ダイヤのエース act2 ネタバレ最新話173話 天才・天久光聖無双!薬師高校フルボッコ始まってしまうのか!?

2019年7月3日発売号週間少年マガジン掲載の『ダイヤのA act2』最新話第173話「待ってんだろ?」のネタバレあらすじです。週間少年マガジンのネタバレ。
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

ダイヤのエース act2関連公式サイト

マガメガ

ダイヤのエース act2公式ツイッターTL

ダイヤのA act2 最新話第173話「待ってんだろ?」 ネタバレあらすじ

扉絵は練習中 寝ている天久。

煽り 戦士の休息。


薬師高校VS市大三高。

天久に連打を浴びせ最高の立ち上がりをみせた薬師高校打線。

三番打者は真田。

市大三高は内野前進、外野長打警戒の態勢を取る。

天久はまだ沢村にラインした新球を焦って使うような場面ではないと思っている。

(これだろ?狙いは…待ってんだろ?)とストレートを投げる天久。

空振りする真田。

球速は149㎞。

二球目はカーブ。

これもストライクであっさりと真田を追い込む。

そして天久は伝家の宝刀である天ライダーを投げ込む。

真田は空振りし三球でバッターボックスからおりることに。

続いて四番の三島。

が、何もできずに瞬殺されてしまう。

完全に天久のギアが上がりきる前にせめて一点は取ろうと気合を入れる友部。

しかし真田、三島同様 何もさせてもらえずに空振り三振。

天久の球速は151㎞に到達。

『薬師のクリーンナップを三者連続三振。圧巻のピッチングでこのピンチを切り抜けました。エース 天久光聖』

調子づく市大三高メンバー。

「ゴッド!」と親指を立てる監督。

煽り 課題だった立ち上がりを克服。天才の成長に限界はない!