約束のネバーランド 最新156·157話のネタバレ画バレ!女王レグラヴァリアとソンジュの衝撃の関係が明らかに!!

2019年11月2日発売の週間少年ジャンプ連載中の『約束のネバーランド(約ネバ、ネバラン)』最新話第156話「終わりにしましょう」のネタバレあらすじです。

約束のネバーランド 最新話156話「終わりにしましょう」のネタバレあらすじ

一度倒したかと思われた女王レグラヴァリア。

しかしあっさりと復活してしまった。

『信じた希望は、あまりに儚く─』

レグラヴァリアの復活に愕然とするエマたち。

繭からカツンカツンと音を響かせゆっくり出てくる。

『開かれた絶望の扉─』

レグラヴァリアに顔がないことを見て(まるで…あの寺の…)と顔をこわばらせるエマ。

逆にレグラヴァリアは起きてみたら最高級GFの特上3匹が目の前にいて愉悦。

レグラヴァリア「あやつの言う通りお前たちは皆生きていた」

エマたちを赦すと言うレグラヴァリア。

レグラヴァリア「皆 妾が」

攻撃態勢に入るレグラヴァリア。

レグラヴァリア「食らうのだ」

一瞬でザジを捕まえる。

レグラヴァリアの何もなかった顔には複数の口と目が出現。

焦るノーマン、銃を構えるエマ。

しかしザジは自力でレグラヴァリアを一刀両断し拘束から逃れる。

が、レグラヴァリアは体を斬られたそばから瞬時に再生してしまう。

そしてザジの首へ強烈な手刀を浴びせる。

吹っ飛んで壁に大激突するザジ。

ノーマンが駆け寄り声をかけるが返事はない。

アハハハハハッと高笑いするレグラヴァリア。

エマは銃で狙う。

レグラヴァリアはエマとレイを番号で呼ぶ。

仲間たち、ギーランたちで弱らせておいてのザジ瞬殺で絶望するノーマン。

ノーマン(いや問題は割った頭部の中だ。脳も何もなかった。顔がない、目がない、核もない?だとすれば一体どうしたら─)

しかしレイは気付く。

レグラヴァリアが自分とエマのことを番号で呼び判別できていることに。

レイ(あの鬼 俺とエマを判別している。目も核もまだないとは限られねぇ)

エマも核が動いているか隠れている場所が違うのかもと推測する。

何かヒントを得るためにもとりあえず発砲しようとする二人。

が、レグラヴァリアの凄まじいオーラで恐怖を感じ一切動けなくなってしまう。

動けない二人に手を伸ばすレグラヴァリア。

二人の名前を叫ぶノーマン。

絶体絶命のピンチ。

そこへ登場するソンジュとムジカ。

ソンジュが槍を投擲、レグラヴァリアに突き刺さりスキがうまれる。

ソンジュ「待たせたな」

城下町は何とかドンとギルダたちだけでも対処できるところまでこぎつけたらしい。

ドンとギルダたちには抜け道も教えてきたため無事に脱出できる。

エマ「ありがとう…!!」

五摂家全滅、レグラヴァリア相手では交渉は無理だと判断するソンジュとムジカ。

レグラヴァリアはソンジュのことを知っている。

ソンジュ「俺たちもあんたとケリをつけに来た」

ムジカ(700年、もう充分逃げ回った)

「終わりにしましょう」

今までの惨劇を思い出すムジカ。

ソンジュ「女王、あんたは今日ここで俺が殺す」

レグラヴァリア構える。

そしてレグラヴァリアの口からソンジュ衝撃の正体が明らかになる。

レグラヴァリア「殺す?お前が?私を?げに愚かな弟よ」

『救世のソンンジュ。明かされる衝撃の事実─』