約束のネバーランド ネタバレ 最新話151話 ノーマン毒炸裂!ザジ、シスロ、バーバラの連携で女王レグラヴァリア撃破か

2019年9月21日発売の週間少年ジャンプ連載中の『約束のネバーランド(約ネバ、ネバラン)』最新話第151話「勝つのは」のネタバレあらすじです。

約束のネバーランド ネタバレあらすじ 最新話151話「勝つのは」

『いざ、運命の最終血戦』

レグラヴァリアの前に現れたザジ。

ザジは「あうあー」と言いながらユラユラとレグラヴァリアに歩を進める。

突然の人間の登場でポカーンとしている鬼達。

ザジは一瞬でレグラヴァリアとの間合いを詰め斬りかかる。

あまりのスピードの速さに顔が引きつるレグラヴァリア。

しかし何とかザジの攻撃を回避する。

ザジは目にもとまらぬ速さで二刀流の連続突きを繰り出す。

レグラヴァリアは防ぎ切れず右頬から出血。

レグラヴァリア(こやつ…)

レグラヴァリアは爪を伸ばし本気モードに。

が、ここでシスロとバーバラが頭上から奇襲。

ノーマンの言葉『間髪容れず攻めるんだ』

ノーマンとの作戦会議の回想に入る。

レグラヴァリアとギーランは強い。

ラムダでも人間が真正面から対峙しても勝ち目は0.

しかし両者をぶつけ消耗させれば勝ち目も出てくる。

ノーマン「再生・変異・身体強化。それら規格外の力を発揮する細胞分裂に鬼は莫大なエネルギーを消費する。実際実験でも消耗が一定ラインを超えると奴らの戦闘効率は格段に落ちた」

実験で使用された鬼は磔にされている。

鬼の弱点は連戦による消耗。

瞬発力に特化した生物のため補給しなければ戦うことはできない。

ノーマン「肉を食わせるな。例え死体の一欠片でも補給の間を作らせるな。攻めて攻めて攻め続ける。そこに人間の勝機がある!」

回想終了。

ザジ達の怒涛の攻めに舌打ちをしてストレスをためているレグラヴァリア。

レグラヴァリアは消耗しバーバラでもその動きをとらえることができるようになってきている。

バーバラ(ボスの言う通りだ。こいつ相当消耗してる)

人間の勝利を確信するシスロ。

ザジの刀が再びレグラヴァリアの顔を切り裂く。

レグラヴァリア(こやつら…崩せぬ)

計算されたザジたちの攻めに焦りを感じ始めるレグラヴァリア。

シスロは冷静にレグラヴァリアを消耗させることだけを考えている。

シスロ(女王は強ぇ。確かに圧倒的に。でも消耗した今なら攻守分けて徹底すりゃあ人間でも戦える)

ザジを信じてサポートに徹するシスロとバーバラ。

ザジがレグラヴァリアの間合いに飛び込む。

レグラヴァリア「図に乗るなよ」

レグラヴァリアは肉体を強化させ右腕がムキムキに。

一瞬でザジの前から消えバーバラを瞬殺。

バーバラを捕食しようとするレグラヴァリア。

シスロは「バーバラ」と叫ぶことしかできない。

ザジが刀を投げレグラヴァリアの腕を切断しバーバラを救出。

しかしバーバラはピクリとも動かない。

「あああああ」とブチギレるザジ。

シスロ「ザジ!だめだ!!冷静になれ!」

怒りに任せてレグラヴァリアに突っこんでいくザジ。

ニヤリとするレグラヴァリア。

レグラヴァリアの反撃!

と思いきや体勢が崩れる。

ザジの刀を手で防ぎ爪で反撃しようとするも異変が襲う。

他の鬼たちにも異変が。

ニヤリとするヴィンセント。

バーバラも何とか生きていた。

ノーマンの毒が発動。

毒は鬼の正常な細胞分裂を阻害し形質保持能力を破壊する。

強制的に退化を促す毒薬。

ノーマンは邪血を取り込んだ王鬼達には最悪効かないかもしれないと言っていた。

しかし女王の形質保持能力も破壊させることに成功。

爪を伸ばすことができないレグラヴァリアに斬りかかるザジ。

『くたばれ化物!!』

鮮血が飛び散る。

『勝機覘く一瞬、絶望に終止符を─』