ダイヤのエース act2 ネタバレ最新話174話 市大三高打線爆発!?かと思いきや薬師高校の守備が…

2019年7月10日発売号週間少年マガジン掲載の『ダイヤのA act2』最新話第174話「薬師の弱点」のネタバレあらすじです。週間少年マガジンのネタバレ。
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

ダイヤのエース act2関連公式サイト

マガメガ

ダイヤのエース act2公式ツイッターTL

ダイヤのA act2 最新話第174話「薬師の弱点」 ネタバレあらすじ

扉絵は薬師の練習風景。

『真田だけじゃない。オレらの意地を見せてやる!』

一回裏、市大三高の攻撃。

市大三高の上位打線の打順。

1番レフト千丸。

2番サード森。

3番センター宮川。

4番ファースト星田。

5番ライト佐々木。

3年の千丸は元は投手として市大三高に入学した。

しかし高校最後の年は野手に専念。

春大で念願のベンチ入りを果たした。

背番号二桁の選手。

轟監督は3点勝負だと考え友部にも3失点までならいいと言っていた。

(一点もくれてやるつもりはない)

そう意気込んで投げ込む友部。

が、千丸にセンター方向へ運ばれてしまう。

外野手の頭上を越えツーベースヒットになる。

2番の森は千丸を送ると見せかけてヒッティング。

「増田─」と叫ぶ轟監督。

増田の好守備で進塁打で阻止される。

市大三高はクリーンナップへ。

薬師は弱点だった守備もかなり鍛え上げてきている。

3点勝負を考えていた轟監督だが天久の絶好調なピッチングを見てそうはいかなくなったと感じる。

友部に自分達がいるのだから思いっきりいけと言う薬師の選手達。

3番の宮川を追い込み浅いセンターフライに仕留める友部。

千丸はセンターを守る選手の肩は強くないと踏み犠牲フライによる得点を狙う。

しかし思わぬ好返球により千丸は動くことができなかった。

そして4番の星田に打席がまわってくる。

『攻める守備で主砲と勝負!』