チェンソーマン ネタバレ 最新話38話 デンジとアキめっちゃ仲良し!沢渡アカネ死亡!?銃の悪魔との決戦間近でパワーちゃんもパワーアップ

2019年9月14日発売号週間少年ジャンプ掲載の『チェンソーマン』最新話第38話「気楽に復讐を!」のネタバレあらすじです。

チェンソーマン ネタバレあらすじ 最新話第38話「気楽に復讐を!」

センターカラーはアキと姫野先輩。

『煙草を教えてくれた貴方はもういない。その哀惜は煙のようで心に染みる─…』

『サムライソード捕縛!』

デンジに敗北したサムライソードはチェンソーモードの鎖で拘束される。

二人ともパン一。

目を覚ますサムライソード。

サムライソードはデンジと同じくての刀を抜いたら体がくっつき復活したらしい。

「ぶっ殺してやるうア!!」と発狂するサムライソード。

「負け犬の声はデケぇなあ」と余裕のデンジ。

サムライソードは警察に引き渡すことになるがそれだけではデンジの気が済まない。

サムライソードは姫野先輩を殺した。

「ツラの良い美人がテメエのせいで世界から一人減ったんだ。なのにテメエは反省もせず一生刑務所暮らし…それじゃ俺がスッキリしねえ」

サムライソードの顔をまじまじと見つめるデンジ。

「お前には何もできねえだろ。公安の犬風情がよ」と煽るサムライソード。

デンジは「んー」としばし考える。

そして「今から大会開く」と急に言い出す。

そこへ丁度アキも到着。

アキは本部に応援を要請する。

デンジはアキも大会に誘う。

「コイツは姫野先輩を弾で撃った。だからコイツもタマを撃たれるべきだろ。だから大会を開く!お互いにコイツのキンタマを蹴っていって…警察が来るまでに一番デケえ悲鳴出させた奴の勝ち!」

何言ってんのコイツ!という顔のアキ。

「ハア~」と大きなため息をつくアキ。

自分たちの仕事はサムライソードを捕まえること。

いたぶって憂さ晴らしする事ではないと正論のアキ。

「そんな事したって姫野先輩は喜ばない」

アキは胸ポケから姫野先輩からもらったあのタバコを取り出す。

「なあ…勝ったら何くれんだ?」と腕まくりをしてやる気満々のアキ。

「へ!そりゃもちろんコイツの玉金よ!」と手で丸を作るデンジ。

天使の悪魔が空を見上げる。

カラスたちが一斉にどこかへ飛び去り不穏な空気。

ニッコニコのデンジとアキにキンタマを蹴られまくり悶絶するサムライソード。

デンジとアキの顔はまるで青春映画の一幕のよう。

『姫野先輩、天国まで聞こえるか?オレ達からアンタへのレクイエムだ』

ハンターのクロロがやった「ウヴォーさん」レクイエムのオマージュ?

「ヤアアアアアアアアアア」というサムライソードの絶叫がこだまする。

マキマさんがお偉いさんに報告している。

今回のテロ事件の首謀者は沢渡アカネ。

沢渡は元民間のデビルハンター。

沢渡は銃の悪魔と契約しその銃弾をヤクザに流していた。

その対価として沢渡はチェンソーの悪魔の心臓を要求。

沢渡は尋問中に自殺。

蛇に頭部をマミられた。

「へあああああ…」と腰を抜かすコベニ。

沢渡は銃の悪魔との契約で自動的に自殺したのかもしれないと言うマキマさん。

沢渡が死んでしまったためなぜ心臓を求めていたかは不明のまま。

今回の事件でビルの中から銃の悪魔の肉片を1.4キロ押収。

公安が持っている5キロの肉片と合わせた結果、肉片が本体に向かって動き出した。

「遂に…か。何処に向かって動いた?」と訊かれるも無表情のマキマさんの顔で場面転換。

幼少デンジが真っ白な紙が何枚も貼られたボロアパート?のドアの前に立っている。

この光景はデンジがいつも見る夢。

そしていつも忘れる夢。

ドアの中から「デンジ」と呼ぶポチタの声。

夢の中くらい撫でさせてくれと嬉しそうにするデンジ。

しかし「絶対に開けちゃダメだ」と強く言うポチタ。

汗だくデンジがガバリ!

アキ宅で打ち上げをやっていたらしくデンジ、アキ、パワーがリビングのテーブルの周りで寝ている。

テーブルの上には寿司?ポテチなど食べ物が散乱。

アキが飲んだビールの缶も大量に置かれている。

アキはデンジの足を枕にして爆睡。

デンジが起きたためパワーも起床。

が、パワーの頭部の角がマジンガーZのように進化し4本になっている。

それを見て「まだこれ夢?」と目を疑うデンジ。

「なに寝ぼけてるんじゃ!」とデンジを殴るパワー。

ぶっ飛ぶデンジ。

「なアんじゃこのパワーは!?」と興奮するパワー。

「夢じゃ…ねえ…」とうずくまるデンジ。

『有り余るパワー!』