ヒロアカ 最新237話 ネタバレ 死柄木の残りの手の持ち主&名前の由来が判明/覚醒した死柄木VSギガントマキアのガチバトルが

2019年7月29日発売号週間少年ジャンプ掲載の『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話第237話「死柄木弔 オリジン」のネタバレあらすじです。

ヒロアカ ネタバレあらすじ 第237話「死柄木弔 オリジン」

『家族を手にかけた後…』

家族を暴走した崩壊の力で皆殺しにした転弧。

転弧は逃げるようにその場から離れる。

まだ幼い転弧が一人ボロボロの状態で街中を歩いているが周りの人達は見て見ぬふり。

唯一 声をかけてきたおばあちゃんも転弧の恐ろしい形相を見て誰かがすぐ来てくれるからとだけ言って去って行ってしまった。

あの時 誰かが手を差し伸べてくれていればこの痒みは治まっていただろうかと回想する死柄木。

転弧に唯一 手を差し伸べてくれたのがオールフォーワンだった。

転弧を保護するオールフォーワン。

転弧の中で暴れる破壊衝動が溢れ出てそれが痒みになると教えられる転弧。

我慢なんかしなくていい、それは決して駄目な事じゃないと諭される転弧。

転弧が一人で道を歩ていたところDQN二人にいきなり絡まれて殴られる。

個性を使おうとするが止める転弧。

破壊衝動を抑えたため家に帰った後 激しい痒みに襲われる。

オールフォーワンの前で床を転げまわる。

「君が苦しむだけだ。縛られるな。恐れるな。君の中にあるモノが何より大切なんだよ。君はどうしたい?」

転弧はDQN2人を殺したいと言う。

そして家族のことを思い出すと嫌な気持ちが溢れてくる。

それを忘れないよう手を身につけるよう言うオールフォーワン。

転弧は手を装着し雨の降る外を歩く。

転弧はDQN2人を殺しに行く。

オールフォーワンとドクターに見守られる中DQN2人を殺害する転弧。

しかし転弧は無意識化で個性をセーブしている。

「僕が全てを肯定してあげよう!破壊を貪る恐怖の象徴!彼は今その大いなる一歩を踏み出したんだ!」

ニヤニヤするオールフォーワン。

死柄木が身につけている手の詳細が判明。

首が母親、腕が祖父、足が祖母、手首が華ちゃん。

そしてオールフォーワンから殺したDQN2人の手を新たにプレゼントされる。

転弧は家族の手に対し不快感を感じているが逆に心の平穏も感じてる。

(何をしても許される気がする)

4つと新たに渡された手を全て身体に装着する転弧。

死柄木弔誕生。

『No.237 死柄木弔 オリジン』

死柄木弔の名前の由来が判明。

弔は弔いから。

転弧は弔いを招く存在へと生まれ変わったことを意味する。

死柄木はオールフォーワンの苗字。

ヴィラン連合VS異能解放軍。

全てを思い出した死柄木。

お父さんを殺したくて殺した。

お母さん達が崩れていくのを見て心が軽くなった。

(あれは悲劇なんかじゃない)

ギガントマキアはまだ本気を出していなかった。

ここにきて全開モードのギガントマキア。

ギガントマキアが死柄木目掛けて突撃。

コンプレスの仮面が割れる。

荼毘に早く決着をつけるよう叫ぶコンプレス。

しかし荼毘もスピナーも苦戦している。

そんな中、死柄木は手を破壊する。

「こんなものも全て要らない」

記憶を取り戻した死柄木も悪意を解放し全開モード。

『父の手を壊し……真の悪意が目覚める』

僕のヒーローアカデミアについての関連記事