ブラッククローバー(ブラクロ) ネタバレ 最新話219話 セクレ正式加入!アスタを救うため国外悪魔討伐編開始!?

今週の週刊少年ジャンプ掲載の『ブラッククローバー(ブラクロ)』最新話第219話「真っ黒けっけ」のネタバレあらすじです。

ブラッククローバー(ブラクロ) ネタバレあらすじ 最新話219話「真っ黒けっけ」

『裁判をぶち壊せ!!』

アスタ&セクレの絶体絶命のピンチに駆け付けた暴牛団員。

仲間達の登場に感激するアスタ。

しかしマリーに触れた件でゴーシュに攻撃されるアスタ。

マリーを抱っこしやがって死ネと辛らつ。

ノコノコ出てって捕まるなんてバッカじゃない、バカスターと怒るノエル。

どうせなら僕とヤッて死のうよとラック。

セクレは使命のために皆を利用した自分のことは放っておいてアスタを連れて逃げてと言う。

しかしそんなことを暴牛団員がするはずもなくセクレに優しい言葉をかける。

暴牛メンバーに歓迎される。

「とにかくいっぱい食べな」とチャーミーパイセン。

しかし(鳥の姿の時 食べなくて良かった)と中々に怖いことを思っている。

セクレに暴牛のローブを被せるヤミ団長。

「ウチはすでにいろんなのが混ざり合って真っ黒けっけだからな」

ルミエルの「これからはこの時代の仲間と新しい幸福を手に入れてね」という言葉を思い出すセクレ。

セクレは封緘魔法で手錠を外す。

暴れても悪魔の罪は深まるだけだと言うダムナティオ。

感情は推し量れたがそれでは国は救えないと冷静。

ダムナティオは天秤魔法・スケールレギュレイトで全員の魔力を小さくする。

天秤魔法は能力を量りバランスを動かして秩序を作るというもの。

しかしヴァネッサのルージュは消えていない。

アスタが滅魔の剣・因果解放で天秤魔法を解除。

天秤魔法を解除されたことに衝撃をうけるダムナティオ。

そこへヤミが斬りかかっていく。

が、ここでフエゴレオンとノゼルが駆け付ける。

ヤミとダムナティオの間に入り衝突を防ぐ。

ヤミは当てるは気がなかったがテンションが上がって斬りかかってしまったらしい。

有能な騎士団員を失うわけにはいかないと言うノゼル。

アスタを認めている人間は身分や階級に関係なくいると言うフエゴレオン。

二人はユリウスからある任務を預かってきている。

その内容はアスタの国外追放、監視及び国外でも悪魔の調査探索。

それを黒の暴牛に任せるというもの。

ノゼルがダムナティオに言う。

ノゼル「『オマエの言う』元凶の悪魔は騎士団が処分し国内の危機は去る訳だ」

(悪魔憑きの国外追放に見える形で小僧の処分を騎士団の責任問題ごと棚上げして無罪の証明を猶予させるという訳か)とユリウスの考えを読む。

「テメーの無罪を示すために外国に行くぞ!!!」

黒の暴牛メンバーはアスタの無罪を勝ち取るため国外へと旅立つ。

『光明、見える!!』

ブラッククローバーについての関連記事