キングダム ネタバレ 607話 王翦最大の策、李牧スカウト発動!王翦&李牧の最強すぎるタッグ実現なるか!?


2019年7月11日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『キングダム』最新話第607話「総大将の対話」についてのネタバレあらすじです。
早売りバレ、画像バレの掲載はありませんがコミック派の方はネタバレ注意。

キングダム 最新話第607話「総大将の対話」 ネタバレあらすじ

『李牧軍の戦術を見抜き、逆に起こりを逆手に取った反撃で王翦軍が善戦する…!!!』

一転して王翦軍に押されてまくる李牧軍。

李牧様を越えるということは有り得ないが奴も近い景色を見ているのかと驚愕する雷狛。

「おのれ、王翦」

『秦軍本陣前へ─』

このまま行けば王翦軍は敵の半分近く討てるという計算に。

が、今すぐ乱戦を解くように命令する王翦。

左のデンリミ軍の方へ転進。

「面倒だ。まとめて一気に決着をつける」

王翦の起こした展開は敵も友軍も李牧さえも予想しないものだった。

雷狛軍と戦っていた王翦軍が共伯軍と戦っていたデンリミ軍に強引に合流。

これは場の人間の思考が一瞬 停止する程の大奇襲になった。

一番最初に反応したのは倉央。

倉央は後方待機している自分の本軍をここに呼ぶよう命令する。

倉央の独断により戦場はさらなる混沌へ。

傅抵も現状何が起こっているのか理解不能な状態。

李牧は王翦は博打など打つはずがないと考えている。

(王翦、お前は)

何かに気付いた李牧。

デンリミは王翦の指示待ち。

王翦にとってはこれは混沌ではないと思っているデンリミと倉央。

第三、第四隊に方陣を作らせ右に移動させる王翦。

第六、第八隊を一つに繋げ前の壁に。

龍太の中隊は左の盾の中心に入る。

デンリミには鶴の中央を作れという命令が。

倉央には鶴の左翼。

王翦は大混戦の中 陣を作っているのだと見抜く李牧。

(現場の中にあってそれは決して易いことではない…)

そして『赤大鶴の陣』を完成の一歩手前まで持っていく王翦。

驚愕する趙軍の将達。

王翦が最後尾に入れば赤大鶴の陣は完成する。

対する李牧軍はバラバラの配置。

勝ちを確信するデンリミと倉央。

しかし王翦は最後尾ではなく最前線に出ていく。

驚愕する一同。

王翦が何をしようとしているか分からないデンリミと倉央はすぐに動けるよう準備する。

そして李牧自身も最前線へ立つ。

向かい合う両総大将。

カイネ達もすぐに出られるように準備をする。

「初めましてですね、王翦」と挨拶する李牧。

それを遮り「よく出て来たな」と言う王翦。

緊迫する場の空気。

李牧は自分と話したいのかと思ってと返す。

少しの無言の後、王翦軍は兵糧が尽きているためこれ以上やっても討ち死にするか飢え死にするかのどちらしかないと言う李牧。

「降参しなさい。そうすれば兵達の命は保証します。列尾を越え、兵站を断ってまで王都圏に侵入した時点であなたの負けは決まっていたのですよ」

李牧の言葉に「笑わせるな」と返す王翦。

「間もなくギョウは落ちる」と宣言。

もしそうなれば趙は傾く。

しかし160年築き上げてきた歴史の重みにかけてそんなことにはならない。

ギョウは決して軽くないと言い返す李牧。

しかし歴史の重みで国が救われるものではない、上に立つ者共が馬鹿の集団ならそれだけで国は滅ぶと王翦。

そしてまさに今の趙王らがそれ。

王翦達が王都圏に入った時に王都カンタンの大軍が動けば勝負は決まっていた。

しかし王翦は趙王はそれをしないと読み動いた。

「今の趙国の唯一の重しとなっているのは李牧、お前だ。お前が消えさえすれば間違いなく趙は一瞬で亡ぶ」

ぐぬぬなカイネ達。

ドヤァなデンリミ。

さらに続ける王翦。

「虚しくならぬか、李牧。お前達が命がけで尽くしても上のせいでそれはどこにも実を結ばぬ」

何が言いたいのか訊く李牧。

「私と一緒に来い李牧。お前が私と組み力を貸すなら二人で全く新しい最強の国を作ることが出来る」

『両国の運命を賭した戦場で、歴総大将を取り込まんとする王翦。その着想は不適』

次号休載。