約束のネバーランド ネタバレ 最新話148話 ノーマンの切り札判明!ついにエマ&レイがノーマンを止めるため城へ突入!

2019年9月2日発売の週間少年ジャンプ連載中の『約束のネバーランド(約ネバ、ネバラン)』最新話第148話「今行くよ」のネタバレあらすじです。

約束のネバーランド ネタバレあらすじ 最新話148話「今行くよ」

『渦巻く絶望の怨嗟、加速する謀略─』

ギーランがレグラヴァリアに迫る

レグラヴァリアを守る貴族鬼。

シスロがノーマンに残りの鬼が2匹だと通信で伝える。

ノーマンの計算通りに計画が進行していることに(素晴らしい…!!)と高揚するヴィンセント。

「よし動け」と命令を出すノーマン。

しかしまだ手を出してはいけないと言う。

鬼の王族は他とは別格。

最初から強い個体、その上で良い肉を狩ることができるため更に強く知能の高くなる。

その相乗効果により長年王として君臨してこれた。

王とギーラン軍、どちらかが消耗し生き残った鬼をノーマン達が殺す。

一方、エマ達は鬼の服を着て王都に侵入していた。

『親友のもとへ─』

ノーマン計画実行より前。

盛り上がる王都の中を鬼の格好で進むエマとレイ。

レイはノーマンはすでに城の中にいるだろうと予想。

ノーマンが貴族鬼を殺し尽くす前に説得し攻撃をやめさせるため先を急ぐエマ。

しかしここでノーマンの計画が始まってしまう。

広場が爆破され鬼市民が巻き込まれる。

泣いている子鬼。

二人と合流するドン、ギルダ。

ハヤト、ソンジュ、ムジカ、犬鬼も一緒。

ソンジュとムジカを発見し大喜びのレイ。

エマは悲しそうな表情でムジカに抱きつく。

ムジカは鬼のためにありがとうとエマに言う。

エマはムジカに絶対にノーマンを止めると約束。

エマが約束を結び直したことを聞き大喜びするドンとギルダ。

オリバー達について訊くドン。

2日前の朝。

オリバー達が王都を見降ろせる場所まで到着。

鬼の大群が王都から離れて行くところを目撃する。

鬼達が向かおうとしているのはノーマン達のアジト。

そのためオリバー達はアジトに戻ることになった。

レイはノーマンが作らせたある毒のレシピメモをドンとギルダに見せる。

ノーマンはその毒を使い王都の鬼を絶滅させるつもり。

もしエマとレイが間に合わなかった場合、被害を最小限に抑えるための任務はドンとギルダ、ソンジュとムジカに任される。

ソンジュはエマに鬼から奪った発振器を手渡す。

城に入って助けが必要になったら使えと。

城へ向かうエマに何かを言うギルダ。

エマはショタノーマンが糸電話を持っている時のことを思い出す。

「今行くよ。ノーマン!!」

『今度こそ、三人で』