源君物語 ネタバレ 最新話350話 香子さんのフェラーリ炸裂、光海果てる


2019年7月4日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『源君物語』最新話第350話「寝室」についてのネタバレ感想まとめです。
早売りバレ、画像バレの掲載はありませんがコミック派の方はネタバレ注意。

源君物語 最新話第350話「寝室」 ネタバレあらすじ

煽り 命じてみよと命じられる。

「さあ、私に舐めろと命じてみよ」と光海に迫る香子さん。

何言ってるんですか香子さん、動揺する光海。

(乗り越えなくてもいい壁ってのが世の中にあると思うんだ)

だんまりの光海。

香子さんは「寝室で待つ。覚悟できたら入ってこい」と言い残してドアを閉める。

光海は香子さんの考えを読む。

(今回の指導は舐めろと命じること、つまり)

何かに気付き立ち上がる光海。

そして香子さんの寝室へ。


ズボンのチャックを下ろす光海。

(香子さんはオレに度胸があるか試しているだけ)

ズボンとパンツを投げ捨てる光海。

「舐めてくださいっ」

光海の光海をまじまじと見つめる香子さん。

(ほ…ほらやっぱり度胸みてるだけだっ!!も…もうしまっていいかな?)

が、香子さんは髪を後ろに持っていき光海のを握る。

香子さんの舌が当たった刹那、光海果てる。

煽り Fin.

次号、まだまだ続く!?