約束のネバーランド ネタバレ 最新話142話 1000年前の約束の真実が全て判明!エマも約束を結び直しに成功、嫌な予感しかないごほうびは一体何だ!?

2019年7月13日発売の週間少年ジャンプ連載中の『約束のネバーランド(約ネバ、ネバラン)』最新話第142話「1000年前の約束②」のネタバレあらすじです。

約束のネバーランド ネタバレあらすじ 最新話142話「1000年前の約束②」

『惨劇を告げる急報─』

モブがレウウィス大公出現によりラートリー軍本陣が壊滅したという報せを持ち帰って来る。

大将のラートリーも恐らくは…と言うモブ。

それお聞いて探しに行こうとする。

しかしそこへ帰って来るユリウス。

ユリウスは今すぐに聞いて欲しい話があると言う。

『最期の直談判に一同は─』

ユリウスはあらためて一部の人間を差し出し鬼と和平を結ぶ提案を考え直して欲しいと告げる。

一度差し出せば終われるのならこの先 何千万と兵や民を失うより良いと。

「私はもう…犠牲はこりごりなのだ」と顔面を崩壊させるユリウス。

しかし反対されるユリウス。

「これは建設的妥協、必要な代価なんだよ。頼む、みんなこの案をのんでくれ」

頭を下げて頼むユリウス。

「差し出された者達の苦しみは?子子孫孫未来永劫に続くのでしょう?」

女性が言う。

ユリウスを説得する仲間達。

仲間達もユリウスと同じように家族や仲間達を大勢 鬼に喰われている。

「やめろ…!ちがう!!キレイ言にも幻想にもうんざりだ」と頭を抱えるユリウス。

自分は正しいことをしているんだと叫ぶ。

「じゃあ君は何故そんなにも苦しそうなんだユリウス」

ユリウスも民を大事にする優しい人格の持ち主なことは確か。

君が誰よりも望んでいる、人類全ての平和を、妥協なき勝利をと言われるユリウス。

結局ユリウスは仲間達を説得することはできなかった。

ユリウスは残念だよと呟く。

次の瞬間、ユリウスの背後から大量の鬼が。

「ユリウス…お前…裏切ったのか!!」

ユリウスは既に鬼と和平を結んでいた。

そのためユリウスは仲間達を値踏みしていた。

「君達は和平の妨げになる。ゆえに誠に不本意だが君達が最初の食用人類に、和平の礎になってくれ」

マジキチ顔になるユリウス。

捉えられる仲間達。

エマ、レイ、ノーマンに似ている人は祖先だった模様。

エマに似ている人が鬼に連れていかれながらもユリウスに微笑みかける。

そして門の前にいた時間軸に戻る。

約束を結びに来た人間はユリウスだった。

ユリウスは世界を二つに分けてほしいとお願いする。

読めない文字の鬼はごほうびをねだって来る。

鬼のイヴェルクには農園で採取された一番 良いお肉をちょうだいと言う。

ユリウスは自分の命すら捧げる気持ちでいる。

しかしお願いされたのは門番になること。

調停役になり二つの世界の平和を保つ。

どちらの種族にも結んだ約束を破らせないために。

ユリウスは絶望する。

「にげられない。すてたともだちからもうんめいからも。君も平和の礎になるんだよ」

エマのターンに戻る。

約束の承諾をする読めない文字の鬼。

ごほうびのことはミネルヴァの手紙にも書いてあったらしい。

3つのルールについて思い出すエマ。

①読めない文字の鬼との約束は上書きできない。

②読めない文字の鬼との約束は破ることができない。

③ごほうびは絶対に断ってはいけない。

エマは「食用児全員で人間の世界へ行きたい。それを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にして」

読めない文字の鬼はニィッと笑い「その望み叶えてあげる」と言う。

『その代償を、知る由もなく─』