七つの大罪ネタバレ最新話317話 エスカノールのグロすぎるフルボッコシーン…マエル登場で太陽のエスカノール復活くるか!?

2019年7月3日発売号週間少年マガジン連載中の『七つの大罪』最新話第317話「傲慢なる決意」のネタバレあらすじです。
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

七つの大罪 関連公式サイト

七つの大罪 マガメガ 七つの大罪 アニメ公式サイト

七つの大罪 公式ツイッターTL

七つの大罪 最新話第317話「傲慢なる決意」 ネタバレあらすじ

幼体インデュラに向かっていくエスカノール。

「受けてみよ~!!聖剣エスカノ~ル!!」

しかし幼体インデュラの舌で瞬殺されるエスカノール。

ギルサンダーが雷帝の鉄槌で幼体インデュラを攻撃。

が、全くのノーダメージ。

ギルサンダーに舌を伸ばす幼体インデュラ。

その舌を受け止める瀕死のエスカノール。

「あなたの相手は…この僕です…!!」

舌で切り裂かれるエスカノール。

自分達よりボロボロなのになぜ立ち上がれるんだと疑問に思うグリアモール達。

そんなグリアモール達に「団長の本当の一撃を受けたことがありますか?」と言うエスカノール。

受けたのは昼間の傲慢の方の僕だけど死ぬほど痛いですよと言う。

団長の攻撃に比べればこんな痛み虫に刺された程度のものだと。

三人に這ってでも逃げてくださいと言い再び幼体インデュラに向かっていくエスカノール。

しかし何の反撃もできずに舌の連打を浴びせかけられフルボッコに。

エスカノールの右腕がマミる。

さらにボコボコにされるエスカノール。

(格好悪いなぁ…こんな情けない姿を見たら…きっとみんなに笑われてしまうだろうな…)

血塗れになるエスカノール。

仲間達の顔を思い出し(ちがう。誰も僕を笑わない)と考え直す。

誇りである仲間達への想いを独白しながら削られていくエスカノールの身体。

ついに両腕も欠損し血塗れ状態に。

(みんなと一緒に戦った証は心にある。だから心だけでも最期までみんなと共にありたい)

「僕は…七つの大罪…っ傲慢の罪エスカノール…だ…」

幼体インデュラは大きな口を開けてエスカノールを捕食しようとする。

が、次の瞬間、一瞬で消滅する幼体インデュラ。

何者かが人差し指でエスカノールの額に触れる。

すると一瞬でエスカノールの身体が元通りに回復。

ギルサンダー達の傷も全回復してしまう。

現れたのはマエルだった。

「この地上に迫り来る危機から人々を救うためなら喜んで尽力しましょう…しかし魔神王と戦うとなれば話は別─私には無理です」

マエルでも魔神王には全く歯が立たないらしい。

しかしエスカノールは魔神王と戦ってほしくて呼んだのではなかった。

「僕に太陽の魔力を返してもらえませんか!?」

しかしエスカノールの身体は太陽の恩寵の負荷ですでに限界を迎えている。

戦えたとしてもあと一度きり。

「その後あなたは確実に…死ぬ」

驚愕するギルサンダー達。

太陽が戻っても魔神王に対抗できるとは限らない。

命を無駄に捨てるだけだとマエル。

しかし「それでもかまいません」と満面の笑みで返すエスカノール。

「僕は命を捨てるんじゃない。大切な仲間のために賭けるんです…彼らが誰かのために命を賭けて戦うならば僕は彼らのために命を賭けて戦いたい!!」

エスカノールの覚悟を知りマエルも覚悟を決める。

「…まだ正午まで時間があります」

「…そうですね」

マエルはエスカノールの手を握り太陽の恩寵を譲渡。

エスカノールの貧弱な手がドンッと巨大化する。

煽り 戦列に灯る、絶対なる光。太陽は、また昇る!!

次号、混迷の戦況に続く。