源君物語 ネタバレ 最新話351話 ひと舐めで昇天の男・光海の反撃開始!!香子さん2時間コースは羨ましい


2019年7月11日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『源君物語』最新話第351話「昇天」についてのネタバレ感想まとめです。
早売りバレ、画像バレの掲載はありませんがコミック派の方はネタバレ注意。

源君物語 最新話第351話「昇天」 ネタバレあらすじ

『白塗りの車、少女…ハッ…!?』

乙女が香子さんの車を発見したことを皆にラインする。

乙女は香子さんと光海がマンションに入っていく所も目撃している。

そのため乙姫に水差しはよくないと言い二人を放っておく。

舌でひと舐めされた瞬間に果てた光海。

そのショックから床に両拳をつき打ちひしがれている。

(嘘…だろ。ひ…ひと舐めで…昇天…)

そんな光海に「この家に来た日から何も変わっていない」と言う香子さん。

その言葉にさらにショックを受ける光海。

(この家に来てから一年と5ヶ月。何もなかったわけじゃないっ!!)

今までの想い出がフラッシュバック。

光海は土下座で香子さんに頼み込む。

「…オ…オレは成長しました。し…証明のチャンスをください」

光海の全力プリケツ土下座に免じて「2時間やろう」と言う香子さん。

気合を入れる光海。

(いつも余裕のこの顔を激しく歪ませてやるっ)

『ヤる気スイッチ、ON!!』

次号、香子さんと2時間コース開始っ!?