炎炎ノ消防隊199·200話「眠る真実」のネタバレ画像バレ!

2019年12月4日発売号週間少年マガジン掲載の『炎炎ノ消防隊』最新話第199話「眠る真実」のネタバレあらすじです。

週間少年マガジンのネタバレ。

シスタースミレ怖すぎる!やっぱり宗教は悪!!

煽り『ドッペルゲンガーの謎は、祭壇の下に眠るのか─』

祭壇の下に行こうとするが祭壇が邪魔で入ることができない。

「砂利が!!」と蹴る火華だがビクともしない。

火華「しかしこの祭壇…なんだっけ」

?「供物の祭壇だろ」

やってきたのはカリムとフォイェン。

この祭壇の下に何かあると教える火華。

火華とカリムが協力し祭壇を倒す。

その下には鉄の蓋があり、それを開けると地下への階段が現れた。

地下へ降りていく3人。

地下には個室があり何かを研究していた様子が。

カリム「これは聖陽教の教義に反するぞ」

フォイェン「推測通りですがせきれば嘘であってほしかった…」

部屋にアドラバーストと同じ八本の柱が立っている。

火華は埃のかぶった植物の本を発見。

フォイェンも作物栽培の教本を見つける。

フォイェン「火華大隊長、何か心当たりはありますか?」

修道院で作物を栽培していたことを思い出す。

火華(いや…考えすぎか…)

火華は虫の本を発見。

ゾク…とする火華。

カリムは虫の標本を発見。

カリム「植物と虫…なんてことない本だらけだ」

しかし火華は冷や汗をかき何かに気付ている様子。

食事のレシピ本を発見。

カリム「どうやらここはただの資料庫のようだな…」

火華は子供の時に出ていたスープを思い出し顔が青ざめる。

ガサガサガサ!

カミキリムシ?のアップ!!

口を押さえ吐きそうになる火華。

火華「もしかして私たちは長いこと…」

火華が気付く。

火華「作っていたんだ…作物のように。シスターに花の名をつけて。花の名をつけて虫を…」

いきなり現れるシスタースミレ。

シスタースミレ「花に虫は付き物でしょ覚えているのね、スシター炭隷の名前を」

驚愕する火華。

火華「なぜここに…」

煽り『いるはずのない人が、あるはずのない場所に。真実がその姿を現す』

次号、闇の聖母に続く。