僕のヒーローアカデミア最新265·266話「敵とヒーロー」のネタバレあらすじ、画バレなし

2020年3月23日発売号週刊少年ジャンプ掲載の『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話第265話「敵とヒーロー」のネタバレあらすじをまとめました。

『戦いの中、常闇の任務は…』

騒乱の中 常闇を呼ぶサンイーターとファットガム。

常闇「御意」

常闇、ファットガム、サンイーターが解放戦士の退路を断ちに行く。

残っている出口は屋敷内に5ヶ所。

その通路はセメントスの個性の範囲外となっているため直接叩きに行く。

解放戦士と大激突。

サンイーターが個性発動。

下半身を馬にケンタウロス形態に変身。

触手で敵を拘束する。

サンイーターは来年度からファットガム事務所のサイドキック。

サンイーターの技名がかっこいいからもう一回言ってと言うファットガム。

女子のように顔を手で覆い やめろ! と言うサンイーター。

地下宮殿入口をファットガムが巨体で塞ぐ。

常闇が個性発動。

ダークシャドウラグナロクが通路を破壊しながら侵入していく。

地下から逃げてくるリデストロ。

リデストロも個性発動。

いきなり全身真っ黒の状態に変身。

ダークシャドウラグナロクを巨体で受け止める。

しかしリデストロの義足がブキッと折れダークシャドウにぶっ飛ばされる。

通路の破壊に成功。

ダークシャドウが下にヤバイのがイルゾと教えてくれる。

ヤバイのはリデストロではなくギガントマキア。

それは敵の大将の命令でしか動かないから気にするなと言うファットガム。

ファットガムは情報元がホークスであることも教える。

ファットガムの贅肉の中に収納される可愛い常闇。

他の通路に移動する二人。

ホークスの言葉を思い出す常闇。

ホークスに言われた通り得意を伸ばした姿を見てほしいと心の中でホークス死亡フラグを立てる常闇。

ホークスVSトゥワイス。

サッドマンズパレードを発動したトゥワイス。

ホークスは動きの速い小型の羽でサッドマンズを瞬殺する。

ホークスはトゥワイスに絆されたわけではない。

大人しく同行すれば録音していたボイスレコーダーを証拠として更生の手伝いをするつもりだった。

トゥワイスをサッドマンズを死柄木、トガちゃんなど主要幹部に変身させる。

しかしこれもホークスには全く通用しない。

トゥワイス本人が突撃。

が、ホークスに一瞬で切り伏せられる。

地面に叩き伏せられ剣を突き立てられるトゥワイス。

同行もしなければ気絶することもない相手は殺すしかない。

トゥワイス「おめェらは…ヒーローなんかじゃねえ。あぶれた人間は切り捨てられる!トガちゃんなんか…俺をハンカチで優しく包んでくれるんだ」

二度も失敗したトゥワイスはもうトガちゃんは自分を包んでくれないだろうと涙を流す。

しかし皆の幸せを守るだけだと再び個性発動。

ホークス「連中に伝えとくよ」

ホークスにトドメを刺されるトゥワイス…。

と思いきやそこへ荼毘出現。

大火力の青い炎に包まれるホークス。

荼毘「伝えなくていいぜ!聞こえてる」

倒れるホークスの頭を踏みつける荼毘。

荼毘「俺に気付いてなかったろ!?絆されてんじゃんかヒーロー!」

煽り『真の非情が戦局を変える…』

メディア情報。

ウルトラヒーローショーの公式呼称は ヒロライ。

全キャスト陣26名が公開。

ワンジャン2で定期大規模オンラインイベント開催。

文化祭衣装を入手できる。

チーム対抗戦近日開催。

初回は男子学生VS女子学生のチーム対抗戦。

追加キャラは5人。

シーズンパスセット発売。

追加キャラ第一弾はホークス。

次回アニメでホークス登場。