ダイヤのエースact2 201·202話「ストロングスタイル」のネタバレ画像バレなし!

2020年2月12日発売号週刊少年マガジン掲載の『ダイヤのエース act2』最新話第201話「ストロングスタイル」のネタバレあらすじ·感想をまとめました。

真木…今年もかませ…

準々決勝の市大三高VS仙泉の試合が開始。

市大三高の先発は背番号10番の三崎。

4回表に仙泉が2点タイムリーを放ち先制することに成功する。

逆に市大三高は4番を打ち取り後続を断つことに成功する。

4回裏、市大三高の攻撃。

これまでの回では市大三高打線は真木の好投に打ちあぐねいるように見えていた。

しかし奥村は真木が市大三高打線から空振りを取れていないことを指摘する。

市大三高打線は大振りすることはない。

が、各打者のスイングスピードが恐ろしく速い。

そのため球の軌道をギリギリのところまで見極めることができる。

厳しいコースにきてもバットをしっかり当てることができる。

それでいてボール球には手を出さない。

打てる球だけ確実に捉える強力打線。

そしてついに5番佐々木がスリーランを放ち市大三高が逆転!

ダイヤのエースact2 201·202話「ストロングスタイル」のネタバレ感想まとめ!