呪術廻戦(じゅじゅつかいせん) ネタバレ 最新話75話 最強五条悟覚醒!パパ黒まじパパ黒で最期泣かせにきやがって…

2019年9月14日発売号週間少年ジャンプ掲載の『呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)』最新話第75話「懐玉・拾壱」のネタバレあらすじです。

呪術廻戦 ネタバレあらすじ 最新話第75話「懐玉・拾壱」

扉絵は上裸ムッキムキのパパ黒。

『呪縛によって得たのは、天賦の肉体。縛れるものなど、無いほどの─』

『五条VS伏黒第2R!!五条の先制を受けた伏黒は…』

赫でぶっ飛ばされたパパ黒だがピンピンしている。

パパ黒が五条の戦力分析。

止める力、ニュートラルな無下限呪術。

引き寄せる力、強化した無下限呪術・蒼。

弾く力、術式反転・赫。

『全て問題なし』

天逆鉾に鎖を通しブンブン振り回すパパ黒。

パパ黒の五条対策。

止める地下は元より。

引き寄せる力はリーチのある天逆鉾でかき消すか足でちぎる。

弾く力はタイミングさえ外さなければ天逆鉾を盾にしてしのぐことができる。

宙にアヘ顔で浮遊している五条。

パパ黒は心の中で違和感を感じるがスルーしてしまう。

「いや、これでいい。殺す」

五条と目が合うパパ黒。

五条は心の中で理子に謝る。

(ごめん天内。俺は今オマエのために怒ってない。誰も憎んじゃいない。今はただただこの世界が心地良い)

狂気の顔を見せる五条。

「天上天下唯我独尊」

五条がパパ黒に攻撃。

地面が吹き飛ぶ。

パパ黒は天逆鉾を地面の中から強襲させる。

五条による術式の解説。

相伝の術式のメリットは先代が築いた術式の取説があること。

デメリットは術式の情報が外部に漏れやすいこと。

パパ黒は禪院家の人間。

蒼も赫も無下限呪術のことはよく知っている。

しかし禪院家はおろか五条家の中でもごく一部の人間しか知らない術式がある。

順転と反転。

それぞれを無限の衝突をさせることで生成する仮想の質量を押し出す『嘘式』。

五条はお釈迦様のポーズで『茈』発動。

これには全く反応できないパパ黒。

『茈』の吹き出しに左半身を消し飛ばされるオサレ演出。

パパ黒が感じていた違和感は今回は逃げずに戦おうとしてしまったことだった。

覚醒した無下限呪術師の使い手で現代最強と成った五条を否定し捻じ伏せてみたくなってしまったパパ黒。

自分を否定した禪院家、呪術界その頂点を。

『自分を肯定するためにいつもの自分を曲げちまった。その時点で負けていた。自尊心は捨てたろ』

人間らしい顔になるパパ黒。

パパ黒の脳裏に赤ちゃん伏黒?を抱く伏黒母?の姿が。

『自分も他人も尊ぶことない。そういう生き方を選んだんだろうが』

「最期に言い残すことはあるか?」と訊く五条。

「ねぇよ」と答えるパパ黒。

しかしパパ黒の頭の中には悲しそうな顔をする幼少伏黒の姿。

「2、3年もしたら俺の子供が禪院家に売られる。好きにしろ」

立ったまま絶命するパパ黒。

『今際の際、零れたのは、心』

呪術廻戦についての関連記事