七つの大罪ネタバレ最新話318話 VS魔神王戦!メリオダスの舐めプで世界がヤバイ!?

2019年7月10日発売号週間少年マガジン連載中の『七つの大罪』最新話第318話「混迷の戦況」のネタバレあらすじです。
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

七つの大罪 関連公式サイト

七つの大罪 マガメガ 七つの大罪 アニメ公式サイト

七つの大罪 公式ツイッターTL

七つの大罪 最新話第318話「混迷の戦況」 ネタバレあらすじ

メリオダスが魔神王に斬りかかり連撃を叩き込む。

魔神王は何発かはガードできているがメリオダスにぶっ飛ばされる。

フッ飛ばされた魔神王は獄門刀という巨大な黒い剣を生み出す。

それを遠くから何度も振り斬撃をメリオダスに向かって飛ばす。

メリオダスはフルカウンターで反撃。

エリザベスはエンチャントアークで援護。

メリオダスは『神千斬り・合技・神喰い』を放つ。

直撃し湖にドボンする魔神王。

魔神王はまだザ・ルーラーの魔力をうまく発動できていない。

「それとも器との相性が悪くて使えなくなったか?」

魔神王はオレたちに勝てる見込みはないとハッキリ言い切るメリオダス。

それが嫌なら器を捨てて煉獄に帰れと。

しかし魔神王はメリオダスから焦りを感じていた。

立ち上がってくる魔神王に再び攻撃を仕掛けるメリオダス。

その中でゼルドリスに(親父の言いなりになんかなる…!!!自分を取り戻せ!!!)と呼びかける。

メリオダスの時と同じで内側からも抗わなければ魔神王を追い出し倒すことはできないと考えているエリザベス。

ゼルドリスを助け出すためメリオダスの攻撃に隙が生じてくる。

それを感じる魔神王。

魔神王は蹴り飛ばされ倒れるが不適な笑みを浮かべる。

メリオダスは魔神王の力を使わず魔神の力すらも使っていない。

(愚か者め)

『不殺の覚悟が仇となる』

次号、許されざる膠着。