七つの大罪 最終回「あの空のように」のネタバレあらすじ、画像バレなし

2020年3月25日発売号週刊少年マガジン連載中の『七つの大罪』最終回「あの空のように」のネタバレあらすじです。

マガジン表紙は七つの大罪完結記念表紙。

『キミとの絆は永遠に!』

作者公式ブログが紙面で復活。

1ページの漫画掲載。

アニメ主要キャストからのお祝いコメント掲載。

10年後。

メリオダスとエリザベスの子供トリスタンは小学生くらいの年齢に成長している。

青瞳と緑瞳のオッドアイ。

顔はメリオダスとエリザベスを混ぜた感じ。

ほぼ女の子。

髪は金髪ロング。

トリスタンは衛兵から逃げ出す。

大声で国民に「大事件でうしょ!!!」と言って回るトリスタン。

友達を集め国を揺るがす悪の計画を知ってしまったのだと話す。

そして今 悪の手先に追われているのだと。

今夜 城に逆賊 七つの大罪が集まるという話を聞いたらしい。

リオネスの平和を護る聖騎士として奴らを捕らえる義務があるのだとヒーローポーズをとるトリスタン。

友達にお力を貸してもらおうとするが全く相手にされず。

一人で何とかしようと城に忍び込むトリスタン。

しかし即エリザベスに捕まるトリスタン。

エリザベス「本当に落ち着きのないコね…」

そこへメリオダスと大罪達がやってくる。

見た目はほぼ変わりなし。

トリスタン「出たなぁっ七つの大罪!!!」

トリスタンを愛でるディアンヌ。

自分達の子供の方が可愛いと言うキング。

トリスタンの闘級に興味津々なゴウセル。

メリオダス達が大罪人で今日 クーデターを起こすという出鱈目を言うトリスタン。

それに乗ってあげるメリオダス。

メリオダス「まさかお見通しとはな…褒めてやろう だが知られちまった以上 生かしておくわけにはかねぇな」

ショックを受けるトリスタン。

本当のこと教えてないの?と呆れるディアンヌ。

その方が面白いからとメリオダス。

バンもそうすりゃよかったと笑う。

メリオダスに格闘戦を仕掛けるトリスタン。

メリオダスに聖騎士になりたいのか?と聞かれ嬉しそうに答えるトリスタン。

外で花火を見る一同。

今日は国をあげてトリスタン10歳の誕生日を祝う日だった。

国民から祝福されるトリスタン。

ゴウセルは女性に人気。

トリスタンは自分の誕生日を覚えていない。

メリオダスがトリスタンのために皆を集めてくれた。

トリスタンが父に懐いていないのはチビ、いい加減、大酒飲み、エリザベスの胸を毎日触っているから。

トリスタン「僕はもうとっくに卒業したのに…!!」

ゴウセルがトリスタンに誕生日プレゼントとして今までの戦いの記憶を授ける。

それを見て涙を流すトリスタン。

メリオダス達の誤解が解ける。

親子でピクニックへ。

トリスタンの未来はあの空のように無限に広がっていると言うメリオダス。

でもどうせ王様にならなくちゃいけないんでしょ?とトリスタン。

他のものになりたきゃそれでいいさと答えるメリオダス。

トリスタン「それなら僕もう決まってるよ!! 七つの大罪!!!」

七つの大罪完結。

そして物語は次の世代へ。

七つの大罪の続編、黙示録の四騎士制作決定!!

本誌にラフ絵掲載。

七つの大罪 最終回のネタバレ感想まとめ!