ワンピース ネタバレ 最新956話 神回確定の世界情勢キター!サボ、ビビ死亡!?七武海制度撤廃でめちゃくちゃ面白くなってきたぞ!!

週間少年ジャンプ連載中のワンピース最新第956話「ビッグニュース」のネタバレあらすじです。

画バレ(絵バレ、画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

ワンピース 第956話「ビッグニュース」 ネタバレあらすじ

扉絵はギャングベッジのオーマイファミリーVol7『おい!ローラじぇねェか!ホントに婿みつかったんだな!!』

『一方の世界情勢は…』

魚人島、リュウグウ王国、竜宮城。

ガープの護衛でネプチューン、しらほし姫、その兄弟たちは竜宮城へ無事に帰ってきた。

ガープを労おうとするネプチューンだが長居はできないガープ。

ガープ「事態が事態…そうもいくまいなァ…!!レヴェリーはいつも大事件を呼ぶ…」

お茶だけもらい休憩するガープ。

50もの国々が集まって今後とも仲良くでなんて終わるはずがない。

強国同士は静かににらみ合い、子分同士をケンカさせる。

資源や技術は脅しの道具になる。

国民の為、他国の為の発言をできる王は何人いることかと嘆くガープ。

ガープ「血さえ流れんのならわしゃコレを平和と呼ぶが…今回のはマズイな…」

ガープはまだネプチューンたちにも知らせていない事件が一つある。

レヴェリー閉幕後、ネプチューン一家が島から出港した直後にアラバスタ王国に関する重大な事件が発生した。

ガープは海軍は今 事件解決に努めているからどうか人間達を恐れないくれとネプチューン達に言う。

ガープ「アラバスタ王国に関する事件じゃ」

その言葉を聞き「え…ビビ様…!?」と動揺するしらほし姫。

現在、レヴェリー解散から一週間。

レヴェリーは大荒れの中 各国の代表が国に帰って行く。

時間が遡り世界経済新聞社。

数多くの事件が発生し大忙しの社員たち。

死者が出た、死亡記事は飛ぶように売れるとテンションマックスのゲスモルガンズ。

モルガンズ「議決結果も最高だ!!殺人未遂も胸が躍る!!!」

社員に早速記事を作成させる。

そこへ政府から速達が送られてくる。

中身はかなりの額の小切手。

政府は情報操作しようとモルガンズに接触してきた。

モルガンズは笑いながら「クワハハハ、こいつは突き返せ!!」と配達員に言う。

しかし配達員はルパンのように顔の皮膚をベリベリと剥がし正体を現す。

CPはモルガンズに銃を向け「言う事は聞いて貰おう」と脅す。

モルガンズは拳で速攻CPをボコボコにする。

モルガンズ「新聞王(ビッグニュース)モルガンズをナメんじゃねェよ!!!おれは守銭奴だが!!その前にジャーナリストだ!!!時にはウソで人を踊らせる活字のDJ!!何を載せるかはおれが決める!!!」

モルガンズは政府の人間に手を出したため本社を引っ越しさせる。

世経の本社は気球になっていていつでも引っ越しが可能。

部下がワポル王からリーク情報があると聞き「なに~!?」と大声を出すモルガンズ。

政府がもみ消しに失敗した事件、王達の決議、そこで起きた事件が新聞によって全世界に広まる。

新聞を読んで驚愕しているモブたち。

カマバッカ王国、革命軍総本部。

イワンコフが島の外まで響き渡るほどの大声で騒いでいる。

イワンコフ「待ってよ、どういうコッチャブル!!!そんなわけない!!ウソでしょサボー!!!世経でしょ!!?大ウソツキの鳥社長め!!!あのサボよ!!?あり得ナッティブル!!!ヴァターシ信じない」

