ドメスティックな彼女 最新254·255話「最後の献身」のネタバレ画像バレ!

2019年12月4日発売号週間少年マガジン連載中の『ドメスティックな彼女』最新第253話「最後の献身」のネタバレ、感想まとめです。

週刊少年マガジンのネタバレ。

桃源危篤かと思われたが意外と元気だった!ヒナ姉は全てを察してるね…

煽り『悪化した病状、限界は近く…』

取り切れていなかったがん細胞が転移し余命宣告された桃源。

それを知りショックを受けるナツオ。

ヒナは知っていたが桃源に口止めされていた。

桃源は弱った自分をナツオに見せずに死にたかったのだという。

ナツオ「冷たいじゃないですか」

涙を浮かべるナツオ。

桃源「そんなツラ、見たくなかったからよ」

タクシーで帰るナツオとヒナ。

ナツオは言いそびれたルイとのことを改めて話そうとする。

しかしヒナは「わかってるから。それより大丈夫、先生のこと」と返す。

それを聞いた瞬間 ナツオの目から涙が溢れ出す。

ハンカチを渡すヒナ。

後日。

華がナツオに連れられて桃源の病室にやってくる。

桃源は華が入ってくるなり「小説は書いてるのか?」と質問。

まだ華の原稿が完成していないことを知ると今すぐ帰って書け追い帰す。

桃源はいきなり現れた娘にどう接していいかわからず追い帰してしまったが内心は嬉しかったらしい。

桃源はナツオと取材に言った林業の原稿を短編集にしようとしている。

進行状況は半分。

桃源「まぁ完成できるかはわからんがな」

ナツオは原稿を手伝うことに。

それからナツオは大学の帰りに桃源の病室へ寄り原稿の手伝いをする。

身体を拭いたりもしてあげている。

ナツオを心配してヒナもやってくる。

ナツオは桃源を大恩を感じていて家族みたいな大事な人だと思っている。

だから少しでも傍にいたいと。

華が原稿を仕上げてやってくる。

桃源が添削。

ダメ出しをする桃源。

華帰宅。

ナツオは華の原稿を絶賛。

桃源も認めている。

話は桃源の死んだ息子へ。

もし死んでいなければ桃源と同じ作家になっていただろうと。

そして桃源はみっちり指導する気満々。

桃源「生きてりゃ酒飲みながらこんな話もしてたのかもな…」

ナツオは売店で買ってきたサイダーを取り出し桃源と乾杯する。

桃源の容態が悪化。

人工呼吸器が取り付けられる。

桃源は朦朧とした意識でナツオに何かを伝える。

ナツオは先生に許可を取り桃源を車椅子に乗せどこかへ向かう。

ナツオ「じゃあ行きますか」

煽り『最後の望みを叶えるために』