ブラッククローバー ブラクロ 最新232·233話「静かな湖と森の影」のネタバレあらすじ、画像バレなし!

今週の週刊少年ジャンプ掲載の『ブラッククローバー(ブラクロ)』最新話第232話「静かな湖と森の影」のネタバレあらすじです。

久々の男性読者向けのサービスシーンがきた!

スペードに占拠されていたトロンの町を奪還したレオ達もハート王国に帰って来る。

ロロペチカの前に並ぶアスタ達。

レオの身長が一番高くなっている。

ロロペチカはノエルの水魔法を経由してウンディーネの分身を町に送った。

そしてハート王国を守る障壁と同じものを町に構築した。

ロロペチカは悪魔に呪いをかけられているため悪魔のマナを感じることができる。

このままスペードを攻め領土を拡大し悪魔を追い出すことに。

ノエルは領土の拡大は難しいことだがロロペチカなら可能かもしれないと思う。

お開きになるがラックとレオはまだ修行し足りない。

ラックとレオはガジャと修行を続けることを望む。

レオは自分を鍛えてくれた炎の精霊守のフローガの実力もすごいがガジャのことも気になっている。

アスタも乱入。

しかしアスタ達は戦いから戻ったばかり。

身体を休ませるよう言うガジャ。

アスタ達は大丈夫だと言って無理やり修行続行。

ロロペチカも楽しそうですねとアスタ達と同じノリで参戦しようとする。

ダメに決まっているでしょ!とドン引きするウンディーネ。

ノエルはロロペチカ達を誘い水浴びに行く。

それを聞いていたフィンラルがまたもや大興奮。

フィーネスを思い出し何とか堪えるフィンラル。

変な妄想した殺すわよとさらっと言うノエル。

そこへあばさんが大変ですと言ってやってくる。

チャーミーがポルンフルーム森に出没したらしい。

フィンラルはチャーミーを連れ戻そうするが捕まっていた人達を全員連れて来た疲れで体力の限界がきている。

アスタがチャーミーの元へ向かうことに。

アスタ「断魔!!」

アスタは宙に浮いた断魔の上に乗りまるでDBの桃白白のように空を飛んで行く。

魔法が使えず箒に乗ることもできなかったアスタが凄い奴に育ったと感慨深そうなフィンラル。

エルモラの湖。

ノエル、ミモザ、ロロペチカの入浴シーン。

セクレはいない。

ロロペチカはミモザの胸が大きいと興奮している。

触ってもいいですか?と迫るロロペチカ。

ノエル曰くミモザはまた大きくなったらしい。

ロロペチカがミモザの胸をモミモミ!

ロロペチカはノエルと同じサイズ。

打って変わって真面目な話をするロロペチカ。

クローバー王国の人達は良い人ばかりで嬉しいと言うロロペチカ。

実際に会う前はもしクローバー王国の人が怖い人だったらと心配していたらしい。

一国の王女である自分がノエル達と友達として仲良くなれたことが嬉しいのだという。

きゅううん…と母性をくすぐられるウンディーネ。

王族だから仲良くなるのは当然と言う照れノエル。

いい感じにまとまったところでロロペチカが滑って転倒し安定のオチ要員に。

ポルンフルームの森。

チャーミーの元へ向かうアスタ。

果物を暴食しめちゃくちゃデブッったチャーミー。

ハート王国の果物を食い荒らし問題になっていたらしい。

ユノが今何しているのか気になっているチャーミー。

チャーミーのセリフからユノサイドに飛ぶ。

金色の夜明け本部。

団員が任務に向かう前のユノに報告をする。

ハージ村の協会についてだと言われ血相を変えるユノ。

煽り『予感…!』

ブラッククローバーについての関連記事