呪術廻戦(じゅじゅつかいせん) ネタバレ 最新話71話 最強・五条悟VSクズ父伏黒!チート武器装備のフィジカルゴリラに五条が敗北だと!?

2019年8月19日発売号週間少年ジャンプ掲載の『呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)』最新話第71話「懐玉・漆」のネタバレあらすじです。

呪術廻戦 ネタバレあらすじ 最新話第71話「懐玉・漆」

『五条悟、その幼き頃』

五条家に生まれた六眼持ちのガキであるショタ五条悟を見に行っていた伏黒父。

伏黒父はこっそりショタ五条の背後から観察しようとする。

しかしショタ五条に気付かれ全てを見透かすような眼で見つめられる。

伏黒父が背後を取って気取られたのはショタ五条が初めてだった。

五条を背後から刺す伏黒父。

過去の経験があったため五条を削り鈍るまで策を巡らせていた。

五条が術式で伏黒父を空中に吹っ飛ばす。

そこへ夏油がワーム呪霊を召喚し追撃。

五条を心配して駆け寄る夏油。

しかし五条は無傷。

術式は間に合わなかったが内蔵を避け呪力で強化し刃をとこにも引かせなかった五条。

五条は理子を優先、夏油と黒井さんに理子を天元様の下へ届けるのを任せる。

五条は伏黒父とタイマンへ。

夏油のワーム呪霊を内部から刀で切り裂き出てくる伏黒父。

伏黒父の体には0巻で夏油が持っていた呪霊が巻かれている。

伏黒父の刀と呪霊について得体が知れないと感じる五条。

伏黒父は五条を油断させるために理子の懸賞金を自ら取り下げていた。

「オマエみたいに隙のない奴には緩急つけて偽のゴールをいくつか作ってやるんだ」

懸賞金の時間制限が無ければ五条は最後まで術式は解かなかっただろうと言う伏黒父。

「あっそ」と五条はスルーして術式で伏黒父を攻撃。

鳥居ごと吹き飛ばす。

しかし伏黒父の身体能力はゴリラ。

五条の評価でも速い。

そして呪力が全くない天与呪縛のフィジカルギフテッド。

五条でも動きが全く読めない。

伏黒父はマフラー呪霊の口からもう一本刀を取り出す。

猛烈なスピードで空間を駆け巡り五条に接近していく伏黒父。

しかし五条は接近される前に術式でフッ飛ばす。

が、吹き飛ばした先に伏黒父の姿はない。

呪力がないため伏黒父本体を察知することはできない。

そこで五条は呪霊の呪力を感知し居場所を探る。

伏黒父はとんでもないスピードで辺りを移動している。

五条は『術式順転 出力最大 蒼』で周囲を一気に吹き飛ばす。

一瞬で周りを更地にし遮蔽物を消し飛ばし奇襲対策をした。

伏黒父は大量の蠅頭呪霊を五条に向かって飛ばしてくる。

呪力感知対策、視界遮蔽を同時にこなした伏黒父。

もう一度 蒼を放つか、あいつの狙いは理子かと考えてしまい隙を生んでしまった五条。

伏黒父は一気に五条の背後を取る。

五条はショタ時代と同じように伏黒父の存在を気取る。

が、伏黒父の狙いは五条が術式頼りの戦術を取ることだった。

伏黒父は特級呪具の天逆鉾で五条の喉元をブッ刺す。

天逆鉾の効果は発動中の呪式を強制的に解除するというもの。

『最強、散る』

呪術廻戦についての関連記事