ブラッククローバー(ブラクロ) ネタバレ 最新話221話 シャーロットがついに告白したー!呪いの禁術関連の鍵を握るのはノエルとドロシー?

今週の週刊少年ジャンプ掲載の『ブラッククローバー(ブラクロ)』最新話第221話「」のネタバレあらすじです。

ブラッククローバー(ブラクロ) ネタバレあらすじ 最新話221話「碧薔薇の告白」

『後悔を優しく包む夕暮れ…』

ヤミから物凄い勢いで逃走したシャーロット。

そのシャーロットがどこかの屋根の上でショボン…。

絶対変な女だと思われたと落ち込んでいる。

シャーロット(呪いに打ち克つ為に強くなり…口先ばかりの男共を信用できなくなり…そんな中ヤミに救われ…それでもどこかで認めたくなくて…女だけの魔法騎士団の団長として戦い続けてきた…)

唇を噛むシャーロット。

シャーロット(私は…!!)

何かを決心して立ち上がるシャーロット。

シャーロットはおもむろに碧の野薔薇の団員を本拠地の広場に召集する。

そして大胆な告白。

碧の野薔薇は女の力のみで武勇を成す騎士団。

そのため団長を辞する覚悟で言おうと話し始めるシャーロット。

シャーロット「私はヤミが好きなのだぁあああああ!この想いを消そうとしても忘れようとしてもダメだった…私はもうどうしようもないほど…あの男を愛している─!!!」

許されることではないかと俯くシャーロット。

しかしシャーロットの告白に碧の野薔薇の団員はそれを受け入れ盛り上がる。

「応援します団長っっ!!!」

え…!!!と固まるシャーロットとソル。

騎士団の中に彼氏がいることを隠していた者も。

以外と女子力の高かった碧の野薔薇の団員たち。

シャーロットに告白するよう焚き付ける団員たち。

「ワ…ワタシハ…やみニ…告白スル…!」とその気になっているシャーロット。

少し引いているソル。

そこへヤミとアスタがタイミングよくやってくる。

タイミングの良さに衝撃を受けるソル。

碧の野薔薇の団員たちはここぞとばかりにシャーロットをヤミの前に押して行きデートに誘うよう促す。

ヤミをデートに誘うシャーロットだが声が小さすぎてヤミには届かず。

ヤミはシャーロットの気持ちが分かっていると言う。

シャーロットの独特な氣で気付いているらしい。

自分のことを苦手に感じているんだろ生理的にと的外れなことを言うヤミ。

絶叫して逃げられたことでヤミは傷付いたらしい。

アスタはシャーロットはヤミが苦手なのではないと言う。

シャーロットの氣の感じはノエルと似ている。

ヤミを信頼しているのだと言うアスタ。

アスタはシャーロットの背中をバシバシと叩きながら恥ずかしがらなくてもいいのにと言う。

馴れ馴れしいアスタの首を絞めるソル。

シャーロットはヤミと二人きりで話したいと言い食事に誘いテラス席へ。

ヤミの聞きたいことが薔薇の呪いだと知り(おのれ…期待させおって…!)と少しがっかりするシャーロット。

シャーロットは「元々は我が家に恨みを持つ呪詛魔道士の魔法だ」と呪いについて話し始める。

その呪いは国内のいずれの魔法とも異なって解呪不可能だった。

シャーロット「禁術は…世界や命の在りように干渉する。私が18の時に発動した呪いは私の魂の形…私の魔法自体を変質させてしまっている…」

その呪いは異界の力を借りた禁術だと言うシャーロット。

しかしそれ以上のことはわからない。

シャーロット「禁術の呪い…ならばある意味 私よりも強く…その影響を受けた者がオマエ達の団にいるだろう…」

?となるヤミ。

起床ドロシーが復興作業をしている。

そこへノエル登場。

ドロシー「これはシルヴァ家の末妹ちゃん。ノゼルくんに聞いて来たのかな?」

ノエル「…ええ、教えてもらいに来たの…私のお母様と悪魔について」

『禁術との因縁はノエルに…!?』

次号、センターカラー。

ブラッククローバーについての関連記事