約束のネバーランド ネタバレ 最新話146話 ノーマン&ラムダ死亡確定の模様/ノーマン軍VS鬼軍がついに開戦

2019年8月5日発売の週間少年ジャンプ連載中の『約束のネバーランド(約ネバ、ネバラン)』最新話第146話「それぞれの」のネタバレあらすじです。

約束のネバーランド ネタバレあらすじ 最新話146話「それぞれの」

『友の為、未来の為─』

ノーマンを止めるために王都へ向かうエマ、ギルダ達。

レイ達の絶対目標は王・貴族を殺し尽くされる前にノーマンを止めること。

大虐殺を止めるにも王・貴族を生かして和平交渉をする必要がある。

王都までは普通に行けば5日かかる。

危険を承知で近道を急げば3日で到着する予定。

しかし鬼の祭典まではあと2日半しかない。

しかもエマとレイは戻ってきたばかりで体力に心配がある。

そこへ馬に乗って登場するジリアンら仲間達。

ジリアンは仲間に危害を加える鬼は全て殺すが友達を助けたいエマを助けたいと言う。

レイのドヤ顔。

馬で王都へ向かうエマ達。

シスロが物見から送られてきた伝令を梟から受け取る。

鬼達は全て予定通りに行動している。

ヴィンセントは例のアレを持参してきている。

シスロ達は改めてノーマンにお礼を言う。

ノーマンが急いでいたのはもう生の時間があまり残されていないシスロ達に新しい世界を見せようとしていたからだった。

ボス達が未来を手にすることが何よりの願いだと言うシスロ達。

そんなシスロ達に誰一人戦死は許さない、僕達で新しい世界をつくり全員でそれを見るんだと言うノーマン。

「今こそ1000年の苦しみを終わらせるぞ!!」

一人で星空を眺めエマ、レイのことを思い出すノーマン。

次の瞬間、激しい頭痛に襲われ吐血。

「ごめんね」

そして儀祭当日。

王都が祭の雰囲気に包まれる。

ノーマン達が作戦実行。

「始めよう」

橋が爆破。

『決戦、開幕』

約束のネバーランド番外編『大丈夫だった、夏だから』

読めない文字の鬼からごうほうびをねだられるエマ。

レウちゃんソフトを頼まれる。

レウウィスの形をしたアイスクリーム。

海の家でアイスを買うエマ。

レイにごほうびは何だったのか訊かれるエマだが何も言えず。

子供達が海水浴を楽しんでいる頃、読めない文字の鬼はアイスを前にご満悦。