鬼滅の刃(きめつのやいば) ネタバレ 最新話163話 童磨死亡/善逸捨て子だった…/カナヲ失明/しのぶ、カナエさん無事成仏

2019年6月24日発売号週間少年ジャンプ掲載の『鬼滅の刃(きめつのやいば)』最新話第163話「心あふれる」のネタバレあらすじです。

鬼滅の刃 ネタバレあらすじ 最新話第163話「心あふれる」

扉絵はカナエさん、しのぶさん、カナヲ。

カナヲの右眼の瞳の色が薄くなっている。

煽り 紡がれた心。

伊之助と琴葉。

煽り 解かれた記憶。


煽り 瀕死の童磨に過ぎるのは─。

童磨の頸を斬ることに成功したカナヲ、伊之助、しのぶさん。

「えー頸切られちゃったー。これで消滅するなんて可哀想すぎる」とどこか他人事な童磨。

カナヲのことをあんな雑魚、しのぶさんのことを剣士でも無い毒使い、伊之助のことを基礎もできてない奴と言う童磨。

俺は世の中に貢献してきた、あきらめちゃいけない。

無惨様や猗窩座殿のように死なないかもしれない淡い期待を持つ。

が、普通に崩壊していく童磨の肉体。

「うわ体崩れはじめた。やっぱり駄目だ死ぬんだ俺」

死が近づいてきても何も感じない童磨。

死ぬことも怖くないし負けたことも悔しくない。

童磨は子供の頃からずっとこうだった。

父親は信者の女性に手を出しまくる色狂いの糞野郎。

その父親を母親が刃物でめった刺しにして殺害。

母親もその後 服毒自殺。

童磨は両親を失っても部屋を汚さないで欲しい、換気しなきゃ程度のことしか思い浮かばなかった。

この時はまだ人間の子供だっため血が臭いと感じていた。

悲しい、寂しいという感情を一瞬も感じなかった。

「百年以上生きたけど感情と言うものは俺にとってよそ事の夢幻だったなぁ」

童磨が無惨に鬼にされたのは二十歳の時。


童磨死亡。

死後の世界で童磨を待ち伏せていたしのぶさん。

しのぶさんが童磨の生首を持ちながら話す。

「あ、やっと死にました?良かったこれで私も安心して成仏できます」

といきなり煽りを入れるしのぶさん。

童磨は「しのぶちゃんだったかな?カナエちゃん?」と訊く。

しかし「ああいいですよ覚えなくて。私のことも姉のことも。気色悪いんで名前呼ばないでください」としのぶさん。

童磨でも気付かなかった毒は珠世様が調合したもの。

童磨も珠世様のことを知っている。

しのぶさんは自分の毒で童磨を葬り去りたかったが満足な様子。

無惨については「まだ鬼の始祖も残っていますがきっと大丈夫。仲間の誰かが必ずやり遂げてくれる。私はそう確信している」とコメント。

しのぶさんと会話する内に感情が芽生え いきなり恋をしてしまう童磨。

「今はもう無い心臓が脈打つような気さえする。これが恋というやつかなぁ。可愛いねしのぶちゃん」と赤面しながら言う気持ち悪い童磨。

ポカンとするしのぶさん。

感情があることを知った童磨は天国や地獄もあるかもと熱い手のひら返し。

「ねぇしのぶちゃん。ねぇ、俺と一緒に地獄に行かない?」と再び気持ち悪い発言。

「とっととくたばれ糞野朗」と笑顔で言うしのぶさん。


童磨撃破に大興奮の伊之助。

童磨の僅かに残った肉片を何度も踏み足でぐりぐりする。

興奮し過ぎて息切れを起こし気絶しそうになっている。

伊之助の回想。

伊之助が炭治郎達に母親はいないと言っていた時のシーン。

俺は捨て子、母親はいらなかったんだと言う伊之助。

同じ捨て子である善逸は本当に捨て子ならおくるみに名前なんかいれねぇよと言う。

記憶がないならいないのと一緒だと言う伊之助。

そんな風に言わないであげてと言う炭治郎。

「きっと伊之助のことが大好きだったと思うよ」

回想終了。

伊之助は母親のことを思い出しながら「かあちゃん…」と涙を流す。


カナヲはしのぶさんの髪飾りを探している。

しかしカナヲは終ノ型発動による反動で右目の視力がほぼゼロになってしまっている。

それで扉絵のカナヲの瞳の色が薄かった。

短時間の使用だったため右目だけで済んだ。

カナエ姉さんの髪飾りも壊れてしまった、ごめんなさいと謝るカナヲ。

「私あの時泣けなくてごめんなさい。カナエ姉さんが死んだ時みんな泣いていたのに」

カナエさんの墓前で泣いているしのぶさん達。

カナヲの目からは涙は出ずに全身から汗が出ていた。

しかし誰もカナヲのことを責めなかった。

カナヲを抱き寄せるしのぶさん。

カナヲは幼少期の時 両親に泣いただけで蹴飛ばされ踏まれるという虐待を受けていた。

轢き回され水に漬けられる拷問まで受けていた。

そのため自分の身を守るため急所を殴られないように親の動きをよく見ていた。

そうしなければ兄弟のように次の朝には冷たくなってしまうから。

「ずっとそうしてきたから泣かないようにしてきたから急になけなかったのごめんなさい。でも私今度はちゃんとできたよね?がんばったよね?」

姉さん達に言われたように仲間を大切にしていたら助けてくれた。

一人では無理だったが仲間が来てくれて童磨を倒すことができた。

炭治郎、善逸、伊之助、禰豆子、玄弥と一緒にいるカナヲのイメージ。

池の中からしのぶさんの髪飾りを回収するカナヲ。

胡蝶姉妹の髪飾りを胸に抱き寄せる。

そのカナヲの頭に優しく手を当てる胡蝶姉妹の霊。

「がんばったね、カナヲ」

それを感じてハッとするカナヲ。

鮮やかな着物を着た胡蝶姉妹が幼少の姿で満開に咲き誇る桜の中 両親に抱きつく。

桜に負けないくらいの満面の笑みな胡蝶家族。

カナヲ大号泣。

煽り 溢れた感情とめどなく─。

鬼滅の刃についての関連記事