【約束のネバーランド】最新152-153話のネタバレ画バレ!ザジの姿が明らかに!やっぱりノーマン最強だわ

2019年9月30日発売の週間少年ジャンプ連載中の『約束のネバーランド(約ネバ、ネバラン)』最新話第152話「刻限」のネタバレあらすじです。

約束のネバーランド ネタバレあらすじ 最新話152話「刻限」

『待ち受ける惨劇、迫る刻─』

ノーマンの切り札が鬼を強制的に退化させる毒だと判明。

しかしアジトにはその毒を生成する施設はなかった。

レイは大量生産するまでには至っていないと考える。

ノーマンが混乱のため毒を撒く場所を推測するギルダたち。

場所は中央広場。

『事変、勃発』

中央広場から鬼達の悲鳴が響き渡る。

アイシェが周囲の様子を確認。

アイシェが普通に話していることに驚くハヤト。

アイシェ「時間が経つほどどうにもできなくなるぞ」

ムジカ「急ぎましょう」

ドン「ああ!俺達で被害を食い止めるんだ」

ノーマンサイド。

ザジがレグラヴァリアに斬りかかっていく。

反撃しようと爪を振り被るレグラヴァリア。

その腕を鎖で捕縛するシスロ。

ザジの紙袋が取れイケメンな顔が露に。

ノーマンに似ていて目は黒く歯も牙のようなものが生えている。

ザジの刃がレグラヴァリアの顔面を切り裂く。

レグラヴァリアの独白。

レグラヴァリアは誰よりも強く美しく高見に君臨したいと思っている。

『誰よりも美味い人肉が食べたい』という読めない文字の鬼の言葉。

レグラヴァリアが王である父を殺した時の回想。

父を殺し今から自分が王であることを家臣に宣言するレグラヴァリア。

『親兄弟もただの糧。王になり、しかし全てを手にしてなお唯一意のままにならなかったもの』

ショタノーマンの姿。

レグラヴァリアに農園設立以来の最上物が生まれたことが伝えられる。

ガタッ!するレグラヴァリア。

回想終了。

その最上物のノーマンがレグラヴァリアの前に現れる。

レグラヴァリアは顔面はザジに両断され地面に無惨に転がっている。

ノーマンは肉片を見降ろし「初めまして女王陛下」と煽る。

レグラヴァリアはずっとノーマンのことを食べたかった。

それでノーマンを読めない文字の鬼に送らずラムダに送った。

鬼語でノーマンを食べたい欲を爆発させるレグラヴァリア。

レグラヴァリア「お前は私の人肉なのだ!!」

ブチギレるノーマン。

鬼語で「我ら誰一人もはや鬼の食料ではない」と吐き捨てるノーマン。

そしてノーマンはザジにトドメを刺させる。

レグラヴァリア死亡。

残るはイヴェルク達だけ。

今までのことを思い出し全て終わるんだと思うシスロたち。

が、ノーマンのマントの裾を掴み止めようとする幻覚ロリエマ。

その後ろにはショタノーマンの姿も

ノーマンの動きが止まる。

通気口から内部に侵入したエマ達がノーマンの元へ辿り着く。

エマ「ノーマン…!」

王の間の扉をパーンするエマとレイ。

が、時すでに遅し。

鬼は皆殺しにされていた。

愕然とするエマ。

ノーマン「残念、間に合わなかったね、エマ」

ゲス顔のノーマン。

ザジは紙袋を頭に装着させている。

『その想いは、届かず』