かぐや様は告らせたいネタバレ最新話151話 マキちゃん&帝回ついにきた!インド編開幕!!

2019年9月12日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『かぐや様は告らせたい』第151話「四条眞紀は悟りたい」のネタバレです。
早売りバレ、画像バレの掲載はありませんがコミック派の方はネタバレ注意。

かぐや様は告らせたい 最新話151話「四条眞紀は悟りたい」 ネタバレあらすじ

『今回、作品史上最大のスケールでお届け!!』

クリスマス─男女が恋愛を謳歌している頃、その輪からはじき出された者が一人。彼女は今─インドのニューデリーに来ていた。

『かぐや様は告らせたいインド編開幕』

マキちゃんと一緒に帝もインドへ来ている。

なぜクリスマスの日に俺はインドに来てんだ!と頭を抱える帝。

帝は一人で海外旅行に行こうとするマキちゃんが心配で付いてきた。

マキちゃんはガイドも付いているから平気だと言う。

ガイドの名前はシンさん。

「アタシが付いてるヨ」とカタコトなシンさん。

なぜイタリアとかではなくインドなのかと訊く帝。

「悟りを開くためよ」

目を鋭くしてそう答えるマキちゃん。

インドは仏教、ヒンドゥー教、イスラム教の国。

「俗世に煩わしい雑念から解放され涅槃を目指すにはこの国に来るしかなかった」

悟ったような顔で言うマキちゃん。

翼くんと渚ちゃんが付き合った事まだ引きずってんの?と地雷を踏む帝。

「だとしたら相当アホだからな?」

プロレス技をかけられる帝。

好きな人が友達と付き合って諦めることも友達を嫌いになることもできない私の苦しみなんて分からないでしょね!と怒るマキちゃん。

「今…私の心は深く傷つきどす黒く濁っている…もはや涅槃に入るしか救済の道はない…」

しかし姉貴の心が清かったことなんて今まで一度もないとつっこまれる。

再びプロレス技をかけられる帝。

シンさんにインド料理屋へ案内される二人。

インドカレーを食べるマキちゃん。

シンさんに感想を求められ日本のインドカレー屋と同じ味がすると塩対応。

シンさんに観光名所を案内してもらう二人。

インドの背景はおそらく作者が撮ってきた写真を加工したもの。

王家の奥さんのお墓タージマハル、アグラ城、モスク。

アグラと聞いて日本の胡坐はそれが語源?と嬉しそうにする帝。

しかし「ぜんぜん違うヨ」とシンさんに言われる。

座る方の胡坐は高御座、枕からきている。

偉い人が座る椅子のことをあぐらと呼んでいたらしい。

モスクで頭に布を巻きお祈りするマキちゃん。

(ムガル帝国シャー・ジャハーンは愛妻家だったみたいだけど…馬鹿みたいに豪華な妻の墓を作って散財。最終的には息子に死ぬまで幽閉された。一体愛とは何…?)

悟った?と帝に訊かれそこそこ悟った感あるわねと答えるマキちゃん。

マキちゃんがインドに来た一番の目的はガンジス川に行くこと。

現在地のデリーから飛行機で6~7時間かかる。

帝は姉が行きたいならとガンジス川に行く気。

しかし当の本人は「ええーっ、遠っ…急にダルくなってきた…」となんだこいつ状態。

「お前ほんとざけんなよ」

結局デリーに留まりヨガ、エステ、占いという普通の観光をするマキちゃん。

そんなマキちゃんに「悟る気ねぇだろ!!」とつっこむ帝。

しかもマキちゃんはホテルは五つ星のところをとり、飛行機もビジネスクラスにアップグレードまでしている。

畳み掛ける帝に「うるさいわね。今先生に翼くんとの相性を占ってもらってるんだから黙って」とクズいマキちゃん。

彼との相性はどうなんでしょう…と訊くマキちゃん。

「普通だっテ」と通訳するシンさん。

死んだ顔になるマキちゃん。

遠路はるばるインドの地まできてな恋愛が難しいことを悟ったマキちゃん。

(うまくいってる人たちなんて一握り…きっと御幸とおば様だって今頃…優とつばめ先輩もうまくいってるはずないし)

日本。

公園で白銀会長とキスをしているかぐや様。

ゲストルームでつばめ先輩と神寸前までいっている石上。

インド。

周りを落とし自己正当化して一気に明るくなるマキちゃん。

(翼くんと渚だって!)

日本

翼くんと柏木さんのシーンは全面モザイク。

インド。

マキちゃんはインド料理が飽きたから日本食が食べたいとシンさんにお願いする。

しかし出てきたのは焼きそばと称されたビーフン、チャーハンではなくピラフ。

それと普通のカレーライス。

カレーライスは日本の味だったらしい。

ホテルに戻る二人。

マキちゃんがお腹を壊しベッドの上で丸くなっている。

インドに来てどうだった?と帝に訊かれるマキちゃん。

「やっぱ私インドより日本が好きかなぁ」

涙を浮かべるマキちゃん。

「ろくな事悟らねぇのな」

『かぐや様は告らせたいインド編完』

次号、久々に生徒会室にて…!?