鬼滅の刃(きめつのやいば) ネタバレ 最新話162話 しのぶさん捨て身の毒炸裂、失明覚悟カナヲ&伊之助タッグで童磨撃破やったか!?

2019年6月17日発売号週間少年ジャンプ掲載の『鬼滅の刃(きめつのやいば)』最新話第162話「三人の白星」のネタバレあらすじです。

鬼滅の刃 ネタバレあらすじ 最新話第162話「三人の白星」

ジャンプ表紙に炭治郎、カナヲ、童磨。

煽り 鬼狩りよ。その力、結集せよ!


センターカラーは刀を振るカナヲと伊之助。

背景にしのぶさんと童磨。

煽り 想いを繋げ!!振るえ!!


カナヲの回想。

カラーページでしのぶさんから上弦の弐の倒し方を教えられるカナヲ。

「もし姉を殺した上弦の弐と巡り合い私とカナヲの二人で戦うことができたならまず第一の条件として私は鬼に喰われて死ななければなりません」

煽り 告げられる事実─。

一緒に戦えばきっと勝てるのにどうしてと動揺するカナヲ。

そんな甘い考えは今すぐに捨てるよう言うしのぶさん。

しのぶさんの強い言葉にビクッとするカナヲ。

上弦の強さは最低でも柱三人分に匹敵する。

「姉からの情報によればその上弦の弐、女を喰うことに異様な執着があり意地汚いらしい。身体能力が高く、優秀な肉体を持つ柱。加えて女であればまず間違いなく喰うでしょう」

しのぶさんの言葉に嫌だと思い冷や汗ダラダラなカナヲ。

しのぶさんは上弦の弐を倒すために藤の花の毒を一年以上にわたって摂取し続けていた。

そのためしのぶさんの身体全体に毒が回っていて致死量の70倍の毒を保有している。

しのぶさんの体重37㎏分。

カナヲも毒を摂取すると言い出すが止められる。

この方法の最初の被験者はしのぶさん。

今後どのような副作用が出るか分からない。

更に上弦や無惨に通用するかも分からない。

しのぶさんの日輪刀で一度に打ち込める毒の量は最高で50ミリ。


現在。

童磨の右腕も崩壊、地面に這いつくばる。

毒は骨から溶かしていっている。

童磨自身に毒が効いている感覚すらなかったらしい。

氷分身も砕け散る。

伊之助と同調し童磨の頸を狙うカナヲ。


カナヲの回想。

上弦の鬼を命がけの毒でも滅殺できる保障はどこにもない。

お館様も無理だと判断している。

そのためしのぶさんの仇討ちが成功する確率をあげるためお館様は鬼(珠世様)との共同研究をするよう助言した。

上弦の弐にしのぶさんが喰われ毒が効き始めたとしても油断はできない。

確実に頸を切断する必要がある。

「必ず私が鬼を弱らせるからカナヲが頸を斬ってとどめを刺してね」

悲しそうな笑みを浮かべてそう言うしのぶさん。


現在。

しのぶさんの命をかけた作戦を無駄にさせまいと童磨に突撃するカナヲ。

(わかってる。大丈夫安心して。絶対斬るよ。私が絶対やり遂げる。絶対にしのぶ姉さんの命を無駄にはしない!)

伊之助も斬りかかっていく。

氷分身が消滅した童磨は血鬼術で巨大な氷の菩薩像を創造する。

『血鬼術 霧氷・睡蓮菩薩』

菩薩の巨大な腕が振り下ろされる。

何とか跳んで避けたカナヲと伊之助。

冷気が広範囲に充満し童磨に近づけなくなる。

この間に童磨は回復してしまうと焦るカナヲ。

カナヲは視力特化の能力を活かし術の粗さを見破る。

(苦し紛れの技なんだ。最後の攻防だ。私もアレを使う時だ)


カナヲの回想。

カナヲ必殺の技についての話。

しのぶさんはカナヲのあの技を使うと失明するかもしれないと言う。

眼球というものはとても繊細。

神経も血管もかなり細く過剰に出力して負荷をかけるのは危険極まりない。


現在

「どうしてそんなことを言うの?」とカナヲ。

自分は命をかけているのに自分の視力の心配をするしのぶさんを優しい人、尊い人だと言うカナヲ。

カナヲはしのぶさんを命を懸けて守りアオイたちが待つ蝶屋敷へ一緒に帰りたかったと独白。

そしてカナヲは花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼発動。

カナヲの眼が鬼のようになる。

白目部分が赤に、瞳が紫色に変化。

『動体視力を極限まで上げると周囲の動きは鈍く遅く見える。眼球への圧力で出血し強膜は赤く染まる』

いつの間にか伊之助が菩薩に鷲掴みにされている。

とんでもないスピードで菩薩の攻撃を避け、菩薩の腕を斬りつけるカナヲ。

カナヲが童磨の頸を斬る一歩手前で氷漬けにされそうになる。

伊之助が新たな獣の呼吸を思いつき実践。

日輪刀を「投げ裂きィィィ!!」と投げる伊之助。

カナヲの日輪刀が落ち込まれ童磨の頸を斬り飛ばす。

煽り 振り下ろされる繋いだ一閃!!

鬼滅の刃についての関連記事