源君物語 ネタバレ 最新話355話 光海の舐め技に香子さんが…そして禁断の挿入へ!


2019年8月8日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『源君物語』最新話第355話「ふわふわトロトロ」についてのネタバレ感想まとめです。
早売りバレ、画像バレの掲載はありませんがコミック派の方はネタバレ注意。

源君物語 最新話第355話「ふわふわトロトロ」 ネタバレあらすじ

『君たちはどう舐めるか』

香子さんと69で舐められ舐めまくるの応酬に酔いしれる光海。

(やっ…やめ…なきゃ)と自制心を保とうとするが光海の舌は止まらない。

(くそっくそっくそっ。やめたくねえええええええ)

香子さんの尻に顔を埋める光海。

(ああ…ふわふわトロトロだ)

興奮して理性が崩壊し始めている光海はなぜ叔母さんとしてはダメなんだと哲学。

「こら…光海」と香子さん。

「気持ちよくなってしまっただろうが」

赤面して照れている香子さん。

その姿を見て感激する光海。

香子さんは場所を変えようと言う。

「君がまだ知らない快感を与えよう」

香子さんの指にはコンドームとローション。

お風呂場に移動する二人。

四つん這いにされ「これは褒美だ」と言われ穴に指を入れられる光海。

「遠慮なく鳥のように鳴け」

あああああ、と絶叫する光海。

『ひぎぃ!!』

次号、あああっ…アッ─…。