キングダム 617-618話のネタバレ画バレ!武力も高い大軍師蒙恬有能すぎてヤベェ!同じく有能な金毛にカリョウテンが討たれてしまったのだ!?


2019年10月10日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『キングダム』最新話第617話「飛信隊の止め方」についてのネタバレあらすじです。
早売りバレ、画像バレの掲載はありませんがコミック派の方はネタバレ注意。

キングダム 最新話第617話「飛信隊の止め方」の ネタバレあらすじ

蒙恬はバナンジからカウンターを取り右目を潰すことに成功する。

驚愕する一同。

蒙恬はその勢いで自軍に命令を出す。

王翦と近衛兵にバナンジにトドメを刺して軍を弱体化させろと命令する。

他の兵達はフテイ隊を抑えつつ命を捨てる覚悟で王翦将軍を左に逃がせと指示。

蒙恬「李牧本陣も危うい。大将を守りきった方が勝つぞ!」

蒙恬の命令を聞いてブチギレるフテイ。

フテイ「クソが。だからここで王翦殺して俺らが勝つっつってんだよ女野郎ォ!」

戦場を見つめる李牧。

まだ王翦を討ち取れない状況に(馬鹿な)と信じられない様子。

バナンジとフテイに急ぎなさいと心の中で念じる李牧。

李牧(こちらももう余裕がありませんよ)

共伯に攻撃をしかける糸凌。

糸の刃を矛の柄で受け止める共伯。

糸凌の力量に本当に女か?と驚愕する共伯。

糸凌はニヤリと笑い共伯の矛ごと一刀両断してしまう。

共伯瞬殺!

倉央「本当に女だよ最高の。夜はさらに最高」

ニィと笑う倉央。

共伯を討たれたことでピンチに陥る趙軍。

雷伯をすぐに呼べ!と大慌て。

逆に秦軍はここを抜けばすぐに李牧へ到達できる。

カイネは糸凌の活躍にぐぬぬ。

カイネ「ざけるな…私が刺し違えてでもあの大女を止める。李牧様には指一本触れさせるものか」

カイネに続け!と号令をかけ部下と共に糸凌討伐へ向かう。

李牧本陣。

共伯まで討たれたことに焦る李牧本陣。

左の金毛も粘ってはいるが崩れるのも時間の問題。

第二隊はほぼ壊滅、第三隊も苦戦している。

金毛は左から二隊を出して飛信隊右歩兵を横から叩くように指示する。

金毛はかなり消耗している様子。

カリョウテンは金毛軍の動きを読みヒビョウの一隊を出し迎撃させようとする。

しかし二隊が歩兵まで届かない。

カリョウテンがいることで自軍の策が成功しないと焦る金毛。

飛信隊は信の圧倒的武力で強い部隊と化しているように見えるが実際はカリョウテンがそれを引き出しているのだと考える金毛。

金毛(そのカリョウテンが現場にいることで余計に…現場に…)

気付いた金毛。

金毛自らが兵を率いて飛信隊を止めにかかる。

止める部下。

金毛「ムダ死になどせぬ…俺も李牧様も絶対に死なぬ。趙国のためにその柱として死ぬわけにはいかぬ」

それならなぜと言う部下に「飛信隊の止め方が分かった」と返す金毛。

金毛なら戦場の様子を俯瞰してとらえることができるためそれを成せると自信満々。

弓兄は手が負傷し骨が見えるほど矢を放っている。

あとはオイラがと言う弓弟。

ここで弓兄が敵の小隊の動きに気付く。

その隊はカリョウテンの前に移動してくる。

カリョウテンへ弓で奇襲をかける金毛。

しかしその矢は運よくカリョウテンの近くにいたモブが盾になり不発。

敵襲に気付いたモブ達はカリョウテンを囲んで守る。

カリョウテンの姿をとらえる金毛。

飛信隊の軍師が少女であることを知りブチギレる金毛。

金毛(貴様がケイシャ様とガクエイを殺した飛信隊の軍師!貴様が…貴様のような小娘がっ…)

金毛は部下に「撃ち殺せェっ」と命令する。

その矢はカリョウテンの左肩を貫通。

馬から崩れ落ち地面を転がるカリョウテン。

頭を狙う追撃の矢を手で受け何とか逃れるカリョウテン。

が、今度は騎馬が直接カリョウテンに迫り槍で…。

鮮血が飛び散る。

『狙われた飛信隊の頭脳。敗戦へ後がない金毛の刃が、恐るべき速さで迫り来る!!!』

次号、カリョウテンの運命は…!?