寄宿学校のジュリエット ネタバレ最新話112話 有能&可愛すぎる蓮季ちゃんにラグドール完落ち/犬塚&ペルシアVSターキッシュ開始

2019年7月10日発売号週間少年マガジン掲載の『寄宿学校のジュリエット』最新話第112話【露壬雄とジュリエットとターキッシュ】のネタバレ、感想、考察まとめです。週刊少年マガジンのネタバレ。
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

寄宿学校のジュリエット ネタバレあらすじ 最新話112話「露壬雄とジュリエットとターキッシュ」

犬塚にお母様と呼ばれ「お母様なんて呼ばれる筋合いはないわ!!」と言うラグドール。

ラグドールは犬塚にペルシアと一緒になる覚悟を問う。

「もしこの先 世界を変えられずに世間があなた達2人を許さず引き離され一生 肩身狭く暮らす事になっても…後悔しないと言いきれる?」

アホ面で「あ、ハイ」と軽く答える犬塚。

当たり前の事を聞かれたため呆気に取られてしまったらしい。

ここで蓮季が援護に入り犬塚の覚悟が呆れるほど固いことを保証する。

犬塚はジュリエットの不当な退学を取りやめてもらうためジュリエットと一緒にお父様と話したいと言う。

ラグドールは犬塚達をペルシアの下へ通す。

しかし本当にこれで良かったのかと悩むラグドール。

蓮季はラグドールの下へ戻りお礼を言う。

「二国の友好を願っているのは犬塚だけじゃないんです。蓮季だってそうです。もっとラグドールさんと仲良くなりたいから」

蓮季のできた娘っぷりとその可愛さに完全にハートを撃ち抜かれたラグドール。

「(蓮季ちゃん)カワイイからきっと正しい!!」と可愛いは正義理論を唱える。

ラグドールに蓮季を娘にしたいという衝動的感情が湧き上がる。

社交界に行く準備をしているターキッシュ。

そこへダリア学園の生徒達がやってきてラグドールが通したという話が飛び込んでくる。

(ラグドール何を考えてる…)と思いながらも冷静なターキッシュ。

犬塚達は3階のペルシアの部屋へ急ぐ。

しかし守衛の人が立ちはだかる。

時を同じくしてペルシアはバルコニーから木に飛び移り脱走をはかろうとしていた。

しかしもし失敗したら全身骨折の危険性もあるため躊躇してしまう。

守衛に蓮季のサービスシーンキックがヒット。

仲間達が守衛の足止めをしてくれている隙に犬塚は2階の窓から外に出て3階に到着していた。

ペルシアはカーテンを繋ぎ合わせて一階に降りようとしている。

騒ぎを聞いたペルシアは意を決して脱走。

しかしそこへナイスタイミングで犬塚登場。

感動の再会。

忍者のようにしてターキッシュの書斎へ向かう二人。

書斎にはターキッシュはいなかった。

書斎の机の上の写真を見て「天使…」とニヤニヤする犬塚。

その写真を見て「それ…」と衝撃を受けるペルシア。

そこへ戻って来るターキッシュ。

「お帰り願おうか。断るのなら力づくでも…」

「まだ挨拶が終わってないんで…帰れませんお父様!!」