ヒロアカ 233話 ネタバレ トガちゃんの身体測定/トゥワイスVS近属/花畑の異能は煽動/リデストロの異能はストレス/死柄木大ピンチ

2019年6月24日発売号週間少年ジャンプ掲載の『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話第233話「アカルイミライ」のネタバレあらすじです。

ヒロアカ ネタバレあらすじ 第233話「アカルイミライ」

サッドマンズパレード直後。

トゥワイスはトガちゃんの身体をメジャーで測ろうとしている。

トガちゃんは女子のため今までトゥワイスの測定を拒否していたらしい。

トゥワイスはトガちゃんの血液の種類について知らないためトガちゃんを個性で増やしてその分身体の血を輸血しようとしている。

しかし誰がトガちゃんの身体を測るかで揉める分身体トゥワイス。

トガちゃんが死にかけてんだぞ!とキレるトゥワイス。

が、「…皆でだ!」と付け加える。

煽り 哀れな性…。

個性でトガちゃんを増やすが分身体は今の死にそうなトガちゃんの状態。

トゥワイスの個性は対象の外見を測った時点での状態を再現する。

性格や記憶などの内面はトゥワイスが最後に見た時点にアップデートされていく。

自分自身はその限りではない。

グチャグチャになった顔は荼毘に整形外科を紹介してもらおうとしている。

そこへゴリラっぽい人形を複数従えた近属が接近してくる。

「失敗じゃない。失敗じゃない」と繰り返し錯乱状態。


トゥワイス分身と共闘しているスピナー。

花畑を狙うようトゥワイス分身に指示を出す。

「バフ掛けのお偉いさんが前線立つなよな!ロールも知らなねー奴ァ即ブロックされちまうぜ」と死柄木同様ゲーム脳なスピナー。

スピナーの名前は伊口秀一。

花畑はセブンスラウドという仮面アイテムを取り出す。

それを顔面に装着。

花畑の開放コードはトランペット。

異能は煽動。

花畑の声に宿る特殊な電磁波は花畑に心を許す者を高揚させ肉体と精神をブーストさせる。

空気の振動が大きければ大きい程その効果は上がる。

セブンスラウドは拡声器の役割。

解放戦士達を鼓舞する花畑。

スピナーの異能はヤモリ。

出来る事は壁に張りつくくらいだと舐めている花畑。

スピナーは虐められて引きこもりになった。

「残念ながら私には君が何かを為せる人間には見えません」

ここで死柄木がタワーを崩壊させる。

スピナーが張りついていた壁に穴が空きそこからハゲ登場。

ハゲはスピナーに抱きつき体中からトゲを出し攻撃。

トゲに貫かれ悲鳴をあげるスピナー。

解放戦士達をタワーに向かわせる花畑。

ハゲを殴り飛ばすスピナー。

スピナー自身も花畑に言われた言葉はその通りだと自覚している。

ゴミだらけの部屋のテレビでステインを観ている。

スピナーはトガちゃんみたいに好きなものもやりたい事もない。

しかしステインを観て心が燃え死柄木を見て死柄木の見据える未来を見てみたいと思った。

「人に乗っかってなきゃ何にも出来ねェ小市民、それが俺だよ、悪いかよ!?あ!?悪くねェよな!?だって解放軍も同じだろ!?なァ政治家さんよォ!」


起き上がるギラン。

リデストロと対峙する死柄木。

「今どんな気持ち?」とリデストロを煽る死柄木。

しかし強気な発言は逆で体はフラフラ。

地面を触り崩壊させる。

さらに自分の靴も崩壊させ素足で地面に触れる。

死柄木の煽りに「怒ってるよ」と返し強烈な拳を叩き落としてくるリデストロ。

リデストロは怒りを溜め込む性質。

それで顔面が黒くなるらしい。

死柄木の左手の親指、人差し指、中指が消し飛ぶ。

さらに死柄木の左手を巨大な手で摘み潰そうとしてくる。

リデストロの異能はストレス。

ストレスを溜めそれをパワーに帰ることができる。

ストレスを溜め込む程に強靭、巨躯になる。


泥花市、外縁部。

通行止めにされていて怒るクロネコヤマト的な配送業者。

通行止めをしているのはスライディンゴー。

ここで巨大地震のような振動が起こる。

煽り 激闘の最中…街に異変が!?

次号休載。

僕のヒーローアカデミアについての関連記事