キングダム636·637話「補給軍の行方」のネタバレあらすじ画バレなし

2020年3月26日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『キングダム』最新第636話「補給軍の行方」についてのネタバレあらすじをまとめました。

鄴を目指す秦の後続軍。

しかし極度の披露と飢餓状態でかなり苦しそう。

飛信隊の尾平も一人では歩けなく仲間に両肩を支えてもらって何とか歩いている。

そしてようやく鄴城を視界におさめる。

秦の旗が立ち鄴を攻略したことを知り少し元気になる尾平たち。

秦、田永、楚水が飛信隊を出迎える。

互いに無事を確かめ合う飛信隊。

尾平たちは水を貰って飲む。

後続軍は残りの軍馬を全て肉にして何とか生き残った。

カクビ隊の時からの馬を申し訳ありませんと泣くモブ。

途中、デンリミから配給があったがわずかだった。

そこから飛信隊は飲まず食わずで鄴を目指してきた。

道中で怪我人はかなり死んでしまった。

キョウカイはすでに建物の中で寝かせてもらっている。

道中では竜川の背中でずっと眠っていた。

尾平は水だけではなく食べ物を配ってくれねェかとお願いする。

尾平「こんだけでけェ城だ いっぱいあるんだろ食糧?」

顔が引きつる信たち。

食糧が全く残っていないことを知り驚愕する尾平たち。

王翦、デンリミ、倉央、桓騎、摩論、黒桜で軍議。

桓騎軍が貴士族の屋敷を探し回ったが食糧はわずかしか残っていなかった。

趙季伯は中枢の隠し蔵まで難民たちに解放していた。

本当の明君だったようですと摩論。

黒桜「クソが」

後続軍が入ってきたことで本当に食糧はなくなっちまうなと桓騎。

イナゴ作戦を今度はこっちがくらった形かと倉央。

黒桜「何だお前」

デンリミが何日持つか摩論に聞く。

これだけの人数を食わす量は一食分もない。

上層部だけが食う分で二日と答える摩論。

軍が飢えに耐えられる期間も二日。

そこを李牧軍が攻めてきたら今度はひとたまりもない。

それまでに補給しなければ確実に負ける。

しかし補給を許す李牧ではない。

丘から鄴城を観察する李牧。

唐利軍も増援に加わり強化された李牧軍。

楊端和軍は城を包囲され外に出ることはできず補給を送ることもできない。

李牧「この絶体絶命の鄴を救うことができるのはもはや本国 秦からの補給のみ」

それは再び列尾越えすることを意味する。

秦国 咸陽。

鄴陥落、王翦軍と桓騎軍が入城した報せが政の元に入る。

歓喜する秦上層部。

まだ喜ぶのは早いと制する政。

列尾は趙に固く閉ざされている。

鄴とリョウ陽は完全に孤立状態。

その状態では必ず食糧問題に陥ると危惧する政。

昌平君は食糧を焼いたのかもしれない。

既に飢餓の中にあるかもしれないと読む。

すぐに兵糧を送らねばという話になる。

しかし昌平君は既に手を打っていた。

昌平君は補給軍を既に派遣していた。

大将は介億。

列尾目前にまで来ている。

列尾攻めにかかる介億。

迎撃に出てきた趙軍1万と対峙する介億軍1万。

城内にもまだ兵は残っている。

相手の出方を見ると言う介億。

介億「報告ではあの敵は…邯鄲の守護者 将軍 コチョウ」

顔に宝石をつけた爺さん コチョウ登場。

コチョウ軍も動かずまずは補給物質を狙い伏兵部隊を出す。

真横から襲撃される介億軍。

先ほどまで余裕だった介億の顔色が変わる。

伏兵に全く気付いていなかった模様。

兵糧が燃やされる。

伏兵の中から現れた舜水樹。

舜水樹「全て燃やせ 鄴へは一粒も行かせぬぞ」

が、これは介億の策だった。

米俵の中は空っぽ。

ニヤリとする介億。

次号、補給軍の列尾突破は…!?