キングダム ネタバレ 612話 困った時の最強ホウケンワープ発動!信VSホウケン、倉央に死亡フラグ!!


2019年8月29日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『キングダム』最新話第612話「答えを持つ者」についてのネタバレあらすじです。
早売りバレ、画像バレの掲載はありませんがコミック派の方はネタバレ注意。

キングダム 最新話第612話「答えを持つ者」 ネタバレあらすじ

扉絵は二刀流で構えるカイネ。

『祖国ヲ守ル戦イ─主ト共ニ立チハダカル』

秦VS趙中央軍。

倉央軍の糸凌がカイネ隊を奇襲する。

ものすごい勢いで敵を屠り李牧に向かってくる糸凌。

カイネは李牧を救うため糸凌軍へ攻撃を仕掛けようとする。

しかし糸凌軍の秦軍スピードは尋常ではなく李牧軍まであと一歩のところまで迫る。

が、ここでホウケン登場。

糸凌軍のモブ3人を一気に両断する。

ホウケンの登場に度肝を抜かれるカイネと糸凌。

現れた者が三大天のホウケンだと確認した糸凌は討伐へ向かう。

ホウケンの顔の傷がズキンズキンと痛みを走らせる。

顔面にバキバキと血管を浮かび上がらせいきなり「ウオオオオオ」とものすごい雄叫びをあげるホウケン。

その声の圧で周りの馬もひっくり返っている。

趙軍兵に李牧はどこだと訊くホウケン。

ここでカイネ隊が糸凌隊に攻撃。

ホウケンの登場とカイネ隊の奇襲で糸凌は一旦退くことに。

李牧に会うホウケン。

ホウケンは顔面の痛みで苦しそうにしている。

「答えをもらいに来た」と李牧に言うホウケン。

李牧とホウケンは20年前に初めて会った時にある約束をしていた。

「その約束を果たす日が今日です」

趙軍は今日一日で決着をつけギョウに向かう必要がある。

秦軍も兵糧が尽きたため今日決着をつける必要がある。

両軍の戦いなど関係ないと言うホウケン。

しかし李牧はあなたが戦場で王騎に出会ったのですから関係は大いにありますと言う。

李牧はホウケンに答えを導く人物だったはず。

しかし今、ホウケンの求める答えを持っているのは李牧ではない。

それが誰であるかあなた自身も気付いているはずですと言う李牧。

信が戦うカットが入る。

金毛軍VS秦右翼(飛信隊&亜光軍)。

金毛軍を抜くことができない秦右翼。

金毛軍には李牧直下兵も配属されていた。

ケイシャの仇を取りたい兵の士気もかなり高い。

金毛は高月と多月にへばっている信の首を取るよう命令を出す。

予想外の金毛軍の抵抗に焦りを感じているカリョウテン。

その戦いを遠くから観察している倉央とアカキン。

戦力が足りていないと言う倉央。

アカキンも同じ意見。

倉央はバナンジ軍を儂が止めるからアカキンは飛信隊の援軍に行けと言う。

バナンジ軍は強敵だが飛信隊が金毛軍を抜き李牧に挟撃を加えなければこの戦いに勝つことはできない。

倉央の決意を確認し「帰ったら倅になかなか立派な父であったと伝えてやる」と皮肉を言うアカキン。

勝手に殺すなとつっこむ倉央。

さらに倉央に息子はいなく5人の子供は全て娘。

アカキン出陣。

アカキン率いる亜光兵の援軍に「くっ」と苦い顔になる金毛。

次号、金毛軍とせめぎ合う飛信隊は…!?