鬼滅の刃(きめつのやいば) ネタバレ 最新話174話 玄弥の血鬼術強すぎる!黒死牟が最強の弟・縁壱との回想始めて死亡フラグが凄い!

2019年9月14日発売号週間少年ジャンプ掲載の『鬼滅の刃(きめつのやいば)』最新話第174話「赤い月夜に見た悪夢」のネタバレあらすじです。

鬼滅の刃 ネタバレあらすじ 最新話第174話「赤い月夜に見た悪夢」

扉絵は黒死牟の足。

『それは魂にこびりついた記憶─』

『放たれた玄弥の銃弾…!!』

無一郎と黒死牟に放たれる玄弥の銃弾。

玄弥の銃弾は刀で弾かれるも軌道を変え黒死牟の身体にヒット、めり込む。

そのことに衝撃を受ける黒死牟。

玄弥の銃弾がヒットした黒死牟の身体から樹木の根が生えてくる。

根が絡まり身動きが取れなくなる黒死牟。

玄弥が食べた半天狗・憎伯天のような血鬼術。

(やはり血鬼術!!)と勘付く黒死牟。

(斬られた髪と折られた刃、私の一部を吸収して…)

無一郎の身体を木が貫いているようにも見える。

動けない黒死牟に一斉に斬りかかる悲鳴嶼さんと実弥。

ここでもまた懐かしさを感じる黒死牟。

(鳩尾から旋毛まで突き抜けるような焦燥。生命が脅かされ体の芯が凍りつく。平静が足下から瓦解する感覚。忌むべき、そして懐かしき感覚。四百年振りの)

黒死牟の回想が始まる。

四百年前の赤い月の夜の日。

黒死牟は信じられないものを見た。

それは双子の弟である縁壱の老いた姿だった。

縁壱も鬼狩りでおでこに黒死牟に似た痣がある。

黒死牟が弟と最後に会ったのは60数年前。

縁壱は8

80オーバー。

「あり得ぬ。何故生きている?皆死ぬはずだ。二十五になる前に。何故お前は…何故お前だけが」と動揺する黒死牟。

「お労わしや、兄上」と涙を流して言う縁壱。

黒死牟にとって弟は目障りな存在だった。

感情の僅かな機微すら見せなかった弟が今目の前で涙を見せていることに生まれて初めてこみ上げてくるものを感じる黒死牟。

(私は己の予期せぬ動揺に困惑した)

(奴が鬼狩りである限り一刀両断にせねばならぬ)と思う黒死牟。

対峙する兄弟。

縁壱は「参る」と言い抜刀の構え。

黒死牟を襲う凄まじいプレッシャー。

黒死牟の頸を一瞬で斬る縁壱。

しかし頸を撥ねるまでは至らず。

縁壱の日輪刀の刃は赤。

縁壱も痣の者。

しかし縁壱は副作用を乗り越え無惨も後一歩のところまで追い詰めた実力者。

老いた今でもその剣は全盛期と変わらない速さと威力。

人間だった頃の黒死牟の姿が描かれる。

この時から同じ紫色の着物を着ている。

弟と過ごした日々を怨毒の日々と形容する黒死牟。

(骨まで焼き尽くすような嫉妬心。お前だけがこの世の理の外側にいる。神々の寵愛を一身に受けて生きている)

黒死牟は弟のことを憎み殺したいと思っていた。

しかし今の黒死牟でも縁壱に勝ることはできない。

次の一撃で頸を撥ねられる確信を持つ黒死牟。

(あの方をも追い詰めた剣技。それは神の御技に他ならない)と焦燥と敗北感で五臓六腑が捻じ切れそうになる黒死牟。

が、縁壱は黒死牟を仕留める寸前で老衰のため立ったまま死亡。

『永遠に別たれた道─次号、巻頭カラー!!』

アニメ情報。

25話のタイトルは継子 栗花落カナヲ。

炭治郎が全集中・常中を善逸と伊之助に教える話。

説明が下手な炭治郎にしのぶさんが助けに入る。

カナヲがカナエさんとしのぶさんと出会った幼少期のことを回想する。

鬼滅の刃についての関連記事