呪術廻戦(じゅじゅつかいせん) ネタバレ 最新話74話 最強五条覚醒!チート過ぎる天与呪縛の伏黒父撃破なるか?

2019年9月9日発売号週間少年ジャンプ掲載の『呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)』最新話第74話「懐玉・拾」のネタバレあらすじです。

呪術廻戦 ネタバレあらすじ 最新話第73話「懐玉・拾」

呪術高専だよりで伏黒父の解説。

なぜ伏黒父は呪力がないのに耐性があるのか?

伏黒父の呪縛は真希先輩より強い。

一般人並に呪力を残す真希先輩に対して伏黒父は完全に呪力が0。

呪力0だが天与呪縛により肉体の強化が行き過ぎて眼もお腹も超丈夫。

呪いも視認し呪霊をお腹の中に入れても全くもって平気。

伏黒父は完全に呪力を捨てることで逆の呪いの耐性を得た。

ただでさえ珍しい天与呪縛の中でも一週回ったさらに珍しい存在。

『天内死亡。五条ら全滅。そして…』

任務を完了した伏黒父は盤星教本部 星の子の家へ報酬を受け取りに行く。

仲介役のスーツ男も一緒。

「ほらよ」と呪霊から理子を吐き出させる伏黒父。

盤星教代表役員の園田茂が理子を確認。

色もつけて報酬を支払うと言う園田。

盤星教は駄目元で伏黒父に暗殺を依頼した。

盤星教の始まりは奈良時代。

天元様が日本仏教の広がりと共に術師に対する道徳基盤を説いたのが初まり。

呪術界と宗教法人の相性は最悪。

その歪から生まれたのが現在の盤星教魂と器の会。

盤星教は非術師の立場に徹している。

様々な越権が許されている術師も原則、非術師に手を出すことができないため。

しかし経典に示された禁忌がきてしまった。

絶対的一神教へ成り果てた盤星教、その対象である天元様と星漿体(けがれ)の同化。

それを見過ごせば会が立ち行かなくなる。

しかし行動が過ぎれば術師に潰されることになる。

「もうヤケクソだったのだよ我々は」

「もし天元が暴走すれば立ち行かなくなるのは人間社会かもしれねぇぜ?」と言うスーツ男。

「星と共に堕ちるのならば已む無し」と言って理子の遺体を運んでいく園田。

黒井さんを誘拐したのはスーツ男に協力を要請された盤星教だった。

伏黒父は黒井さんを殺せと命令していた。

しかしそれをしなかったスーツ男。

スーツ男は伏黒父のプランを理解しメイド救出失敗の緊張より成功の緩みの方が削りがデカイと判断したらしい。

黒井さんを沖縄に運んだのは盤星教会長の私物のプライベートジェット。

伏黒父はスーツ男に接待に使ってる店に連れていけと言う。

しかし断るスーツ男。

「オマエと関わるのはな、仕事か地獄だけって決めてんだよ」

スーツ男にフラてとぼとぼと帰る伏黒父。

が、その途中である人物と遭遇。

それは復活した五条だった。

「よぉ、久しぶり」

驚愕する伏黒父。

「…マジか」

「大マジ、元気ピンピンだよ」

五条は伏黒父に喉を刺された時に反撃を諦めた。

「反転術式か!!」

「正っ解っ!!」

全神経を反転術式に注ぎ込み成功させ生還した。

「呪力は負の力。肉体の強化の強化はできても再生することはできない。だから負の力同士を掛け合わせて正の力を生む。それが反転術式」

そう説明するハイになっている五条。

五条は理屈は分かっていたがこれまで成功させることはできていなかった。

五条の周りで唯一 反転術式ができる硝子に聞いても「ひゃーっとやってひょいだよ。ひゃーひょいっ。分かんない?センスねぇ~」と感覚的なことしか教えてくれなかった。

しかし死の間際で五条は呪力の核心を掴んだ。

伏黒父の敗因は五条の頸を撥ね確実にトドメを刺さなかったこと。

首を刺す時に呪具を使わなかったこと。

伏黒父は再び天逆鉾を取り出し構える。

「勝負はこれからだろ」

両手を広げ天を仰ぎアヘ顔を晒す完全にヤバイ奴と化した五条。

「あ─?そうか?そうだな。そーかもなあ!!」

顔面崩壊するほどの超スピードで五条に攻撃を仕掛ける伏黒父。

覚醒した五条は最小限の動作で伏黒父の攻撃を躱す。

空中で逆さま状態いなる五条。

五条の反転術式の利用法について解説が入る。

『反転術式によって生まれた正の力。その力を自らに刻まれた無下限の術式に流し込む』

五条は手をクイッとさせ『術式反転・赫』を発動させる。

伏黒父をとんでもない衝撃が襲う。

猛烈な勢いでぶっ飛ばされ建物の壁を破壊、突き抜け屋内の壁に激突し倒れる。

かなりの衝撃があったはずだが頭から少し血を流す程度の伏黒父。

武器庫呪霊も天逆鉾もしっかり掴んでいる。

「ハッ、化物が」

逆さまの状態で浮遊しながらアヘ顔ヘブン状態の五条。

『目覚める!!』

呪術廻戦についての関連記事