約束のネバーランド ネタバレ 最新話147話 ギーランの悲惨な過去判明!ノーマンの鬼同士討ち作戦成功なるか!?

2019年8月26日発売の週間少年ジャンプ連載中の『約束のネバーランド(約ネバ、ネバラン)』最新話第147話「積怨」のネタバレあらすじです。

約束のネバーランド ネタバレあらすじ 最新話147話「積怨」

『700年の呪いは絶望となって─』

ギーランの策が炸裂。

ブチギレするバイヨンの息子。

『身を焦がす怒り。怨嗟の叫─』

700年前。

レグラヴァリアに下級農園の生産について報告しているギーラン。

生産数は落ち各地で飢えが絶えずこのままでは民が滅びてしまう。

民を救うため国庫を開いて貴族たちの備蓄を解放致しましょうと進言するギーラン。

その言葉にざわつく貴族鬼たち。

我らの人肉は下々の食うそれとは違うのだぞと拒否反応をしめすノウム。

一部のみならと肯定的なバイヨン。

だめだだめだとプポ。

及び腰な鬼達をこのままでは国が亡びると叱責するギーラン。

「我らのため統治のためにも貴族が身を削り救うべきなのだ!!」

激昂するギーランに落ち着けと言うイヴェルク。

問題は増えすぎた民に農園の生産数が追いついていないこと。

人間と手を合わせ農園の在り方も見直されている最中。

そのためまずは結果を見てみようとギーランをおさめるイヴェルク。

解散。

自失で「何故この危機が解らぬのだ」とブチギレるギーラン。

ギーラン家の家臣、ドッザ将軍はギーランのことをご立派ですと言う。

これほど民に慕われてる領主は他にいないと。

ギーラン様を一生お支え申しますと忠誠心の強い様を見せるドッザ将軍。

ギーランはドッザ将軍を信用して頼み事をする。

それは領下の行商から聞いた噂について調査してほしいというもの。

邪血?

ギーランが捕縛される。

謀叛の疑いで一族野良落ちの刑を言い渡される。

ギーランはドッザ将軍に裏切られ無実の罪を被せられてしまった。

「領主が善人(バカ)で良かったよ」とゲス発言をするドッザ将軍。

ドッザ将軍は身分に関係なく働きで評価してくれるギーランに見出された恩があるがクズ鬼だった模様。

牢に入れられるギーラン。

そこへイヴェルク。

イヴェルクはギーランが無実だと知っていると話す。

が、「邪魔なのだ。君のその義が正しさが。君の忠義には感謝する。だが邪魔なのだ」とこちらもクズ発言。

レグラヴァリアも増えすぎた民が死ねば与える人肉も増える、何が問題なのだ?と言うタイプの鬼。

陛下だけではなく全ての鬼は腐っているのだよと言うイヴェルク。

こうしてギーランの家族は殺されてしまった。

現在。

バイヨンの息子、ノウムの娘をガリガリと喰らうギーラン。

どこへドッザ将軍。

「あのヒョロ甘ギーラン様がやるじぇねえの」

貴族鬼たちはただ贅沢していただけだが自分は武を研鑽してきたと自信満々で挑みかかるドッザ将軍。

しかし瞬殺。

「頭が高ェよ。てめぇ、まずごめんなさいだろ、ドッザ」

その様子の天井裏から監視しているシスロとバーバラ。

「あと2匹」とノーマンに通信で報告する。

「よし、動け」と命令を出すノーマン。

『死と憎しみの舞踏、最終幕へ』