ゴールデンカムイ ネタバレ 最新話210話 鶴見中尉の正体に気付いたか鯉登!?月島の本性もかなりヤバイ…ついにアシリパさんが鶴見中尉と邂逅!

2019年8月29日発売号週間ヤングジャンプ掲載の『ゴールデンカムイ』最新話第210話「甘い嘘」のネタバレあらすじです。
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

ゴールデンカムイ ネタバレ最新話210話「甘い嘘」 あらすじ

扉絵は鶴見中尉と月島のツーショット写真に自分の顔を貼り付けたコラ写真を見つめる鯉登。

しかし鯉登の顔が剥がれている。

『剥がれ落ちたのは敬愛?』

大泊。

写真を見つめる鯉登。

月島から鶴見中尉が明日到着すると報告を受ける。

浮かない顔をしている鯉登を心配する月島。

鯉登は月島に尋ねる。

亜港の病院で尾形が逃げる直前に自分に言った「ボンボンが」というロシア語。

そして前は描かれていなかった「今度鶴見中尉に会った羅さん『満鉄』のことを聞いてみろ」と言う尾形の描写がされる。

「…」と表情の変わる月島。

満鉄とは南満州鉄道株式会社のこと。

日本が日露戦争後のポーツマス条約によってロシアから得た満州の鉄道権益。

その本質は日本の東北アジアへの領土拡大。

しかしこの計画がうまく行かないと激しく抵抗していた者がいた。

それは第七師団長、花沢幸次郎中将。

花沢は鯉登のモス父と親しい友人。

花沢は自刃。

それを契機に満鉄計画は突き進んでいった。

鶴見は日露戦争から帰還した後に「戦友たちは今も満州の冷たい土の下。満州が日本である限り彼らの骨は日本で眠っているのだ」と言っていた。

月島の顔が怖くなる。

そして花沢閣下の死が鶴見中尉殿が関わっているのではないか?と本質を突く鯉登。

尾形が父を自刃に追い込んだ中央に不満を持ち鶴見中尉の改変計画に加担していた。

どこかで真相を知って謀叛を起こしたのではないかと。

それを尾形がなぜ私に伝えたのか…。

それを聞いて尾形は敵を混乱させるためなら何だって言いますよと言う月島。

どうして今さら尾形の言う事を真に受けるんですか?と月島。

「バルチョーナク」

鯉登が函館で拉致監禁された時に実行犯の中に尾形がいたはずだと鯉登は言い放つ。

アシリパさん&杉元サイド。

鶴見中尉に会ったことがないアシリパさんはどんな男なんだろうと不安。

鶴見中尉が来た杉元はどうするのかと訊くアシリパさん。

北海道に残り刺青人皮を集めるのか?かと。

さらに鶴見中尉たちが金塊を見つけたらどうなるのかも訊く。

少なくともアシリパさんを追う者はいなくなると返す杉元。

「ちがう…アイヌはどうなる?」

杉元の意味深な顔。

月島はあれはロシア人だったと言い訳をする。

死体をあなたも確認したでしょうと。

鯉登はついに月島もあの中にいたのではないかと核心に迫る。

鯉登に落ち着くよう言う月島。

しかし鯉登は止まらない。

「私たち親子に芝居を打ったんだな?」

鯉登親子を利用しマッチポンプを画策しモス父の水雷団をコマとして利用するつもりだったのだと。

尾形が満鉄計画のことを口にしたのは自分達親子も花沢閣下と尾形親子のようにコマとして鶴見中尉に利用されていることを知らしめたかったのだろうと口調が荒くなる鯉登。

鶴見中尉という言葉から殿が消える。

馬鹿げた被害妄想だと言う月島。

月島では話ならないためモス父の前で直接鶴見中尉に聞くと月島から離れようとする。

次の瞬間、月島の本性がボロンッ。

めちゃくちゃ闇の表情で「あなたたちは救われたじゃないですか」と言う。

なに?と鯉登は迫真の顔。

尾形が満鉄と花沢閣下のことまで知っていたのは月島にとって予想外だった。

尾形は鶴見中尉を中央に差し出すと思っていた月島。

尾形は父親も殺せて満足だったはずだと言う月島。

月島は鯉登動揺、芝居にはめられた。

尾形は佐渡の人間。

新潟の第二師団の人間があんなところの野戦病院にいるはずがない。

第二師団はあの時、包囲していた奉天市街の反対側にいた。

そこは月島のいる第七師団から60キロも離れた山岳地帯。

9年越しに傷をほじくり返して私を救うのにどれだけ労力を費やしたが訴えてくる。

彼のためなら命を投げ出し汚れ仕事も進んでやる兵隊を作るために。

しかしそれでも良いと思っている月島。

利用されて憤るほど自分の人生に元々価値などないと。

金塊を資金源に北海道の豊富な資源を活用して軍需産業を育成。

政変を起こして軍事政権の樹立。

第七師団の地位向上。

その先にあるのは戦友が眠る満州を日本の領土にすること。

それが鶴見中尉の本当の目的かは月島にもわからない。

「彼は甘い嘘で救いを与えるのがお得意ですので」

しかし鶴見中尉が行こうとしている場所の途中に政権転覆、満州進出が必要不可欠なら彼に付き従う者も救われるはず。

だから何の文句もないはずだと言う月島。

なぜだ月島と問う鯉登。

とんでもないことを成し遂げるのはああいう人。

「私は鶴見劇場をかぶりつきで視たいんですよ。最後まで」

素の表情で言う月島。

今聞いたことは胸にしまっておいた方が懸命。

いざとなれば鶴見中尉は鯉登でも平気で消す。

「その汚れ仕事をするのは私です」

ハァハァと息が激しくなる鯉登。

「鶴見中尉スゴ~イ!!」

と地面に膝をついて上体逸らしで荒ぶる。

最初から仕込みで誘拐劇までしてそんなに私を必要としてくれていたなんてと狂喜乱舞。

地面に転がりバタバタし始める。

「あああ早く会いたいッ。早く鶴見中尉殿に会いたいッ」

無言に鯉登を見つめる月島。

そして鶴見中尉が大泊の港に到着。

後ろには宇佐美、菊田の姿。

『もうすぐ…会えるね』

次号、アシリパに…。