キングダム ネタバレ 609話 オウホンVSギョウウン再び!が、ただお喋りして終わる引き伸ばし展開キターwww


2019年8月1日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『キングダム』最新話第609話「中華のうねり」についてのネタバレあらすじです。
早売りバレ、画像バレの掲載はありませんがコミック派の方はネタバレ注意。

キングダム 最新話第609話「中華のうねり」 ネタバレあらすじ

『朱海平原十五日目。オウホンが戦場に戻った玉鳳隊は、ギョウウン軍に真向から立ち向かう』

ギョウウン軍と乱戦状態になる玉鳳隊。

関常は自分達に十槍を任せ番陽達は先に進むよう指示する。

関常は十槍の一人に槍で腹を刺される。

関常を心配する番陽だったが「行けェっ」と言われギョウウンの下へ駆ける。

しかしそれをさせない十槍。

一番槍の田豊が皆殺しにしてやるとドヤ顔。

番陽達がフラフラで先に進もうとしているオウホンを発見。

オウホンに戻るよう言う番陽達だが無視して行ってしまう。

オウホンは戦場には出て来ているが万全の状態ではなく胸からはドググという効果音が鳴り続けている。

馬に乗ってるのがやっとの状態。

関常がオウホンを守るよう部下達に命令を出す。

オウホンとギョウウンが対峙。

「来たか、オウホン」

『趙軍の左の壁を打ち破るべく今、再び因縁の戦いへと臨む』

飛信隊サイド。

ギョウウンの本陣の近くに玉鳳隊の旗が立っているのを発見する渕さん。

キョウカイはオウホンはまだ起きあげれないと言っていたらしい。

ギョウウン本陣まで攻め込むオウホンの胆力に(やっぱとんでもねェバカだなお前も)と心の中で言う信。

オウホンに感化されたのか信も「ルアア」と矛を振るう。

「行くぞ飛信隊。ギョウウンは俺達が討つ!」

乱戦状態だがなぜかギョウウンとオウホンの周りには兵がなく、外の兵達も見てるだけ。

いつもの一騎討ちスタイル空間。

オウホン、ギョウウンは共に部下に手を出すなと言う。

ギョウウンはオウホンに話したいことがあった。

「中華について考えたことがあるか」

睨み合う二人。

藺相如の時代の話をし始めるギョウウン。

あの時代の武は不自然な程 突出していた。

それを藺相如は中華のうねりと解いた。

周りのモブもギョウウンの話を聞いている。

そして今は李牧の時代。

ギョウウンは二つの時代を見てきた武将。

二つの時代の決定的な違いが何か分かるか?とオウホンに質問するギョウウン。

「王か」

その通りだとギョウウンが返す。

政のことを特異な王だと言うギョウウン。

「中華のうねりは今 極限に向かっているのだ。一度応えを出せと。一つになるのか、そうでないのかの応えだ」

長々と話していたため飛信隊が接近してくる。

先ほどまでお喋りしていたギョウウンだがいきなり「屠るぞオウホン」と戦闘モードに入る。

「俺はただ敵を貫いて前へ進むだけだ」とオウホンも臨戦態勢。

ギョウウンは隻腕になったがオウホンもまた満身創痍。

(出陣の時から心臓が止まりかけている…)

ギョウウンとオウホンがぶつかる。

それを遠くから確認し「オウホン!」と叫ぶ信。

『満身創痍の身体に鞭を打ち挑むオウホン。決意の槍は、元三大天の武を貫くか─』

次号、巻頭カラー。

ギョウウンに挑むオウホンは…!?