呪術廻戦(じゅじゅつかいせん) ネタバレ 最新話67話 五条&夏油冗談抜きで最強すぎる/星漿体・天内理子ちゃん可愛い/また変態呪詛師が出てきたぞwww/伏黒父正真正銘のクズ

2019年7月8日発売号週間少年ジャンプ掲載の『呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)』最新話第67話「懐玉・参」のネタバレあらすじです。

呪術廻戦 ネタバレあらすじ 最新話第67話「懐玉・参」

扉絵は高専時代の五条と夏油。

『問題児二人。ただし最強』

呪詛師集団『Q』の戦闘員コークン、バイエルと戦闘状態に入った五条と夏油。

夏油が菌類の呪霊でコークンを瞬殺。

呪霊はコークンの下半身を取り込み唇を奪おうとしている。

「チューしよーよ、ねぇチュー」

バイエルは「ごめんて!!マジごめん!!この件から手を引く!!呪詛師もやめる!!もちろん『Q』もだ!!そうだ!!田舎に帰って米を作ろう!!」と必死に命乞い。

夏油つまらなさそうに携帯をいじっている。

『圧倒!!』

夏油に無視されているためキレるコークン。

最高戦力のバイエルさんならとイキる。

バイエルも五条に瞬殺されている。

その写真を携帯でコークンに見せる夏油。

バイエルがのびている前でピースをしている五条の写真。

「…この人ですね」

敬語に即 戻ったコークン。

バイエルはQの最高戦力だった。

そのため組織自体が瓦解。

伏黒父はボートレース場で賭け事をしている。

そこへ仲介役のスーツ男がやってくる。

仕事の進歩状況について訊くスーツ男。

「相手は五条家の坊だぞ。ノコノコ出て行った所でなんもできねーさ。まずはバカ共使って削る」

ボートレースで負ける伏黒父。

「オメェは楽して稼ぐの向いてねぇよ」と言うスーツ男。

伏黒父はスーツ男に「頼むぜ。術師殺し」と言う。

スーツ男は恵は元気かと訊く。

「…誰だっけ」

五条が星漿体をお姫様だっこしている。

医者に診せる?と話している間にいきなり目を覚ます星漿体。

星漿体の名前は天内理子。

五条をいきなりビンタする理子。

「下衆め!!妾を殺したくばまずは気磨から死んでみせよ!!」

荒々しい性格の理子。

夏油は笑みを見せながら理子を落ち着かせようとする。

「嘘じゃ!!嘘つきの顔じゃ!!前髪も変じゃ!!」

五条と夏油は二人で理子の手と足を引っ張り反撃。

おやめ下さい!!と二人を止める理子の世話係の黒井美里。

黒井が乗っている呪霊について訊く理子。

「これは前髪の方の術式です!!」

「その言い方やめてもらえます?」

夏油の能力は呪霊操術。

取り込んだ呪霊を操ることが可能。

「思ってたよりアグレッシブなガキんちょだな。同化でおセンチになってんだろうからどう気を遣うか考えてたのに」

「フンッ!!いかにも下賤な者の考えじゃ。いいか、天元様は妾で、妾は天元様なのだ!!」

同化と死は混合できないもので大きな間違い。

理子の魂は同化後も生き続けるらしい。

理子の話を無視して携帯の待ち受けを変えた話をしている五条と夏油。

井上和香にしたらしい。

五条は理子のあの喋り方では友達もいないじゃろ、とイジる。

快く送り出せるのじゃ、と夏油もイジる。

「学校じゃ普通に喋ってるもん!!」

学校へ登校する理子。

理子の通う学校は廉直女学院 中等部。

五条は高専に理子を預けるべきだと言う。

しかし天元様の命で理子の要望には全て応えるよう言われる。

「チッ、ゆとり極まれりだな」

そう言うな悟、と夏油。

理子は天元様と同化した後は高専最下層で結界の基となる。

そのため一切 家族などの人と関わる事ができなくなる。

同化するまで好きに生きさせる事が私達の任務だと言う夏油。

学校で楽しそうに友達と話している理子のシーン。

理子は幼い時に事故で両親を亡くしている。

その時からずっと黒井が理子の世話をしている。

「それじゃあアナタが家族だ」と言う夏油。

「…はい」

夏油は呪霊で理子の監視を行っている。

冥は呪霊と視覚共有ができる。

夏油はできない。

呪霊の異常を察知する夏油。

「2体 祓われた」

伏黒父が手付金3000万で雇った2人の呪詛師により祓われてしまう。

その一人の呪詛師は頭に紙袋を被っていてかなりヤバめ。

「おいしいよなぁ。術師でもない居場所も割れてる中坊殺して3000万。おいしいなぁ」

もう一人は熟練陶芸師のような見た目のお爺ちゃん。

ノートパソコンで理子の現在の状況、ミッションの内容を開いている伏黒父。

舌ペロ。

『卑劣なる伏黒の策。賞金稼ぎの呪詛師から天内を護れ!!』

呪術廻戦についての関連記事