鼻水を垂らして取り乱しているイワンコフ。

そこにはドラゴンの姿も。

ドラゴン「まずは…事実確認だ…!!!」

ドラゴンもかなり焦っている。

ベロ・ベティ 「サボ…」

コアラは目に涙を浮かべている。

コアラ「サボ君…!!ウソだよね…」

レヴェリーに潜入した革命軍全員と連絡が取れない状態。

「全員連絡は途絶えたままです。どう確認すれば…!!」

ざわつく革命軍。

ゴア王国、国王護衛船。

船で帰路についているステリー。

ステリー「えええ。マリージョアに!?いたのか…!!?あ…兄様がァ!!!?」

鼻水を垂らして驚愕しているステリー。

後ろでマリーナントカネットが顔を押さえてオーマイガーのリアクションをしている。

ゴア王国、フーシャ村。

マキノさんが店を閉めている。

そのことを心配している村人たち。

「サボ君が…」と手で顔を覆うマキノさん。

マキノさんの赤ちゃんがボールで遊んでいる。

コルボ山。

サボ死亡の記事を読み悲しみにくれるダダンたち。

「サボ~!!!ウソだと言ってくれ~!!」

海底監獄インペルダウン。

ドフラミンゴがいつもように一人で高笑いして盛り上がっている。

ドフラミンゴ「フッフッフッフ!!退屈しねェなこの世界!!面白くなってきた!!フッフッフッフ!!!」

海賊島ハチノス。

黒ひげも「ゼハハハハ…」と上機嫌。

黒ひげ「おい野郎共、船出すぞ!!海軍に取られるぐれェならおれが貰っちまおう!!!」

とある海。

コビーが何者かから連絡を受ける。

コビーから世界で起きていることを聞いた人物は「そんな事が…!?」と驚いている。

コビー「ええ。もう処理しきれませんよ!世界中の海兵が動いても!だからそっちに関しても当初の予定通り軍は動かない筈です。第一兵も足りません」

ワノ国、えびす町の外れ。

コビーに連絡を取っている謎の人物。

コビーは周りの耳を気にしてヒソヒソ声で場所を移動する。

謎の人物「ワノ国は世界政府に加盟してないからな…それでいいと思うが…ビッグ・マムが鬼ヶ島に到着した件─」

コビー「軍は海賊同士の潰し合いを期待してますよ」

謎の人物「─だろう!!先日殺し合いをしてたカイドウとビッグ・マムだが…」

ここで謎の人物の正体が判明。

その正体はドレークだった。

ドレークの正体は海軍本部機密特殊部隊『SWORD(ソード)』の隊長だと判明。

そしてカイドウとビッグマムが同盟を結んだことを告げるドレーク。

ドレーク「手を組んじまった」

それを聞いて激しく動揺するコビー。

コビー「は!!?ど…どどど…ど…!!どういう事ですか!!?」

ドレーク「麦わらのルフィに関しても脱獄情報ではなく停滞中。CP0を見た」

コビー「え!?なぜワノ国に…!!?」

コビーの所属は海軍本部少将兼SWORD隊員だと判明。

ドレーク「考えたくないが…政府がこの海賊の支配するワノ国と取り引きしてるって事になる。おれは数分思考が止まったよ」

コビーはハンコックを捕縛するため女ヶ島へ向かっている。

世界各国。

あるニュースに歓喜しているモブ達。

そのニュースとは七武海制度が撤廃されること。

海軍に追われる立場になった元王下七武海のメンバー。

七武海制度撤廃の理由はレヴェリーでクロコダイルに支配されていたアラバスタとドフラミンゴに支配されていたドレスローザの二国が実害を受けていたことを訴えたため。

新世界、カライ・バリ島。

バギー「汚ねェぞてめェらァ!!!相談もなく一方的に決めて。用済みだからひっ捕らえるだァ!!?仁義もクソもねェ奴らだ!!!」

海軍の軍艦に海岸を完全に包囲される。

バギー「てめェらが勝手にクロコダイルやドフラミンゴに出し抜かれたからってヤツ当たりもたいがいにしやがれェ!!!」

正論ブチギレのバギー。

バギー(おれの人生計画がめちゃくちゃだ!!)

クライガナ島、シッケアール王国跡地。

いつもの戦闘服のミホーク。

海軍に降伏せよと迫られている。

ミホーク「武者ぶりがする…久しぶりだな…追われる立場に戻るのは…フッ」

新世界とある島。

ウィーブルとミスバッキンが海軍に襲撃されている。

ウィーブル「どうしよう母ーたん母ーたん!?」

味方じゃなくなっちまったからやっちまっていいよと言うミスバッキン。

ウィーブル「ホント!?じゃあみんなぶっころそ!!白ひげの名の下に!!」

女ヶ島、アマゾンリリー。

ハンコック「慌てるな…忘れておる様じゃな、あやつら。わらわ達が王下七武海になったのは強さゆえじゃという事を…!!」

『出揃う!!』

ワンピースについての関連記事