ダイヤのエース act2 ネタバレ最新話176話 友部の限界も近い!?無双状態の天久の新球が轟雷市に襲い掛かる!!!

2019年7月24日発売号週間少年マガジン掲載の『ダイヤのA act2』最新話第176話「第2ラウンド」のネタバレあらすじです。週間少年マガジンのネタバレ。
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

ダイヤのA act2 最新話第176話「第2ラウンド」 ネタバレあらすじ

『天才・天久を前に、この1点はあまりにも重い』

2回裏、市大三高の攻撃。

友部は打たれランナーに二塁まで進塁されてしまう。

が、友部は何とか踏ん張りこの回を無失点で乗り切る。

友部の投球は下位打線には通用している。

しかし友部はすぐに市大三高の攻撃を抑えきれなくなると予想している轟監督。

そのため早めの準備をしている真田。

次の失点が命取りになるかもしれんと危惧する轟監督。

青道高校。

市大三高が先制したことを知る青道メンバー達。

轟が天久の投球をライトフェンスに直撃させたことを知り「やば…」と話している。

この試合の鍵は轟が天久の球を打てるかどうかだと推測する青道メンバー達。

話を聞いた沢村は天久からのラインで見た新球の文面を思い出す。

「気になる?」と御幸に声をかけられる沢村。

「どっちが上がってきても強敵なのは変わらないっスから」

3回表、薬師高校の攻撃。

天久は増田と秋葉を簡単に抑えてしまう。

そしてノーアウト走者なしで轟との第2ラウンドを迎える。

轟監督は雷市まで抑えられたら完全に流れをあっちに持っていかれてしまうと息子に大一番を託す。

天久はランナーがいないのならとここで新球を使おうと決める。

天久の初球をストレートだと思い振りにいく轟。

しかし球はスライダー方向に曲がり空振りになる。

見たことない球に衝撃を受ける轟。

2球目はアウトコースのストレートにバットを当てるもファウルボール。

球速は151㎞。

続いて3球目。

ここで再び天久は新球を投げ込む。

轟は初球と同じ球で来ると読んでいた。

しかし(やばい…来る)とビビっている轟。

(きっちり死んでくれ)と天久は力いっぱいに新球を投げ込む。

思いっきり振りに行く轟。

しかし初球同様 球を捉えられず空振り三振に終わる。

『雷市の野生が震え慄く。新球の正体とは─!』