チェンソーマン ネタバレ 最新話27話 えげつねぇ…マキマさんの悪魔チート過ぎる、能力の謎は深まるばかり

2019年6月24日発売号週間少年ジャンプ掲載の『チェンソーマン』最新話第27話「京都より」のネタバレあらすじです。

チェンソーマン ネタバレあらすじ 最新話第27話「京都より」

今すぐ東京に応援に行くか黒瀬に訊かれるマキマさん。

しかし今から行っても間に合わない。

敵の狙いはデンジだと気づいているマキマさん。

「ここで対応しよう」

煽り 超遠距離で打つ手は…!?

マキマさんは黒瀬に終身刑以上の受刑者を30人ほど集めるように指示。

天童には近くにあるできるだけ標高の高い神社を一つ貸し切ってと指示。

あと変えの衣装も。


デンジをバンに乗せようとしているヤクザ達。

デンジは身体は上半身だけだが一人では運べないほどに重たい。

ヤクザ孫はしばらく戦えないらしい。

デンジを運ぶのを手伝おうとしたモブが何か違和感を感じる。

次の瞬間、いきなりパシと圧殺されサラサラミンチにされるモブ。

辺りに血肉が爆散。

沢渡がマキマの仕業だと気付く。

かなりビビりながらトランシーバーでマキマ死亡の確認をとらせようとする沢渡。

が、その連絡を受けたモブも一瞬で圧殺され爆散。

「…あの女」


神社で構えるマキマさん。

その後ろには白装束を着せられた受刑者達。

マキマさんの契約している悪魔は最高機密。

そのためマキマさん以外には目隠しがされている。

マキマさんは内閣官房長官直属のデビルハンター。

マキマさんは受刑者にデンジ達を襲撃してきた敵の名前を伝える。

そして受刑者にその名前を言わせる。

その後、マキマさんは両の掌を叩きすりつぶす動作をする。

受刑者が口にした名前のモブがマキマさんの手の動作に連動してすりつぶすされる。

呆然とするヤクザ孫と沢渡。

モブの名前を言った受刑者も死亡。

マキマさんは他の受刑者も使い襲撃犯と受刑者を次々に殺害。

残るはヤクザ孫と沢渡だけになった。

受刑者を30人集めることはできなかったためヤクザ孫と沢渡は命拾い。

マキマさんはデンジ救出のため東京にとんぼ返りする。

煽り 血肉弾け飛ばし救うは部下…!!