呪術廻戦(じゅじゅつかいせん) ネタバレ 最新話63話 野薔薇のヒロイン力爆上げ/呪術師は高所得/虎杖達が一級に昇格!?

2019年6月17日発売号週間少年ジャンプ掲載の『呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)』最新話第63話「共犯」のネタバレあらすじです。

呪術廻戦 ネタバレあらすじ 最新話第63話「共犯」

センターカラーは私服の野薔薇と真希。

手にはハンマーとナイフ。

煽り 呪いにオフなし、常時臨戦!


煽り 九相図兄弟撃破。そして─。

野薔薇が初めて呪霊を殺したことを心配する虎杖。

「釘崎大丈夫か?」

野薔薇は怪我の具合と毒の具合について話す。

車に乗ってたオッサン達はそのまま行ってしまった。

モジモジしている虎杖に「キモいわよ」と言う野薔薇。

虎杖は呪霊を始めて殺して大丈夫なのかと訊く。

アンタは?と逆に訊かれる虎杖。

「俺は前に一度。いやアレを一度って言うのはズルか。3人だ」

自分より虎杖の方が大丈夫じゃなさそうと言う野薔薇。

野薔薇は術師をやってればこういうこともあると割り切っている。

助けられる人間なんて限りがあるという伏黒と同じ考え方の野薔薇。

「呪詛師だとしてあのレベルのを長期間拘束する術はない。分かってんでしょ」

「…でもアイツ…泣いたんだよ。目の前で弟が死んで」

それを聞いて「…そっか」と感慨深そうにする野薔薇。

虎杖は野薔薇が助かって、生きていて嬉しい、ホッとしていると言う。

「それでも俺が殺した命の中に涙はあったんだなって…それだけ」

「…そっか、じゃあ共犯ね、私達」

兄弟呪霊の死体。


伏黒のところへ向かう二人。

倒れている伏黒を見てゴクリ…とする虎杖達。

しかしムクッと起き上がる伏黒。

指をどうするかについて話す。

「俺食べようか?」と言うデフォルメ虎杖。

背景には白米と味噌汁。

「残飯じゃねーんだよ」と野薔薇。

虎杖の指の許容量はハッキリ分かっていないが一番元気な虎杖にとりあえず指を渡す伏黒。

しかし虎杖の手から口が出現し指を食べてしまう。

「もしかして五条先生って適当?」

そこへ新田さんが怒鳴り込んで来る。

野薔薇は新田さんに向かって両手を合わせ謝罪。

「じゃ、帰るか」


2日後。

歌姫に飲み会の幹事の件についてを装い電話をかけ内通者のことについて訊く五条。

コーヒーに角砂糖を大量に放り込んでいる。

歌姫の私服は股下長めのオーバーオールでかなりカジュアル。

歌姫は学生にも声かけしてみると言う。

(歌姫の周りは何が聞いてるか分からないからな。内通者が学生ってのは考えたくないね。めんどくせ)

スマホか冥の口座に1000万円を振り込む五条。

「後は頼むよ、冥さん」


ATMの前で通帳を見て「フフッ、アッハッハ」と一人で高笑いする冥。


虎杖に共振の話はするなと野薔薇に言う伏黒。

気付く可能性があるとすれば伏黒達か新田さんくらい。

「そもそも指を飲み込んだのは俺を助けるためだ。でもアイツはそれで納得しねぇだろ。だから言うな」

「…言わねぇよ。レディの気遣いナメんな」


虎杖は宿儺に俺を取り込んだオマエがいるか人が死ぬんだよと言われる。

「大勢のケヒッヒヒッ、人間を助けるか。小僧!!オマエがいるから!!人が死ぬんだよ!!」

宿儺の言葉に少しキレている様子の虎杖。

「おい、それ伏黒に言うなよ」

(自分が助けた人間が将来人を殺したらどうする)

「言うなよ」


学長にあることを話す東堂と冥。

「特級は術師の格付けの中でななめにハズレた位置づけじゃ。1級こそ他の術師 延いては呪術界をけん引していく存在だと儂は考えておる。危険・機密・俸給 準1級以下とは比べものにならん。それを踏まえて今なんと」

虎杖、伏黒、野薔薇、パンダ、真希を一級術師に推薦する二人。

東堂は学長の前でも虎杖をマイブラザーと呼んでいる。

『戦いを経て一つ成長を遂げた虎杖達。だが次の高みへ。そのための挑戦を』

次号、1級推薦をかけて任務が!?さらに虎杖の前にある女性が…!!

呪術廻戦についての関連記事