾形の姿。

尾形の「お前らのような奴らがいて良いはずがないんだ」という言葉を思い出すアシリパさん。


宇佐美のマッチの火の光に照らされた門倉。

宇佐美は門倉に気付く。

門倉が生きていたことに嬉しそうな宇佐美。

男娼にまで落ちるなんて可哀想とも言う。

キャーと悲鳴をあげる門倉。

門倉がいるということは土方も来ているということかと気付く宇佐美。


牛山が音もなく宇佐美に接近、掴みかかろうとしていた。

宇佐美は銃の持ち手でおもいっきり牛山の顔面をぶん殴る。

が、逆に掴まれてしまう宇佐美。


キラウシが合図の花火を打ち上げる。

夏太郎に迫るジャックザリッパー。

ジャックザリッパーに迫る抜刀した土方。

花火の光でジャックザリッパーの顔が露に。

!!となる土方。

永倉は花火を間違って打ち上げたのは誰だと動揺している。


白石、杉元、アシリパさんは綺麗にあがった花火を見つめている。

鯉登達、海賊房太郎も花火を見上げる。

トニアンジは耳をすます。

頭巾ちゃんと尾形も花火を確認。


上エ地の幼少の回想。

上エ地の父は函館戦争、旧幕府軍相手でも武功を上げてきた軍人。

その為、上エ地も将来を期待されていた。

しかし上エ地は学校で問題を起こし友達も一人もなく遊び相手は犬。

学校を追い出されたらこの家にいる場所はないと思え、私をがっかりさせるなと父に勘当宣言される上エ地。

涙を浮かべる上エ地少年。

現在の上エ地も花火を見上げながら涙を流す。

そして笑う上エ地。


鶴見中尉は花火を見て祭りかなと呟く。

杉元は尾形だろうが邪魔するやつは全員ぶっ飛ばすと言って全力疾走。

ジャックザリッパーの皮は俺が剥いでアシリパさんに渡すと意気込む。

その後ろをアシリパさんがついていく。

剥ぎ元来たゾッ!

次号、喧嘩祭り巻頭カラー!!

ゴールデンカムイ249話のネタバレ・あらすじまとめ 門倉が宇佐美に殺される!?

扉絵はサッポロビールのポスター。

煽り『旅は道連れ世はお酒。サッポロで過ごす今宵は、ゴールデン』


夜中。

札幌に到着する鯉登、月島、二階堂。

時計塔で合流の予定。

鶴見中尉も明日には到着する。

月島「これまで通りに接することはできますか?」

鯉登「お前こそ…」

心配ならお互いのメンコを交換し肌身離さず気を張っておこうと言って鯉登メンコを差し出す鯉登。

月島「わたし作ってませんけど」


杉元&土方陣営が犯人を待ち伏せする。

土方が作戦を杉元達に伝える。

三人一組の部隊を作り工場周辺に散らばって犯人を待ち伏せる。

街娼に扮したオトリ役、オトリを守り犯人を斃す仕留め役。

そして他の舞台に犯人が現れたことを伝える合図役。

合図には打ち上げ花火を使う。

土方「脱獄囚と確認できれば生死は問わない」


オトリ役に白石、夏太郎、門倉、海賊房太郎。

合図役にアシリパさん、永倉、キラウシ、有古。

仕留め役に杉元、土方、牛山、トニアンジ。

白石「その攻撃陣なら加勢する合図なんかいらねんじゃねえのか?」

不測の事態も起こり得ると土方。


アシリパちゃんが作戦に加わるのは危険じゃないかと杉元に言う海賊房太郎。

杉元「一緒にいたほうが良い。土方は一度裏切った。裏切った奴は何度でも裏切る」

アシリパさん「私も杉元から離れない…相棒だから!」

頬を赤くしながら言うアシリパさん。


アイヌの未来を守るための埋蔵金だから自分だけ安全なところで待ってはいられないとアシリパさんは言う。

海賊房太郎「未来のアイヌを守るのがアシリパちゃんお夢なの?」

誰かがやらなきゃいけないのなら私がやると返すアシリパさん。

海賊房太郎「それは自分も幸せになること?」

アシリパさん「うるしさいなお前は、人に夢ばかり聞いて」


海賊房太郎は他人の意見を参考にしたいと思っている。

王様になり家族をたくさん作る以外にもっと良い方法があればそっちに舵を取るつもり。

家族が死に一人になった時、ここで自分が死ねば家族の記憶も一緒に全てこの世から消えてしまうと気付いた。

海賊房太郎「たまらなく寂しくなった」

自分の子供達が自分の記憶を受け継いでいってくれたら幸せだなって…と三日月をバックに言う海賊房太郎。


街娼にここから立ち去った方がいいと話しかける杉元。

海賊房太郎「アシリパちゃんの想う未来に杉元佐一はいるの?」

ハッとするアシリパさん。


牛山組の門倉、キラウシ、牛山。

女装した門倉がオトリをつとめる。

土方組、トニアンジ組も作戦開始。

女装した海賊房太郎を見て「デカすぎる」と有古。

トニアンジ「有古のほうが良かったんじゃねえか?」


杉元組の白石に声をかける怪しい人物。

白石(来たッ)

白石の尻を良い尻だと言って興奮している男性。

男性の背後から銃で殴りつける杉元。

服を脱がし刺青を確認。

囚人ではなかった。


土方組の夏太郎にカタコトで話しかける怪しい人物。

夏太郎(外国人!?)

切り裂きジャックの人物紹介。

名前は自称マイケル・オストログ。

国籍は不明。

貿易船で密入国し横浜で娼婦を殺害し監獄送りになった。

マイケルは外国人で初めて死刑囚になって網走監獄に送られた。

石川啄木はジャックザリッパーとマイケルは同一人物ではないかと推察している。

石川啄木「札幌に自分の聖地を作ろうと…」


馬の死体。

門倉に迫る宇佐美。

その手には修復された石川啄木の地図。

煽り『ぢっと佇む…』

次号休載。

再開は9月3日発売のヤングジャンプ40号。