約束のネバーランド ネタバレ 最新話143話 エマに要求された『ごぼうび』の内容とは!?おのれハヤト裏切ったな!!ソンジュ無双開始か?

2019年7月22日発売の週間少年ジャンプ連載中の『約束のネバーランド(約ネバ、ネバラン)』最新話第143話「抹殺」のネタバレあらすじです。

約束のネバーランド ネタバレあらすじ 最新話143話「抹殺」

センターカラーは水面に映るエマ。

『知りたい、君から見える世界─』

『ついに結ばれる新たな約束。その代償は─』

約束について切り出すエマ。

エマは鬼からごぼうびを要求される。

その内容を聞いて「え」と衝撃を受ける。

何かは不明。

あれから3日、ソンジュとムジカを捜索するドン達。

ソンジュ達の足跡をたよりに探す。

アイシェが人語を話せることはハヤトには秘密にしている。

再びソンジュ達の足跡を発見するドン達。

足跡は昨日の夜についたもの。

匂いもまだ残っているため追うことができる。

喜ぶドン、ギルダの背後で邪悪な表情を浮かべているハヤト。

(邪血見つけた。見つけましたよボス…)

出発前。

ハヤトはビンセントから発振器を手渡されていた。

邪血を見つけたらそれでジン達と連絡するよう言われていたハヤト。

ドン達に気づかれないように発振器のボタンを定期的に押すハヤト。

ジン達が邪血を包囲するため移動を開始する。

ハヤトは食用児の未来のため邪血を殺す覚悟。

ソンジュとムジカに辿り着いたドン達。

ギルダは泣きながらムジカに抱きつく。

ムジカも再会を喜ぶ。

ハヤトは邪血を目で捉えたら3度 発振器のボタンを押すように言われていた。

それを実行するハヤト。

アイシェが鬼の言葉で何かを叫ぶ。

ジン達に包囲されるドン達。

ジンは「邪血の鬼は俺達が始末します」とドンとギルダに言う。

が、ジンの背後に一瞬で回っていたソンジュ。

その動きにこの場の誰もがついていけていなかった。

「始末する?誰が?誰を?」

笑うソンジュ。

『ソンジュVSラムダ!?計略、波乱呼び─』