鬼滅の刃178-179話のネタバレ画バレ!チートすぎる縁壱と小物すぎる黒死牟のギャップがエグい!黒死牟ガチで死亡か

2019年10月12日発売号週間少年ジャンプ掲載の『鬼滅の刃(きめつのやいば)』最新話第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」のネタバレあらすじです。

鬼滅の刃 最新話第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」のネタバレあらすじ

扉絵はショタ縁壱を思い浮かべ酷すぎることを言っている巌勝。

『神に愛された弟。対する兄は─』

巌勝(頼むから死んでくれ。お前のような者は生まれてさえ来ないでくれ。お前が存在しているとこの世の理が狂うのだ)

予定より早く旅立った縁壱。

縁壱を継国父が連れ戻そうとするが寺には来ていなく既に消息を絶っていて見つけることはできなかった。

巌勝(人攫いか、崖崩れか、熊に襲われたか。計らずしも私の願いは叶った)

それから10年の月日が経つ。

巌勝は妻を娶り子供を授かって平穏な日々を過ごしていた。

子供は男の子と赤ちゃんの二人。

巌勝(長閑なやかでどこか退屈な毎日だった。年月の流れが非常に遅く感じた)

が、野営していたところを鬼に襲撃されてしまう。

配下を殺され腰を抜かしている巌勝。

そこへ鬼狩りになった縁壱が登場。

華麗に鬼の頸を撥ねる縁壱。

巌勝(縁壱が鬼の首を切り望まぬ邂逅を果たした)

縁壱の剣は極致に至り鬼など容易く倒してしまうほどに強い。

巌勝(縁壱を見た瞬間、私の平穏が破壊された。私は再び妬みと憎しみで胃の腑を灼いた)

縁壱「申し訳ございません、兄上」

巌勝に頭を下げる縁壱。

自分の到着が遅れたことにより巌勝の配下が死んだことを詫びる非の打ち所のない人格者に成長していた。

完璧超人の縁壱と再会したことで巌勝も再び剣技を極めるため鬼狩りの道へ入る。

この時に家族を捨てた巌勝。

縁壱は人を選ばず誰にでも剣技、呼吸を教えた。

しかし縁壱と同じ呼吸を扱える者がいなかった。

その対応策として呼吸の派生が生まれた。

煉獄さんの祖先らしき人物のシルエット。

鬼狩りの剣士の中に痣者も増えていった。

巌勝にも縁壱と似た痣が発現する。

しかし巌勝も縁壱と同じ日の呼吸を扱うことはできなかった。

巌勝の月の呼吸は日の呼吸の派生でその名も巌勝自身が名付けたもの。

巌勝の刀は紫色。

巌勝(もっと鍛錬を重ねればいつか縁壱に追いつけるのだろうか。口惜しい思いで懊悩していた時、痣者がばたばたと死に始めた)

巌勝は自分の命も残り僅かだということに気付く。

巌勝(痣は寿命の前借りに過ぎず全盛期はすぐに終わる。私には未来が無い。鍛錬を重ねる時間も残されていない)

そこへ無惨登場。

無惨「なら鬼になれば良いではないか」

無惨は黒い着物を着ていてムッキムキ。

屋根の上で対峙している無惨と巌勝。

無惨「鬼になれば無限の刻を生きられる。お前は技を極めたい。私は呼吸とやらを使える剣士を鬼にしてみた。どうだ?お前は選ぶことができるのだ。他の剣士とは違う」

無惨の怒涛のセールストークに即陥落する巌勝。

無惨に首を垂れる巌勝。

巌勝(私が心底願い欲していた道は拓かれた。私は全てのしがらみから解放される)

縁壱老衰の時間軸。

黒死牟(はずだったというのに)

黒死牟は縁壱に寿命で勝ち逃げしただけだと憎悪する。

黒死牟(理さえ超越した存在であると見せつけた上、寿命で死亡し勝ち逃げた。誰も…あの方でもお前に勝つことはできなかった。誰一人として縁壱に傷をつけることすら叶わなかった。何故だ?何故いつもお前は私に惨めな思いをさせるのだ?)

憎い憎い!!とさらに憎悪し縁壱の死体を横に一刀両断する。

上半身と下半身がさよならする縁壱。

縁壱が懐に忍ばせていた袋も飛び散る。

袋は桜の花びらが刺繍?されたピンク色の可愛らしいもの。

そしてその袋の中からかつて巌勝が贈った笛が両断されて飛び出てくる。

黒死牟はその笛を見て縁壱の嬉しそうな笑顔を思い出す。

鬼の眼にも涙。

中段の目から涙を流す黒死牟。

黒死牟(もうやめろ。私はお前が嫌いだ。お前の顔を見ただけで吐き気がする。お前の声を聞くだけで腹が立ちこめかみが軋む。それなのに何百年も生きていて鮮やかに記憶しているのは一番忘れたいお前の顔)

父、母、妻、子供たちの顔を思い出すことはできないが縁壱の顔だけ鮮明に記憶している黒死牟。

唯一無二の太陽のような縁壱の周りにいる者達は縁壱に焦れて手を伸ばし苦しむ他 道はない。

現在。

崩壊していく黒死牟の肉体。

黒死牟(消し炭になるまで。ああ…何も、何も手に入れることができなかった)

泣いている妻と追いすがろうとする息子の姿。

黒死牟(家を捨て、妻子を捨て人間であることを捨て、子孫を斬り捨て)

無一郎の死体。

黒死牟(侍であることも捨てたというのに)

黒死牟の変質した刀。

黒死牟(ここまでしても駄目なのか?)

崩壊していく黒死牟を見ている悲鳴嶼さん。

黒死牟(道を極めた者が行きつく場所は同じだとお前は言った。しかし私は辿りつけなかった。お前と同じ世界を見ることができなかった。日の呼吸の型を知る剣士もお前の死後あの方と私で徹底して殺し尽くした。それなのに何故お前の呼吸は残っている)

黒死牟は炭治郎の顔を知っている模様。

黒死牟(何故私は何も残せない。何故私は何者にもなれない。何故私とお前はこれ程違う。私は一体何の為に生まれて来たのだ。教えてくれ、縁壱)

舞い散る黒死牟の肉体。

残された着物の中には両断されたあの時の笛が。

『全てを捨て、残ったのは─…』

鬼滅の刃についての関連記事